人気ブログランキング |
<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
カラムシの残暑対策
暑さを喜ぶように、炎天下を元気に過ごしてきたカラムシさん。
常連の虫さんにお願いしたのかな?風通しをよくして残暑を乗り切ろうとアイデアを出したようです。
でもこのところの雨で気温も下がり、シャワーを浴びてました。
気温30度を切って8月が終わります。

b0145296_09120827.jpg
b0145296_09121231.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-31 06:00 | 吾作
秋が近づく榊原温泉
秋の七草の一つ、クズは辺りの木を、つるでおおってしまう生命力はすごい。
アメリカではグリーンモンスターと言って嫌われることもありますが・・・
中秋の十五夜さんが近づくころ、可憐な花を咲かせます。
これからしばらくは、榊原温泉の散策に珍しくないクズのツルにこんな花が楽しめますよ。
 ななくりの 湯浴み済ませて 葛の花

b0145296_18044996.jpg
b0145296_18045371.jpg
b0145296_18045736.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-30 06:00 | 吾作
電線に鳩ぽっぽ
朝はお互いの挨拶なのか山にいる鳥たちが電線などに集まって、相談のあげくどこかへ飛んでいきます。
昨日の朝も迷うことなく遠くの電線に集まりました。
スズメでもないし、モズは群れることもないし・・・
カメラの望遠レンズでよく観るとハトです。
今朝のブログの獲物はハトさんのご一行です。

b0145296_07544862.jpg
b0145296_07545125.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-29 06:00 | 吾作
稲刈りが始まっています
9月にならないと無理かな?と思っていた稲刈りも始まっています。
昔は田植えも稲刈りもたくさんの農家のみなさんが田んぼに集まり、お祭りのようでした。
50年前から年々機械が導入されて、今はコンバインの音だけが聞こえるだけとなりました。
機械が大型になり、田んぼも圃場整備で大きくなったので、取り入れ作業もうんと効率的になったのです。
榊原のお米は水がいいから美味しいと評判ですよ。

b0145296_19185134.jpg
b0145296_19185319.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-28 06:00 | 吾作
切り抜き田んぼアート
ラグビーワールドカップ2019™日本大会がいよいよ来月開幕します。
田んぼアートのあのラグビー少年も出かけていったのかな?
見てください、いなくなったのです。
9月20日19:45から東京会場で日本対ロシアです、応援しましょう。
残った稲はまだまだ青く、収穫は随分後になりますね。
きれいに見せてくれた今年の田んぼアート、ありがとう。

b0145296_19244330.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-27 06:00 | 吾作
榊原は各区で夏祭り
ずっとずっと昔は榊原の区は下村、ヒロ村など小さな村の集合で、江戸時代の記録には榊原村を本村(ほんそん)と位置づけていました。
そのため今でも区単位の祭りが残っています。
たとえば1区は愛宕さんの祭り、2区は天王さんの祭り、3区は観音さんの祭り、4区は薬師さんの祭り、5区は八幡さんの祭りなどがあって、区民の親睦が図られています。
昨夜は1区の祭りがありました。
愛宕社のある宝林寺境内に区民は集まり、子供みこしや民踊、また伝統の手たたき踊り「サーッサヨイヨイ ヨイトーコドッコイショ・・・」が賑やかに繰り広げられ、田んぼから上がる花火で幕を閉じました。
来年はかんこ踊りが加わり、さらに賑やかになることでしょう。

b0145296_21594870.jpg
b0145296_21510841.jpg
b0145296_21511140.jpg
b0145296_21511439.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-26 06:00 | 吾作
羽を鳴らして飛び交うトンボさん
朝の水道の水が少し冷たく感じられるようになりました。
でも日中は暑く、榊原の里はトンボがよく飛んでいます。
シオカラトンボのメスは、色が違うのでムギワラトンボと呼びますが、写真は茶色っぽいのでメスのムギワラトンボですね。
赤トンボの代表はアキアカネですが、アカネの仲間は夏の間、涼しい山に移動して過ごします。
秋風が吹く頃になると,生殖のために山から里に降りてきます。
稲刈り前の田んぼの上空を飛び交い、ときおり電柵のワイヤーで一服。そこしか吾作は撮れません。(笑)

b0145296_16001697.jpg
b0145296_16002026.jpg
b0145296_16002303.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-25 06:00 | 吾作
アカ抜けしたサルスベリ
サルスベリは幹がつるつるで、猿が登ろうとしても滑ってしまうと言うことからその名が付いたとか。
またの名をヒャクジツコウといって、夏に咲いて100日咲き続ける(長く花が続く)ことから百日紅とも言うけど、写真のサルスベリの花は白です。百日白?
図鑑には赤も白もあるんだそうです。
白でも百日紅、純白のかき氷に黄色の花がトッピングされたみたい。
今年の秋は残暑が長く続く予報、いつまでもかき氷が求められそうですね。

b0145296_08351512.jpg
b0145296_08351869.jpg
b0145296_08352112.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-24 06:00 | 吾作
ミツバチも暑そうでした
今日は二十四節季の処暑(しょしょ)です。
処暑とは暑さが終わるという意味で、まだ昼間は暑いけど朝夕は涼しい風が吹いたりして気持ちのよくなるころです。
今年は夏の初めの日照時間が短く、稲の育ちが少し遅れていますが、そろそろ稲刈りが始まる季節となりました。
でも暑いですね。
桜の木の根元に出来た穴を住み家にしたミツバチ一家が、その周囲に重なり合うように集まっています。
デモの集会か?とミツバチ博士に聞くと、中にいる女王蜂が暑いから風を送っているんだ。とか
処暑になっても、まだまだ暑さは続くようです。

b0145296_07572174.jpg
b0145296_07504536.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-23 06:00 | 吾作
大きくなったイガグリくん
お店には梨がたくさん並んでいます。
榊原には梨はありません、でも柿に栗は昔からどこの家にもありました。
昔の榊原の子の秋の遠足には、身近にある柿と栗がお伴をしました。
一部のお金持ちの子供はキャラメルを持っていたりして・・・
今では想像も出来ないね。
小さなイガグリくんもずいぶん大きくなって、あとは実るだけです。
少しずつ秋の色が濃くなってきた榊原温泉です。

b0145296_07342274.jpg
b0145296_07342541.jpg
b0145296_07342846.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-08-22 06:00 | 吾作