人気ブログランキング |
豪雨方面の方々にお見舞い
三重県に珍しく豪雨の被害に見舞われています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
三重県といっても榊原温泉は中部に位置しています。
鈴鹿市から北部には避難指示が出たり、レベル4の警戒が出ています。
また南部もたいへんで、早く治まって爽やかな秋風が吹いてほしいところです。
ホタルが飛び交う6月ごろから咲くのでホタル草とも言いますがツユクサですね。
夏の暑い間咲き続けるツユクサもそろそろ終わりで、そろそろバトンタッチのころとなりました。
野の草花も衣替えのころになる季節です。

b0145296_12562732.jpg
b0145296_12563042.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-07 06:00 | 吾作
渡って橋の湯香里橋
湯香里橋は昔、景観を楽しむための太鼓橋が架かっていたのですが、人も自動車も通れる湯香里橋になりました。
そして朱塗りの景観を考慮したきれいな橋になりました。
そして渡る人があって、よりきれいな橋になります。
忙しい女将さんに無理を言って渡ってもらったのがこの写真です。
やっぱり橋は渡るものですね。

b0145296_18090450.jpg
b0145296_18090916.jpg
b0145296_18091242.jpg
b0145296_21084870.jpg

b0145296_21050079.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-06 06:00 | 吾作
紅つけた湯香里橋
榊原温泉は昭和11年(1936)の温泉復興祭で観光としての基盤が出来たのです。
温泉復興功労者の田中善助翁は貝石山のふもとを観光スポットにして、榊原温泉に来られたお客様に思い出の環境作りをされました。
大浴場には京都の金閣寺を、家族風呂に三十三間堂を真似て、そこに太鼓橋を架けました。(白黒3枚の写真)
湯の瀬川に架かる太鼓橋は対岸の貝石山のふもとに道路があるわけでもなく、ふさわしい景観作りだったのです。
その後、対岸にも道路が出来て自動車が通れるように橋も斜めに、また水平の橋に架け替えられました。
そして湯香里橋(ゆかりはし)という立派な名も付きました。
このたび榊原の地域振興を考える会(奥山智喜会長)の提案で、湯香里橋の欄干が赤く塗られて、おしゃれな橋となりました。
これから秋も深まると赤い湯香里橋から紅葉が眺められます。
湯香里橋を入れての写真、どうぞ楽しんでください。

b0145296_11352812.jpg
b0145296_11353201.jpg
b0145296_11353676.jpg
b0145296_11353902.jpg
b0145296_11354389.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-05 06:00 | 吾作
昨日はまた暑かった
モズの高鳴き75日、モズの高鳴きを初めて聞いてから75日目に霜が降りだすとして農作業の目安にしたそうです。
またサルスベリを百日紅といって、花が咲きだして100日咲き続けるといいます。
その差25日、そういえばサルスベリが咲き出してひと月近く後にモズの高鳴きが聞こえだしたので、霜が降りるころまでサルスベリは咲き続けるのでしょう。
こんなとき「きれいな花ありがとう」というのか、また「ごくろうさま」というのか迷う吾作です。
まだまだ霜は遠いようですね。

b0145296_19000377.jpg
b0145296_19000702.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-04 06:00 | 吾作
9月の歳時記一挙に
今年の2学期は2日から、昨日の朝は通学の小学生が学校に向かいます。
道ばたには早咲きの彼岸花が、また古代米の出穂が見られます。
アメリカなどの学校は9月から始まるそうですが、日本の季節も9月は一気に変わるようですね。
榊原の里にも秋は急ぎ足のようにやって来ます。
三交バス停「榊原口」は榊原温泉の入口で、里山に囲まれ榊原の四季が感じられる場所です。

b0145296_08474486.jpg
b0145296_08474781.jpg
b0145296_08475030.jpg
b0145296_08475340.jpg
b0145296_08475640.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-03 06:00 | 吾作
のどかな榊原温泉
秋らしくなってきた榊原温泉は農家のみなさんの稲刈りが始まっています。
たまに走る路線バス。
田んぼへ急ぐ赤い車にはバスも道を空けます。
赤い車も一旦停止を守り軽自動車の通過を待ちます。
青いコンバイン(稲の収穫機)もバス道を走ります。
のどかな榊原温泉の里の、ちょっとせわしない風景でした。

b0145296_07493714.jpg
b0145296_07494412.jpg
b0145296_07494837.jpg
b0145296_07495120.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-02 06:00 | 吾作
もう一つは榊原の手作りイベント
これから始まる秋の収穫、そして秋野菜の栽培、味覚の秋は始まっています。
榊原温泉秋の収穫祭は13回を数え、マラソンの1週間後11月24日(日)に開催されます。
その前にかかし。
榊原温泉秋の収穫祭「かかしコンテスト」の募集が始まりました。
今年のテーマは「三重とこわか国体・三重とこわか大会」です。
この黄色いお知らせは榊原全戸に配られました。
ぜひご参加ください。

b0145296_15424250.jpg
b0145296_15424536.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-01 07:25 | 吾作
始まる秋のイベント
始まって22回にもなる恒例の榊原での大きなイベントが秋の収穫祭の1週間前に、榊原温泉周辺を走るマラソンがあります。
紅葉の里山をながめ、かかしコンテストの作品の前を走ります。
詳しいお問い合わせは、久居総合支所地域振興課の「ひさい榊原温泉マラソン大会実行委員会事務局」電話059-255-8803 です。
参加申込みは今日から9月いっぱいまでですよ。
https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/80473

b0145296_07275477.jpg
b0145296_14375449.jpg


# by sakakibara-onsen | 2019-09-01 07:15 | 吾作
9月1日 秋が来た
太平洋戦争がおわってしばらくするとラジオの放送も娯楽番組が増えて、今も人気の「NHKのど自慢」が始まりました。
そして外国の音楽も放送されるようになり、毎年9月1日になると秋の音楽が始まりました。
「枯葉」や「ニューヨークの秋」など、秋を感じる日でした。
ラジオといえば、初めて民放ラジオが放送されたのが1951年9月1日です。だから民放ラジオ放送開始記念日。
初めての民間放送はど・こ・だ。それは名古屋のCBCですよ。
また今日は二百十日(にひゃくとおか)で雑節のひとつです。立春から数えて210日目が9月1日ころとなり、処暑と二百二十日と共に農家の三大厄日の一つとされていました。
関東大震災が発生したのが1923年9月1日。
「防災の日」となったのは、伊勢湾台風が襲来した翌年の1960年でした。
今年は伊勢湾台風から60年、災害に備えましょう。
(写真はハナミズキ・ヤマボウシ・サクラ・カキの順です)

b0145296_09494594.jpg
b0145296_17085570.jpg
b0145296_09495107.jpg
b0145296_17085010.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-09-01 06:00 | 吾作
カラムシの残暑対策
暑さを喜ぶように、炎天下を元気に過ごしてきたカラムシさん。
常連の虫さんにお願いしたのかな?風通しをよくして残暑を乗り切ろうとアイデアを出したようです。
でもこのところの雨で気温も下がり、シャワーを浴びてました。
気温30度を切って8月が終わります。

b0145296_09120827.jpg
b0145296_09121231.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-31 06:00 | 吾作