春の山里は騒々しい
ほんわか色の春の山。
小鳥たちはどこかへ出かけるのかな?
早く早く、乗り遅れるわよ。
ほれほれ、忘れ物はないか。
こっち、こっち。
なんかこんな風に聞こえるけど・・・
ちがうよ、恋のささやきだ。
へー、おおっぴらだね。
縄張りもあるけどさ。
蛙が鳴きだしたよ。
そろそろ田んぼに水が入るんだ。

ん?田の畦にロープ・・・?
あれは電柵(電気柵)で
鹿さんや猪さんが入らないようにだよ。
小鳥さんも忙しそうだけど
人間さんもこれから忙しくなるね。

b0145296_7483884.jpg
そんな山を眺めながら・・・、榊原ならではの贅沢です。b0145296_11555768.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-11 07:47 | 吾作
嫁落としのテッペン桜
榊原の金比羅山の向かい(南)側が嫁落とし。
秋の紅葉もいいけど春はまたいい。
けだるくなるようなほんわかしてくれる春の山。
特に金比羅山は昨日の写真の通りですが
嫁落としは山の頂上まで桜が登り花を咲かせています。
こちらは植林した桜でもなく、まったくの自然体です。
自然の美しさが見られるのも、この嫁落とし。
自然の持つ色彩感覚はどこからくるのだろう。
おそらく何万年ものノウハウを生かしてるんだろうな。
いつものことだが自然と向かい合うと頭が下がる。
でもこの自然と共存できる私たちは幸せだ。
今年は桜がよく頑張っているけど、もう新緑の季節です。
ますます目が離せない榊原の山・・・

b0145296_7111093.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-10 07:13 | 吾作
桜いっぱいの榊原温泉
榊原の東を南北にグリーン道路(広域農道)
このグリーン道路から榊原にはいると右も左も桜だらけです。
写真を順に説明します。

・まず嫁落とし(地名)から眺めた金比羅山と榊原病院です。
b0145296_7263812.jpg
・桜のトンネルは日帰り温泉「湯の瀬」入り口です。
b0145296_7291431.jpg
・湯の瀬駐車場に咲きほころぶ桜。b0145296_7283211.jpg
・湯の瀬のパノラマ。(クリックしてください)
b0145296_7304929.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-09 07:32 | 吾作
桜の下に集う
この陽気に誘われて榊原市民館の桜を見に行くと
広場ではグランドゴルフに夢中な人たち。
贅沢な空間ですねー。
ゴールめがけてコーンコーンと心地よい響きがこだまします。
挨拶はしたもののみんな顔見知り。
すぐに吾作の存在などわすれて、コーン。
やっぱり榊原はいいわ。

b0145296_7315620.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-08 07:32 | 吾作
これから桜の名所に
「昔、桜の名所」ばかりでは張り合いがないね。
これから楽しみな桜もありますよ。
ここは榊原川の下流
山角橋から農免道路の野崎橋までの堤防に植えられた桜です。
吾作は勝手に「下村のぶくに桜」と呼んでいますが名前はまだありません。
10年ほど前に榊原一区(下村)地区民が榊原の景観作りに植えたものです。
さらに堤防沿いに上流へと桜が植えられていますので
尺ケ寺橋まであと数年もすれば桜の名所間違いなしです。
特に山角橋の対岸(榊原川左岸)の少し高台にも植えられているために
農免道路からの眺めはすばらしくなると思いますよ。
写真は右岸堤防から西を眺めています。
またここからは風車もよく見えますからお花見に絶好です。

b0145296_1151105.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-07 08:20 | 吾作
昔、桜の名所(4)
芙蓉荘の桜です。
と言っても芙蓉荘はなく、現在は特別養護老人ホーム陽光苑です。
そこへ行く道路沿いに植えられた桜です。
「昔」とは言い辛いのですが
40年ほど前に三重県老人保養所「芙蓉荘」でき
昭和51年に10周年を記念して榊原老人クラブが植樹した桜です。
道路の下は小さな谷の棚田で景観もよく
10年も経ったころにはすっかり桜の名所になりました。
しばらくすると棚田は減反で杉の木を植えられ芙蓉荘は他所へ移転。
その後、陽光苑ができましたが棚田に植えられた杉は大きく成長し
手入れのなかった桜は一挙に老化してしまいました。
若くして老木になった桜の下には「記念樹」の看板も朽ちて・・・
花の下でのホルモンパーティーも過去のものになりました。

b0145296_795313.jpg
でも集落のある口の方はまだまだ現役ですよ。b0145296_823214.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-06 07:10 | 吾作
昔、桜の名所(3)
組合の桜です。
正式にはJA三重中央農協榊原支店の桜です。
農協のことを組合といっていましたが、昔
役場の隣に郵便局ができ
その向かいに組合ができて駐在所もできました。
榊原の中心を飾ってくれた桜です。
役場、郵便局、その裏にある学校の桜も見事でしたが
学校は運動場の周囲にネットが張られ桜はなくなりました。
また道路の拡幅で役場(出張所)に郵便局、駐在所は移転し
環境も変わりました。
でも組合の桜は少し歯抜けにはなったものの
まだまだ健在で往来する人を楽しませています。
これからも元気に花を咲かせてください。

b0145296_16592623.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-05 09:55 | 吾作
榊原温泉さくら祭り
恒例の榊原温泉さくら祭りが開かれました。
会場はさくら満開の湯の瀬多目的広場です。
女将の会「糸さくら」も「わくわく温泉コーヒー」で参加。
広場ではたくさんの出し物でにぎわいました。

b0145296_1473170.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-04 14:09 | 吾作
昔、桜の名所(2)
ここは療養所の桜。
現在は国立病院機構榊原病院の桜というのでしょう。
今から70年ほど前になりますが
京都の陸軍療養所がこの地にできたころ
その坂道に植えられた桜が育ち
太平洋戦争が激しくなるころは療養される兵隊さんも多く
この桜と温泉が療養に役立ちました。
終戦後は軍から厚生省に移管され国立病院になってからも
その木はさらに大きくなって桜の名所となってきました。
おつかれさま。

b0145296_784042.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-04 07:11 | 吾作
昔、桜の名所(1)
ここは佐田の峠。
県道亀山白山線の近鉄榊原温泉口から榊原に向かう途中です。
昭和11年ですから73年が経ったのですね。
榊原温泉復興で近鉄佐田駅(後に榊原温泉口)から
自動車が走る道路を付けました。
そのために自然破壊が伴うことに心を痛め
道路沿いに桜を植えと伝わる桜の木です。
今ではすっかり古木になったソメイヨシノ。
榊原温泉へのお客様を乗せた送迎バスは
見事の咲きほころぶ桜の峠を越えたものです。
今ではシャッターを切る吾作の胸も痛みます。
お疲れさまでした。

b0145296_8183785.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-03 08:17 | 吾作