湯の瀬川は鳥たちのダイニング
静かに流れる湯の瀬川をのぞくと鳥がいます。
そーっと驚かせないようのぞかないと、食事を喉につまらせます。
だから、そーっと。
鳥たちは足下に来る小魚を食べているようで、ここは鳥たちのダイニング(食事)。
それぞれの場所取りをしているのでしょう。
下流から飛んできた小鳥は足をとめることなく、さらに上流に向かって飛んでいきました。

b0145296_14485002.jpgb0145296_14485346.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-07 06:00 | 吾作
寒くないというけど冬です
テレビでも寒くないと言っているし、冬は来ているのですか?
とは人間の感覚です。
自然界では着実に初冬を受け入れています。
赤いモミジの紅葉も、もうまばら。
ツルウメモドキも真っ赤な実、クルメツツジの葉も真っ赤っか。
いつ霜が降りてもおかしくない里の風景です。

b0145296_14005429.jpgb0145296_14005797.jpgb0145296_14010163.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-06 06:00 | 吾作
少し早すぎたヤブツバキ
早春から春にかけて咲くヤブツバキにはまだ硬いつぼみが見られるのですが、少し色が付いたつぼみが見つかりました。
ドジョ川に群生している1本です。
うっかり咲いた一輪のヤブツバキ、花びらが少し傷んでいます。
一輪だけ咲いたきれいな花だけに、ヒヨドリの総攻撃を受けたのかも知れないね。

b0145296_17434147.jpg
b0145296_17434476.jpg
b0145296_17434706.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-05 06:00 | 吾作
榊原温泉の四季はすばらしい
貝石山の向こうに、ちらっと顔を出す湯ノ岳が雑木紅葉でひっそりとおしゃれをしています。
また善福寺の後ろには金比羅山の雑木紅葉。
それに負けじと咲くサザンカの花。
まだまだ湯の里榊原を自然は飾ってくれています。
そだねー。 とは、今年の流行語年間大賞でした。

b0145296_16313793.jpgb0145296_16314013.jpgb0145296_16314343.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-04 06:00 | 吾作
くさもみじ萌ゆる
田んぼの畦もきれいに紅葉が始まっています。
くさもみじです。
朝日や夕日に照らされると余計にきれいです。
田んぼの畦にはまた自然生えのウルシやススキもおしゃれを手伝っています。

b0145296_16093097.jpgb0145296_16093311.jpgb0145296_16093609.jpgb0145296_16095131.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-03 06:00 | 吾作
師走の紅葉
まだまだ残る榊原温泉の紅葉。
神湯館のお庭が赤い、駐車場が赤い、裏の湯の瀬川を挟んで赤い。
客室の窓からも紅葉がきれいです。
榊原温泉での忘年会はまだ紅葉が眺められますよ。

b0145296_15310201.jpgb0145296_15310530.jpgb0145296_15310924.jpgb0145296_15311224.jpgb0145296_15311551.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-02 06:00 | 吾作
榊原温泉で あったまろ。
万葉の時代から愛される榊原温泉。
かの清少納言が「枕草子」で『湯は七栗の湯 有馬の湯 玉造の湯』と讃えた榊原温泉は、「恋の湯治場」として疲れた心と身体を癒し、現在まで多くの人に愛されてきました。
また、伊勢神宮への参拝を前に身を清める「湯ごり」の地としても親しまれ、地元では榊原の温泉を「宮の湯」と呼んでいます。
のどかな里山に滾々と湧き出る美湯に浸り、寛ぎと癒しのひと時を。

今日から師走、12月になりました。
本格的冬になりました。
ぜひ榊原温泉であったまってください。

b0145296_17353586.jpgb0145296_17353904.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-12-01 06:00 | 吾作
ここには榊原がいっぱい
農免道路から榊原に入ると信号の三叉路には6つも「榊原」がお出向かい。
榊原町だから当然ですが、さらに古くは「ななくり」だったのです。
戸木、森、庄田、中村、一色、大鳥、榊原と現在の7つの町名一帯を「ななくり」と呼んでいたのです。
榊原の村名が出来るまでは、七久里の上村と呼んでいたようです。
たくさん榊が自生していて、それが伊勢神宮に使われるようになってから、ここは榊原だと地名になったと伝わります。
当然バス停に榊原、湯の瀬川の正式名が榊原川、そして旅館の名にも榊原舘。
忘れてはならない、榊原の地名が人に名前になったのもこの地です。
林性寺には榊原家のお墓もあります。

b0145296_08513397.jpgb0145296_08513840.jpgb0145296_08514586.jpgb0145296_08514992.jpgb0145296_08515306.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-11-30 06:00 | 吾作のものしり箱
ここには清少納言がいっぱい
東からだと尺寺橋(しゃかじはし)、西からは平成橋(へいせいはし)。
これは橋の名前ですが、榊原温泉を迎える橋、欄干に刻まれた橋名の下に清少納言が描かれています。
清少納言枕草子の117段に「湯は ななくりの湯」と記され、「温泉はやっぱりななくりの湯よね」と申されたのです。
そして旅館にも清少納言、圓浄寺には清少納言の供養宝塔もあります。
榊原温泉で清少納言探しなどいかがですか。

b0145296_08465782.jpgb0145296_08470084.jpgb0145296_08470424.jpgb0145296_08470877.jpgb0145296_08471316.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-11-29 06:00 | 吾作
初冬の榊原温泉の里山
昨日はおだやかな小春日和で子供たちも散歩、夏みかんも黄色く鮮やかです。
里山の雑木も輝くような紅葉を見せています。
今年最後の里のお化粧です。

b0145296_16481249.jpgb0145296_16481451.jpgb0145296_16481634.jpgb0145296_16481902.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-11-28 06:00 | 吾作