人気ブログランキング |
<   2019年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
除夜の鐘
日本では風習として日付けが変わり新しい年になる時を鐘をつきながら迎えます。
仏教における考え方から、人には百八つの煩悩(ぼんのう)があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回とされています。
煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことだそうです。
NHKの紅白歌合戦が終わるころから鐘の音が聞こえ、お宮さんへ年越え詣りが始まります。
気分新たに新年を迎えましょう。

除夜の鐘_b0145296_21480298.jpg
除夜の鐘_b0145296_21480564.jpg
除夜の鐘_b0145296_21480828.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-31 06:00 | 吾作
難を転じる南天の実
南天には「難を転じる」と解釈され、日本では古くから縁起の良い木とされてきました。
南天の花言葉は「私の愛は増すばかり」「良い家庭」「福をなす」とか。
この一年、難があったなら南天のチェンジパワーで新年は福に転じましょう。

難を転じる南天の実_b0145296_21295349.jpg
難を転じる南天の実_b0145296_21295620.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-30 06:00 | 吾作
日本ならではのお餅つき
クリスマスのケーキのようにお正月にはお餅ですね。
でも日本のお餅には深〜い訳があるのです。
お正月の鏡餅は、年神様と呼ばれる正月の神様にお供え物です。
そしてお正月は特別なハレの日、そのため普段は食べられないお餅を食べてお祝いする、という日本の古来からの慣わしですね。
ハレの日とされる結婚式や成人式など、人生の節目となる行事や祝い事には、お餅やお赤飯などでお祝いされてきました。
またお餅つきは「子孫繁栄」を願うための行事だったそうですよ。

日本ならではのお餅つき_b0145296_18492804.jpg
日本ならではのお餅つき_b0145296_18493178.jpg
日本ならではのお餅つき_b0145296_18493408.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-29 06:00 | 吾作
暮れの虹
昨日、9時半ごろ家を出て津の町へ買い物に出かけました。
風が強く、少し時雨れていて北の空にうっすらと虹が見えたけど消えていきました。
10分ぐらい走ったころ、ん?虹だ。
おぉ、端から端までしっかり見えています。
農道に入って車を止めて写真に収めました。
くやしいけど里山に囲まれた榊原では見られない見事な虹でした。
これなら渡れるかも知れない、虹の橋を。

暮れの虹_b0145296_15405750.jpg
暮れの虹_b0145296_15361377.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-28 06:00 | 吾作
スイセンも花開く
雑草化しているスイセンはこの時期に勝手に咲いています。
そんなスイセンが吾作は好きで、つい話しかけたくなります。
話しかけても返事が返ってくるわけでもないことは分かっているけど、なぜか友だちになった気分になるので懲りずに話しかけるのです。
でもスイセンの方から話しかけてくることもあり、振り向くこともあるんです。
静かにしていると聞こえますよ。

スイセンも花開く_b0145296_16224760.jpg
スイセンも花開く_b0145296_16225118.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-27 06:00 | 吾作
名湯の後は国宝へ
日本一の榊原温泉を楽しまれたお客さんが旅館をチェックアウトされるとき、ミニ観光のお勧めどころをよく聞かれます。
当然伊勢神宮などをご案内するのですが、近場を求められることが多いのです。
国宝に指定された髙田本山の専修寺は近場でよいのですが、予約がないとお参りだけだし・・・と、思っていたら
一身田寺内町ほっとガイド会さんから「私たちが案内するのよ」っと、朗報を入手しました。
土・日・祝限定ですが、予約なしで国宝の案内などしてもらえるので、ちょっと思いつき立ち寄りもよさそうです。
そして寺カフェにもぜひ寄りたくなった。車で30分です。

名湯の後は国宝へ_b0145296_19291918.jpg
名湯の後は国宝へ_b0145296_19293275.jpg
名湯の後は国宝へ_b0145296_19403287.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-26 06:00 | 吾作
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー
ネコちゃんはサンタさんを待っていますが、プレゼントは届いたのでしょうか。
この写真は榊原のユリッペさんから届いたものです。
今日はクリスマスですね、昨夜はイブ。子供たちにはプレゼントが楽しみ。
クリスマスが終わると新年、旅館の玄関には大きな門松が立ちました。

メリークリスマス&ハッピーニューイヤー_b0145296_18184007.jpg
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー_b0145296_18184658.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-25 06:00 | 吾作
風景も変わる年の瀬
つい先日まで里山は紅葉して、師走にしてはきれいな里の風景を見せていました。
昨日の空はぶ厚い冬の雲に覆われて一日中薄暗く、天気が崩れると急ぎ足で夜がやってきました。
そして昨夜の雨が上がって明るい太陽が顔を出すと、いつも眺めている榊原の風景が一転、冬の風景に変わっていました。
平成で迎えた2019年、令和で暮れようとしています。

風景も変わる年の瀬_b0145296_15354291.jpg
風景も変わる年の瀬_b0145296_15354907.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-24 06:00 | 吾作
準備万端 氏神さま
昨日は榊原の氏神さまの射山神社大掃除でした。
雨の心配もあったけど、雨降らず風吹かずで大掃除日和でした。
きれいになった拝殿や参集殿、大晦日には年越え詣りで境内はにぎわいます。
氏子のみなさんで元日の8時まで当番を決めてかがり火を焚いてお待ちします。
今年も年越え詣りには甘酒のふるまいと紅白の福餅が準備されるそうですよ。
どうぞお詣りは良縁祈願も兼ねて射山神社へ。

準備万端 氏神さま_b0145296_15453582.jpg
準備万端 氏神さま_b0145296_15454734.jpg
準備万端 氏神さま_b0145296_15455421.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-23 06:00 | 吾作
湯治で冬至を過ごしたい
今日は一年中で太陽が最も南に寄り昼が最も短い日、冬至ですね。
冬至といえばゆず湯。
柚子湯に入るのは風邪をひかないためだそうです。
柚子湯もいいけど、榊原温泉はもっといいんです。
お近くの方は日帰り温泉もございます、お帰りになってもぽかぽかしてますよ。
榊原温泉で湯治して冬至を過ごすのもいいですね。

湯治で冬至を過ごしたい_b0145296_18455487.jpg
湯治で冬至を過ごしたい_b0145296_18455876.jpg
湯治で冬至を過ごしたい_b0145296_18460389.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-12-22 06:00 | 吾作