無病息災・家内安全を祈願する「みゆ」
毎年2月11日建国記念の日は射山神社の湯立神事・御湯(みゆ)が神社境内で10時から行われます。
鉄釜の熱湯を参拝者に振りかけるクマザサの束は前日、宮司と氏子代表が凍てつく奥山(笠取山)に登り、自生するクマザサを調達します。
神事を終えたクマザサは参拝者に1本ずつ振る舞われます。
今日10時からです。どうぞご参詣ください。

b0145296_08435361.jpg
b0145296_08435677.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-11 06:00 | 吾作
展示の準備万端お雛さま
明日から始まる「榊原温泉のお雛さま」の準備も出来ました。
旅館のロビーに入ると雛人形がお出迎え。
展示のメイン会場は恋の明神・射山神社参集殿です。
ここには10年前に津大門からお輿入れになった雛人形が正座に座られ、たくさんの雛人形に囲まれていますよ。
そして明日は射山神社の湯立神事「みゆ」が朝10時から境内で行われますので、ぜひご参拝され、お雛さまめぐりをお楽しみください。

b0145296_10271387.jpg
b0145296_10271740.jpg
b0145296_10272040.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-10 06:00 | 吾作
寒さぶり返し
今朝は寒い、今日はまた寒くなりそうですね。
そう易々とは春は来てくれません。
写真は榊原の冬らしい風景、2月1日に撮したものです。
三寒四温の繰り返し、少しずつ春は来るでしょう。

b0145296_17333796.jpg
b0145296_17334062.jpg
b0145296_17334417.jpg
b0145296_17334764.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-09 06:00 | 吾作
冬が去り、春・・・
ウインター・イズ・オーバー、スプリング・ハズ・カム。
冬が去って春到来ですか、昔習ったような気がします。
少し暖かい朝が続きましたが、昨日の朝は田んぼから湯気が出ていました。
写真はウマノコの田んぼとゴミオキの田んぼです。
冷たい冬の空気が春の陽気に、ゆらゆらと昇っていくのでしょう。
このまま春が来るといいんですがね。

b0145296_18190378.jpg
b0145296_18190705.jpg
b0145296_18191093.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-08 06:00 | 吾作
榊原温泉で古代人と混浴しよう
榊原温泉は里人たちが使い始めたのではなく、いくつかの伝説から神宮を伊勢(国)に祭った大和朝廷のようです。
伊勢に神宮が祭られると、禊(みそぎ)をして参拝する習慣があるため二見浦で塩垢離、五十鈴川での水垢離はよく知られているけど、伊勢(国)に入ったこの地で湯垢離(ゆごり)をする慣わしがあったようです。
榊原温泉は貝石山を中心に近くの河原から何カ所かで湧出していました。
貝石山は江戸時代に化石が確認され、その名が付いたもので「湯ノ山」だったようです。
湯山が訛って「射山」となったようです。
神宮の大切な湯垢離の温泉「ななくりの湯」を守るため湯山(射山)を御神体に射山神社が祭られるようになり、延喜式神名帳にも射山神社は壱志郡(一志郡)に確認できます。
大和国に朝廷が置かれたころ、景行天皇の子・ヤマトタケルノミコトは東征に向かう途中、伊勢にいる叔母のヤマトヒメに挨拶に向かう前に伊賀を越え、湯垢離のためこの地に入られました。
その途中、布引山(青山高原)を越えるときに強い風にあおられ、笠を吹き飛ばされました。
里に下りカリキド(仮木戸)の人たちに「あの山は笠取じゃ、私の笠を取っていった」と告げたことから、地元では笠取山と呼び現在では正式な地名にもなっています。
またヤマトタケルの妹・イオノヒメは斎王のお勤めを終えて帰京の途中、隣村で亡くなり「五百野」の地名も残っています。
また継体天皇の皇女・ササゲヒメが斎王になられ斎宮に向かわれる途中、ななくりの湯で湯垢離をされ、この辺り一帯に「榊」が群生していたことから、神宮祭祀にはここナナクリの里から調達されるようになり、時代が経つにつれ「榊が原」と呼ばれるようになり、村の名前も「榊原」になったと伝わります。
榊原温泉ななくりの湯は神宮に向かわれる、ヤマトタケルノミコトや歴代斎王が湯垢離をされています。
榊原温泉は時間的なズレはあるにせよ、古墳時代の朝廷人が使った湯(温泉)です。
その温泉に浸かりながら目をつむり、その人たちを頭に浮かべてください。
浴槽にはヤマトタケルや歴代斎王が一緒に浸かっていますよ。
ひょっとして、清少納言も・・・
タイムマシンを楽しんでもらえる榊原温泉です。

b0145296_08533401.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-07 06:00 | 吾作
春らしく花が咲く
4日の立春から急に春らしくなって、昨日も暖かかったですね。
でも今朝はお天気が崩れましたが、昼からは回復しそうですよ。
さすが春、畑の菜の花が背を高くしているし、里山に植えられた紅梅が咲き出してきました。
梅は咲いたが桜はまだかいな。

b0145296_11482580.jpg
b0145296_11482975.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-06 06:00 | 吾作
あざやかな虹が北の空に
昨日の朝、風を伴いながらパラパラ雨が降っていました。
さすが立春、生ぬるい風でした。
北の空は半分青空、半分は雲の空でした。
その境目に春の虹が円を描いていました。
昨日は暖かい立春でしたね。

b0145296_09390182.jpg
b0145296_09390434.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-05 06:00 | 吾作
ツクシの坊やが目を覚ます
今日は二十四節季の立春です。
立春とは名ばかり、と言うけど自然界では忠実に春です。
「吾作さん吾作さん、踏まないで」と、足下で声がします。
ようく見るとツクシの坊やでした。
風邪引かないかな、と心配するのはひ弱な人間のこと。
この冬はインフルエンザも全国的に広まっています。
まだまだ寒いのです、十分に注意しましょう。

b0145296_09271444.jpg
b0145296_09271897.jpg
b0145296_09272178.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-04 06:00 | 吾作
ナバナがすくすくと
榊原のスマイルコーン(昨日のブログ)のみなさんが、力を合わせて育ったナバナです。
一年でいちばん寒いこの時期に、ナバナは元気に育っています。
お世話をされるスマイルコーンのみなさんもお元気で。

b0145296_09225295.jpg
b0145296_09225506.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-03 06:00 | 吾作
榊原の環境が生きるスマイルコーン
農福連携で障がい者の社会参画を図ろうと平成26年に(一社)一志パラサポート協会が設立され、翌27年に榊原の古民家を活用したB型作業所「スマイルコーン」が開設されています。
地元で農地を提供され指導されている川原田さんにお話を聞きました。
最近の活動では、6次産業化に力を入れられ「スギナ玄米茶」等の商品化に取り組まれ、健康に意識の高い女性の方たちに好評を得ているそうです。
他にもすぐ近くの田んぼを開放してナバナ栽培もされ、東京の三重テラスなどにも出品されています。
写真はスマイルコーン建物の全景と中の風景、それに難しそうな顔をして次なるアイデアを考えておられる川原田さんです。

b0145296_09195850.jpg
b0145296_09200331.jpg
b0145296_09200755.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-02-02 06:00 | 吾作