人気ブログランキング |
<   2019年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
/速報/ ホタルが出てきましたよ
待ちに待ったホタルさん、地図の左上部に記されている「蛍観賞地」に数匹確認しています。
お車の方は近くの駐車場へお止めになって、ゴルフ場に向かって200メートルほど歩いた左側です。
明日から23日まで榊原温泉の「蛍灯」の期間中、土曜日曜には駐車係員もおりますので、どうぞお越しくださいませ。

b0145296_12332490.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-31 12:35 | 吾作
雑草ではないマーガレット
マーガレットは11~5月頃に開花だそうですが、少し前に咲き出したマーガレットはわが家の窓の下。
明日から6月ですから、咲いたばかりの花を5月中に入れておこう。
キクみたいだなと思ったら、木春菊(モクシュンギク)という名前が付いているんです。
マーガレットは18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットにも愛されていたといわれ、彼女が好きなプチ・トリアノン宮殿の庭にはマーガレットが植えられていたそうです。
わが家の窓の下も宮殿の庭みたいだ。
何年も越冬できるので、雑草化されて毎年可愛い花を咲かせてくれます。

b0145296_13365328.jpg
b0145296_13365569.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-31 06:00 | 吾作
手に取るより眺めるドクダミの花
季節の花、ドクダミがそろって咲き出しました。
ドクダミは「臭い花」、そして抜いても抜いても生えてくる「厄介な雑草」など嫌われることが多いけど、花は可愛い。
ドクダミの名前は「毒矯(どくだ)み」で、毒を抑えるという意味だそうです。
十種類の薬効があることから「十薬」とも言われ、古くから民間治療薬として重宝されてきました。
この時期、ユキノシタやカタバミなど可愛い花が続々さいています。

b0145296_15312877.jpg
b0145296_15313180.jpgb0145296_16050577.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-30 06:00 | 吾作
ビワがたくさん実を付けた
ビワは昔、よくあちこちの庭先で見かける身近な果実だったけど、いまは高級な果物としてなかなか口に入りません。
その昔からのビワは勝手に花を咲かせ、勝手に実が生って忘れられていくのです。
実は小さくても種の大きいこと、吾作はそのわずかな果実を食べた昔を思い出しています。
もう少し実ると食べられますね。

<速報>
中ノ山の平尾に600株のイセショウブが咲き出しました。
3枚目がH川さんから送られてきた写真です。

b0145296_18530525.jpg
b0145296_18530860.jpg
b0145296_19141656.jpg


by sakakibara-onsen | 2019-05-29 06:00 | 吾作
やっぱり来てたカルガモさん
この2〜3日、カルガモさんを見なかったので案じてたけど、やっぱり来てました。
田んぼはたくさんあるからカモさんも忙しいんでしょう。
写真は榊原一区のウマノコ(圓浄寺とバス道の間の田んぼ)です。
今の田んぼには美味しいものがあるんでしょうか、私たちは稲が実るのを秋まで待ちましょう。

b0145296_18241260.jpg
b0145296_18241512.jpg
b0145296_18241892.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-28 06:00 | 吾作
田んぼに白い鳥 黒い鳥
先日、カルガモさんが来ていた田んぼを見に行ったのですがお休みのようで、代わって白い鳥や黒い鳥が来ています。
シラサギさんとカラスさんですね。
シラサギさんが大勢でやってくると、コサギ・チュウサギ・ダイサギなど、混ざって田んぼを埋めます。
サギの仲間で一番大きなアオサギもときどきやってきますが、みんな注意深く近寄れません。
カルガモさん、また仲間を連れて来てくださいね。

b0145296_18425303.jpg
b0145296_18425920.jpg
b0145296_18430581.jpg
b0145296_18430983.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-27 06:00 | 吾作
スイーツみたいなユズの花
落ちるのを逸したように黄色いユズの実が残っています。
でも今は花の時期、昨年の実を気にせず白い花が咲き出しました。
酸っぱいユズの実ですが、花はスイーツのようで食べたくなりますね。
味は虫さんにでも聞いてみよう。

b0145296_09535371.jpg
b0145296_09535601.jpg
b0145296_09535917.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-26 06:00 | 吾作
ほーほーほーたる来い
原風景が今も残る榊原温泉の里に、ひとーつ ふたーつ ホタルが出始めましたよ。
なるべく昔ながらの自然環境を残そうという地域の人たちの気持ちを察して、毎年ホタルがやって来ます。
やって来ると言うより、生活のしやすいこの地でホタルは繁殖しているのです。
そのホタルのラブコールが光として私たちを楽しませてくれるのです。
その時期がやって来ました。
そして榊原温泉では「蛍灯」というお祭りでみなさまに呼びかけています。
写真はこれまでのイメージと、蛍灯のお知らせです。

b0145296_09075488.jpg
b0145296_14244303.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-25 06:00 | 吾作
銘木「糸桜」の取り木
現在、神湯館の敷地に可憐な花を咲かせる糸桜(イトザクラ)がありますが、100年も過ぎかなりの老木となりましたので子作り作戦が始まりました。
過去にも樹木に詳しい方々が挿し木や接ぎ木など試されたのですが、いずれも駄目でした。
今回、糸桜を守る会の方々が取り木にチャレンジされています。
木を傷めないように、普通は剪定されるべき小枝にちょっと細工をして、そこから根を出させようという作業です。
その様子を吾作と、縁の下に住むアナグマの子供がじっと見ています。
今度こそ糸桜の子供が出来るといいな。

取り木(とりき)とは、人工的繁殖方法の1つで、 茎の途中から根を出させ、そこを切り取ることで新たな株を得る方法です。

b0145296_14251306.jpg
b0145296_14251733.jpg
b0145296_14251990.jpg
b0145296_14252169.jpg
b0145296_14252426.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-24 06:00 | 吾作
朝の光を浴びた麦秋
昨日は前日の雨も上がり爽やかな朝でした。
収穫前の麦がここだけ秋です。
輝く麦秋は今だけの風景です。
残った雲が消える頃は、もうすっかり初夏。
暑くなってきましたね。

b0145296_13141013.jpg
b0145296_13100677.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-05-23 06:00 | 吾作