人気ブログランキング |
<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
粟の連想オミナエシ
オミナエシ(女郎花)も秋の七草の一つです。
まだ立秋も来ないのに早いこと、キキョウ・ハギも早々と咲いています。
名前の由来は・・・
「おみな」は「女」の意、「えし」は古語の「へし(圧)」で、美女を圧倒する美しさから、その名が付いた説。
また、もち米で炊くごはん(おこわ)のことを「男飯」といったのに対し、「粟(あわ)ごはん」のことを「女飯」といっていた時代もあって、花が粟つぶのように黄色くつぶつぶしていることから「女飯」→「おみなめし」→「おみなえし」となった、との説もあります。
漢字で「女郎花」と書くようになったのは平安時代のなかば頃からで、秋の七草は歴史があるのですね。
手にとれば袖(そで)さへ匂ふ女郎花 この白露に散らまく惜しも(万葉集)
ちなみに、今年の「白露」は9月8日、菊の節句「重陽」の前日です。

b0145296_14164163.jpg
b0145296_14164435.jpg
b0145296_14164633.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-31 06:00 | 吾作
真上から撮した田んぼアート
足下に描かれた小さな絵だったら、真上から見えますが、大きな田んぼでは横からしか見えません。
でも吾作は少しでもよく見えるようにと、「田んぼアートが見える丘」で背伸びをして撮してますが、真上のようにはいきません。
榊原のYoshi3298SCさんが、ドローンで撮してユーチューブに投稿されています。
「田んぼアートPart2 2019」のタイトルで、ここです。
https://www.youtube.com/watch?v=uy4phMtflio
Yoshi3298SCさんから許可を得ましたので、ご案内させていただきます。
実際の田んぼの絵は見る場所からを考慮して、縦長になっています。
ブログの写真はユーチューブからで横幅を広げてあります。

b0145296_21304736.jpg
b0145296_21305021.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-30 06:00 | 吾作
榊原温泉の生湯は自慢の「ぬる湯」
名古屋地方気象台は28日、東海地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。
本格的な暑い夏の到来です。
暑い夏にこそぜひ浸かっていただきたい「ぬる湯」。
榊原温泉は源泉の温度は低く、ボイラーで温泉を沸かせています。
でもせっかくの大地の恵み「源泉」に手を加えない生湯(なまゆ)に浸かりたい。
最近人気の「ぬる湯」は榊原温泉が自信を持ってお勧めします。
榊原温泉の生湯は30度前後で、これからの暑い夏に気持ちのよい温泉です。
榊原温泉は酸化還元力が大きく、全国1〜2を誇る抗酸化作用があるのです。そして美容に・・・
その効果は榊原温泉の生湯が一番です。
「ぬる湯」が使える旅館は湯元榊原舘と旅館清少納言です。

b0145296_18320892.jpg
b0145296_18321239.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-29 06:00 | 吾作
駐車出来ない見える丘
田んぼアートはますますよくなっていますよ。
お願いです。
「田んぼアートが見える丘」が県道沿いに作られています。
でもここに駐車は出来ません。
写真を見てください、危ないですね。
マップ(クリックしてください)の赤丸がその場所ですが、すぐ下に農道があります。赤の道路を注意して走行してください。
農道は農業優先ですので、軽トラが通れるだけは空けて駐車しましょう。
見える丘からの田んぼの絵と向こうの田んぼにいるシラサギさん。
ルールを守って田んぼアートを楽しんでください。

b0145296_15520164.jpg
b0145296_08330363.jpg
b0145296_15521234.jpg
b0145296_15521598.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-28 06:00 | 吾作
梅雨明け前の台風
昨日の朝9時、潮岬の南南東約430キロで台風6号が発生しました。
そして台風は先ほど午前3時には、潮岬付近を北に時速25キロで進んでいます。
そろそろ上陸のよう、こちらに向かっています。
夏休みだし榊原温泉に寄っていくのかな? やめて、やめて、やめて。
雨が降る前に川を撮してきました。
台風が去ればきっと梅雨も明け、暑さの更新が続くことでしょう。
今日は土用の丑の日、ウナギを食べてくれぐれも熱中症にご注意ください。

b0145296_10423721.jpg
b0145296_10424135.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-27 06:00 | 吾作
ちょっと強烈なオニユリ
食用にするために中国から日本に渡来したといわれるオニユリ(鬼百合)。
オニは桃太郎の話の中に鬼ヶ島の鬼退治があるし、毎年2月の節分には鬼がやってくる。
戦時中(昭和20年6月)に南の空でアメリカの大型爆撃機B29に、日本の戦闘機が体当たりして落ちてきたB29のパイロットが、榊原の陸軍療養所に連れられてきた。初めて見たアメリカ人、戦時中はアメリカは赤鬼だと教えられていたので、背の高い赤ら顔のパイロットを見て恐かったのを覚えています。生の鬼を見たのです。
花には悪いけど赤鬼のイメージが浮かんできます。
今では特に日本はアメリカとは仲がよく、鬼どころではなくお多福と言ったところでしょうか。

b0145296_06284488.jpg
b0145296_06284951.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-26 06:00 | 吾作
すくすく伸びる今年の稲穂
昨日、お隣の近畿地方など多くの地域で梅雨明けしましたが、東海地方はお預けとなっています。
それは南の海上に台風の卵が発生したので、大雨に備えるために梅雨明け宣言は見送られたのだそうです。
長く続く梅雨で太陽のお誘いのなかった田んぼの稲も「今年だけ遅れるわけには行かない」と穂を出して花を咲かせています。
日帰り温泉「湯の瀬」の北側に広がる田んぼも、子供たちがプールに向かう田んぼ道も、元気な稲穂が暑い夏を喜んでいます。

b0145296_09584995.jpg
b0145296_09585235.jpg
b0145296_09585544.jpg
b0145296_09585842.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-25 06:00 | 吾作
雨から解放ですか
長い間うっとうしい日が続きましたが、もうそろそろ梅雨が明けてもいいのではないでしょうか。
田んぼのタニシはいつも水の中、お天気は気にしないよ。
生まれて間もないタニシの子供がたくさん水田にいます。
水田では早生の稲が穂を出しています。
夏の太陽を待ちかねている自然界です。
人はこれから熱中症に注意ですね。

b0145296_08464044.jpg
b0145296_08464391.jpg
b0145296_08464638.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-24 06:00 | 吾作
暑中お見舞い申し上げます
二十四節季の大暑(たいしょ)は一年中で一番暑いときです。
冬だと大寒(だいかん)が一番寒いときですが、もう半年経ったのですね。
今日はその大暑です。
雲の覆われた大暑ですが、やっぱり暑い。
あと4日で土用の丑の日、ウナギを食べて精を付けましょう。
写真で少しでも涼しく、湯の瀬川で見つけた涼です。

b0145296_08083016.jpg
b0145296_08083993.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-23 06:00 | 吾作
キキョウもまた秋の七草
秋の七草の一つ、キキョウも咲くのが早い。
秋と言うより夏になって真っ先に咲くのがキキョウの花。
キキョウも万葉集のなかに秋の七草と歌われているんです。
また昔から武士に好まれたようで、家紋に取り入れられたり、江戸城には「ききょうの間」や「桔梗門」は聞いたことがありますね。
キキョウの花は開花直前、丸くふくらんだ状態がおもしろく、それがだんだん膨らんで風船のよう。
・桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひそうな(加賀千代女)

b0145296_08033031.jpg
b0145296_08033381.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-07-22 06:00 | 吾作