ツチガエル
田植えが終わると蛙の求愛ラブコールが始まります。
人の迷惑も考えず(?)毎晩、蛙は鳴き続けます。
榊原ではいちばん多いのがツチガエルです。
それにトノサマガエルが同居しています。
住むところが少し違いますがウシガエルもいます。
でも洒落っ気はないけど声のいいのはツチガエルです。
夜になると水田で一斉に鳴きます。
ずいぶん昔にわざわざ田の畦でじっと聞いたことがありますが
確かにラブコールです。
「げろげろ」「ケロケロ」「げろげろ」「ケロケロ」
これの繰り返しですが。
あの大編成の合唱の中で相手を探し
げろ男くんとケロ子ちゃんのカップルができます。
そして
「げろげろ」「ケロケロ」が少しずつ近づいていくのです。
おそらく「げろげろ」のげろ男くんには
ケロ子ちゃんの「ケロケロ」の声しか聞こえず
「ケロケロ」のケロ子ちゃんにも
げろ男くん「げろげろ」の声しか聞こえないのです。
げろ男とケロ子は声を頼りに近づき
ついに合体です。
昼間は何知らぬ顔で、日向ぼっこですか?

b0145296_7433568.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-15 07:44 | 吾作
世代交代
野山の木々や草はすっかり塗り替えられたように春色になりました。
でも、その中でも先代に気遣ってか
やっと緑の葉が枯れススキの中に顔を出した若ススキ。
こんなになるまで刈ってくれない人間が悪いんだ
枯れススキはこんなことを言ってますよ。
北風と冬の寒さを耐えきった枯れススキさん
これでお役目も終わったね。

b0145296_723577.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-14 07:24 | 吾作
茶臼山
明治の初期、軍事参謀本部が陸地測量のため
比較的高い山の頂上に三角点を置きました。
三角測量で地図を作るのに必要でした。
後に国土地理院が引き継いでいます。
榊原の人でもほとんど知られていない山
茶臼山のてっぺんに三角点があるのです。
バスの走る県道からは、その山は見えず
県道から1キロほど離れた脇道から見ると
ほれ、立派にそびえているでしょう。
この烏帽子のような高い山が茶臼山で
近くからでは手前の山に隠れてしまいます。
はにかみやの茶臼山
みんなに紹介してもよかったかな・・・

b0145296_1343468.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-13 13:04 | 吾作
ササユリ
4月15日に芽を出したササユリを撮してきましたが
その後どうなっているのでしょうか。
まだ花は咲いてないはずだけどと表敬訪問(?)してみました。
一月前は踏まないように踏まないようにと
足下に気をつけながら歩いた山肌もワラビが生えそろって
ササユリはある程度成長したのだけが咲く準備をしていました。
どうです、この気品あふれるお姿は・・・
まだまだ堅く口を閉ざして時期を待っています。
きれいな花を期待していますよ。

b0145296_7261897.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-12 07:26 | 吾作
磨崖仏
自然の岩などに仏像が刻まれているのを見かけることがありますが
磨崖仏(まがいぶつ)というのですね。
小さいですが榊原にもあるのです。
刻まれた仏像は1メートルぐらいで地蔵尊のようです。
今ではわずかばかりの棚田や里山へ行く道沿いです。
まだ100年も経たないと思いますが
この左に見える山道はひと山越えた上山(かみやま)へ抜ける道で
さらに風車が並ぶ笠取山を越え伊賀から奈良に通じる主要道路だったのです。
だれがどんな願いを込めて仏像を刻んだのかは分かりませんが
今も近所に人たちが花を添え、お参りされているようです。
榊原温泉は道ばたに石仏やほこらがたくさんあります。
出会ったときは、ちょっと挨拶も忘れずにね。

b0145296_72455100.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-11 07:25 | 吾作
トトロの森
榊原の山里にはトトロの森がたくさんあります。
ここは一の坂・浦出の集落です。
白くガードレールのある坂道は「観音坂」といい
登り切ると一の坂・里です。
その坂道を上らず浦出の集落の中を左に進むと
榊原自然歩道になるのです。
この自然歩道は榊原川の上流「河内谷」を歩きます。
上り詰めると笠取山。
風車の立ち並ぶ青山高原の稜線に出ます。
そこで南北に延びる東海自然歩道に合流するのです。
このハイキングは5月が最適です。
20日前後は風とツツジが迎えてくれますよ。

b0145296_9521645.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-10 08:08 | 吾作
クロバイ
温泉から約6キロ、西に向かうとカリキドというところがあります。
今、その道沿いにたくさん白い花を咲かせています。
クロバイですね。
白い花がなぜかクロバイこれいかに、な~んちゃって(笑)
道ばたにはモチツツジやヤマツツジが咲いています。
このあたりは昔、マツタケやたくさんのキノコがよく採れました。
赤松はマツクイムシで枯れてしまい
また山の手入れも少なくなって環境も変わってきました。
秋のキノコは少なくなりましたが
いろんな木々が花を付けて山をもり立ててくれています。
榊原の春の山は賑やかです。

b0145296_795682.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-09 08:07 | 吾作
5月の雨
この季節は五月晴れに新緑と花が似合うのですが
新緑と雨もまた5月ならではの風景を作ってくれます。
榊原の家庭菜園には野菜のほか季節季節の花が見られます。
ご先祖さまのお墓参りにも花は欠かせません。
田植えをすませた農家には恵みの雨ですが
これからの花にも恵みの雨は必要です。
彼女たちは雨を取り合いすることもなく
与えられた雨粒からたっぷりと水分を得ています。
きれいですね。
やっと雨も上がりそうです。

b0145296_11443928.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-08 08:20 | 吾作
まだ続く雨
昨日で上がるかなと思っていた雨も
3日連続だとちょっとうんざりですね。
でも、この雨で田の蛙が大喜びです。
彼らの合奏も
室内楽から交響楽になって、夜は野外音楽堂です。

ところで
大型連休はいかがでしたでしょうか。
近場で、と計画されていた方たちも
高速道路1000円ポッキリは魅力だったようですね。
ただ渋滞はまぬがれません。
それに連休初めには新型インフルエンザが発覚しました。
複雑な連休になっちゃいましたね。
でも、おかげさまで榊原温泉もよくにぎわいました。

写真は白くなりかけたヤマボウシに溜まった雨粒です。
落ちるまでの水滴はきれいなものですね。
雨とも仲良くしましょう。

b0145296_8233761.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-07 07:36 | 吾作
連休も終わり
長いと思った連休も終わっちゃいました。
ボク帰るのいやだ。ワタシも。
チェックアウトからお父さんの運転する車になかなか乗れない。
お母さんもたいへん。
旅館のおねえさんもなだめています。
また来ようね。
黒いワンボックスカーは見送られながら雨の中に消える。
道中お気を付けてお帰りください。
帰宅後の笑顔を願っています。
ありがとうございました。

b0145296_19525265.jpg
# by sakakibara-onsen | 2009-05-06 08:30 | 吾作