人気ブログランキング |
ぱっくり爆ぜたザクロの実
大きく口を開け、中の実がこぼれそうに開いています。
ザクロに実をよく見るとイクラみたい。
イクラは鮭のタマゴ、全く違うけどよく似てます。
どちらも今が旬。

b0145296_08495568.jpg
b0145296_08495859.jpg
b0145296_08500228.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-11 06:00 | 吾作
かかしの展示<その3>
この5組のかかしで全て、これから関係者で審査され収穫祭で表彰されるんです。
今月24日(日)朝は時から榊原温泉「秋の収穫祭」は始まります。
遅れないようお出かけください。

b0145296_15100959.jpg
b0145296_15101298.jpg
b0145296_15101522.jpg
b0145296_15101793.jpg
b0145296_15101732.jpg
b0145296_15102238.jpg
b0145296_15102460.jpg
b0145296_15102737.jpg
b0145296_15102950.jpg
b0145296_15103156.jpg
b0145296_15103462.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-10 06:00 | 吾作
かかしの展示<その2>
きょうもかかしの紹介、2回目です。
ぜひ見に来てくださいね。

b0145296_14592938.jpg
b0145296_14592960.jpg
b0145296_14593495.jpg
b0145296_14593739.jpg
b0145296_14593968.jpg
b0145296_14594206.jpg
b0145296_14594455.jpg
b0145296_14594794.jpg
b0145296_14594712.jpg
b0145296_14595168.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-09 06:00 | 吾作
かかしの展示<その1>
きょうから展示されたかかしを3回に分けて、15組19体のかかしを紹介しましょう。
順序はばらばらです、ご勘弁を。

b0145296_14465973.jpg
b0145296_14470036.jpg
b0145296_14470462.jpg
b0145296_14470697.jpg
b0145296_14470703.jpg
b0145296_14471179.jpg
b0145296_14471311.jpg
b0145296_14471622.jpg
b0145296_14471866.jpg
b0145296_14471914.jpg
b0145296_14472232.jpg
b0145296_14472614.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-08 06:00 | 吾作
かかしから始まる収穫祭
榊原温泉秋の収穫祭の一環として「かかしコンテスト」が催され、その作品が出そろい湯の瀬前の県道に並んでいます。
「ようこそ榊原温泉へ」の歓迎モニュメント前後に、手作りかかし19体が並び、いずれも「三重とこわか国体、三重とこわか大会」をテーマにした楽しい作品です。
自然の森「湯の瀬」のあるホラヤマも少し紅葉が見られ、24日の収穫祭には秋の舞台装置も出来上がるでしょう。

b0145296_10455933.jpg
b0145296_10460295.jpg
b0145296_10460412.jpg
b0145296_10460614.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-07 06:00 | 吾作
朝日を受けた冬野菜
榊原の野菜作りはほとんど自給自足、わが家で新鮮な野菜が食べられるから少しずつ作っています。
それぞれの季節に合った小さな畑で、シカやイノシシに食べられないように作っています。
ダイコンやハクサイ、ネギなどが晩秋の太陽を受けながら育っています。
今月24日(日)の榊原温泉秋の収穫祭での販売用は、大きな畑で準備されています。
朝8時30分から、榊原自然の森「湯の瀬」広場ですよ。
昨日からは案山子の展示も始まりました。

b0145296_08040743.jpg
b0145296_08040962.jpg
b0145296_17483728.jpgb0145296_17484074.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-06 06:00 | 吾作
初冬に咲くツワブキ
10月の終わりごろから咲き出したツワブキ(石蕗)の花。
葉は蕗(ふき)に似ていて「つや」のある葉からその名が付いたと言われるけど、フキの仲間ではないんですって。
蕗(フキ)の名がつくのは葉の形が似ているところからだそうで、菊の仲間です。
俳句では「石蕗(つわ)の花」が冬の季語、冬が近づきましたね。

b0145296_08121521.jpg
b0145296_08122135.jpg
b0145296_08122402.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-05 06:00 | 吾作
色づくトンボとイチョウ
朝晩ぐんと冷えるこのごろ、トンボは赤くイチョウは黄色くなってきました。
11月4日は晴れの特異日だそうです。
秋はやっぱり晴れがいい。
トンボはすっかり赤く、これ以上赤くなれないほど色づいています。
善福寺のイチョウはまだこれから、もっと黄色くなって散らすのです。
フランク永井の歌にありました「公園の手品師」、主役はイチョウですね。
秋も深まりました。

b0145296_10143142.jpg
b0145296_10143531.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-04 06:00 | 吾作
柿食えば
真宗高田派の圓浄寺境内に生るカキが、お堂をバックに日本の秋を作っています。
しっかり熟れて食べごろです。熟まし柿の富士柿かな?
そろそろ人も鳥も狙うころです。
近くの木のてっぺんでモズが歌っています。
柿食えば〜鐘が鳴るなり圓浄寺 な〜んて。
今日は文化の日。

b0145296_12574170.jpg
b0145296_12574705.jpg
b0145296_13044397.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-03 06:00 | 吾作
きれいに咲いた秋の睡蓮
スイレン(睡蓮)は水生植物で夏の花として知られます。
それが今、咲いていました。
夏だと思っていたけど、種類や品種によって開花時期が異なるそうで、5~10月までの長い間花を楽しめるようです。
たしか、この睡蓮は9月に咲き終えたように思っていたけど、また咲いた。
今年の秋の変な気候のせいでしょうか。

b0145296_12533657.jpg
b0145296_12534010.jpg
b0145296_12534292.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-11-02 06:00 | 吾作