<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
信濃守が榊原城主でした
榊原の地名は、この地に自生する「榊」を神宮で使われたことから「榊原」と呼ばれるようになったと伝わっています。
そして時代は下り南北朝のころ、仁木氏がこの地に城を築き、姓を知名に合わせて「榊原氏」が誕生しました。
三河(愛知県)に渡った榊原氏からは徳川四天王の康政が誕生し、榊原の名を天下にとどろかせました。
地元に残る榊原氏は、武家官位である「信濃守」が与えられ、初代榊原城主が榊原信濃守興経(しなののかみおきつね)で、市指定の文化財「射山神社棟札」や榊原城縄張図などに「信濃守」が確認されます。
興経から少し後の藤三郎が死去のとき、城から戌亥(北西)の方角に埋葬し林性寺を菩提寺として開基しています。
林性寺西側の墓地には藤三郎とされる墓石と、少し離れてその末裔「きしゑ」さんの墓石があり、地元の榊原姓はなくなりました。

b0145296_18282411.jpg
b0145296_18282840.jpg
b0145296_18283152.jpg
b0145296_18283968.jpg
b0145296_18284574.jpg
b0145296_18284989.jpg
b0145296_18285203.jpg
b0145296_18285740.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-31 06:00 | 吾作のものしり箱
路地植えしたらどんどん増えるトケイソウ
3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見える花を咲かせるトケイソウ。
だからその名も時計草。
1区のU川さんが「咲いた」と連絡があって、見に行きました。
おしゃれな時計です。
植木鉢で育てていたけど、路地植えしたら困るほど増えだしたそうです。
もしサマータイムが実施されたらどうなるのか、この花は戸惑うんじゃないのかな。

b0145296_19113306.jpg
b0145296_19073554.jpg
b0145296_19073973.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-30 06:00 | 吾作
馬喰わずの別名を持つセンニンソウ
センニンソウは有毒植物で牛や馬は絶対に食べない、アセビみたいですね。
花だけを見るとすごく可愛い、ひ弱な感じですが、木に巻き付くとどんどん登っていき、またツルを垂らして新しい住み家を探しています。
巻き付かれる木にとっては困ったものですが、花言葉は「あふれるばかりの善意」ですって。
善意って、なんだ?
センニンソウの葉は扁桃腺によく効くという民間療法もあり、役だっているんです。

b0145296_13271678.jpg
b0145296_13271939.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-29 06:00 | 吾作
美味しい水で高温対策
残暑いまだ衰えず、昨日は暑かったですね。
日陰を探し水分補給を忘れないように。
榊原の水道は榊原の山から流れるきれいな水を、榊原の人が管理する浄水場を経て各家々に配水されています。
その源流は榊原自然歩道沿いにあるのです。
登り詰めた笠取山から、森林浴をしながら河内谷(こちだに)を流れてくるのです。
集落の少し上流で給水して貯水場、そして浄水場です。
榊原温泉に来られるお客様にも、温泉とこの美味しい水でおもてなしされています。

b0145296_22315694.jpg
b0145296_22320662.jpg
b0145296_22321179.jpg
b0145296_22321592.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-28 06:00 | 吾作
昨夜は一区の夏祭りで賑わう
榊原第一区の愛宕社の小会式で宝林寺に集まり、夏祭りを楽しみました。
まだ明るさが残る夕方6時半から子供たちの人気の屋台が開店、7時から子供みこしで賑やかに祭りの始まりです。
昔から伝わる郷土芸能「手たたき踊り」が始まり、音頭取りと踊り子の掛け合いなど楽しい踊りです。
そしてみんなが知っている炭坑節や榊原温泉音頭などの民踊で、踊りの輪もだんだん大きくなります。
最後は南の夜空にパンパンと花火が上がり、今年の夏祭りが終わりました。
榊原の夏祭りは各区で行われ、残すは4区の薬師さんの夏祭り(9月9日)のみとなりました。

b0145296_22122406.jpg
b0145296_22122817.jpg
b0145296_22123156.jpg
b0145296_22123566.jpg
b0145296_22124011.jpg
b0145296_22124439.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-27 06:00 | 吾作
秋の取り入れが始まりました
台風19号、20号と台風が去った後、榊原の田んぼではコンバイン(刈り取り脱穀機)が活動し始めました。
稲の取り入れも機械化されたとは言え、まだまだ残暑は厳しく、どうかお体には気をつけてお励みください。
これも榊原温泉の秋の風物でございます。

b0145296_18453160.jpg
b0145296_18453489.jpgb0145296_18452118.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-26 06:00 | 吾作
榊原信濃守塚跡碑の除幕
先月工事が完了した榊原信濃守塚跡の碑を少しでも広く知ってもらおうと、除幕式が昨日実施されました。
集まった人たちは、地域の自治会長さんら各種団体の代表の方たち30名ほどで、碑の除幕をされた後、射山神社宮司のお祓いを受けました。
元々この地に、射山神社一ノ鳥居跡に並び、榊原信濃守塚があったという記録の下に碑が建立されたものです。
場所は榊原幼稚園のすぐ東です。

b0145296_17460741.jpg
b0145296_17461123.jpg
b0145296_17461596.jpg
b0145296_17461890.jpg
b0145296_17462232.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-25 06:00 | 吾作
まだまだ元気なムクゲの花
7月ごろから咲き出していたムクゲも、まだまだ美貌を振りまいています。
花期は長く7月から10月ごろまで咲き続けます。
花の咲く期間はサルスベリにも負けないほどですね。
無事20号は通過しましたが、今年は台風の当たり年のようです。
まだ8月です、ご用心、ご用心。

b0145296_16193069.jpg
b0145296_16193370.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-24 06:00 | 吾作
ヤマボウシの実
昨日は台風19号の影響もなく、暑さをぶり返していました。
梅雨のころ白いヤマボウシが、こころ和らげてくれました。
ほとんど葉を落としてしまったヤマボウシの枝を見上げると、たくさん実を付けています。
ヤマボウシの実はジャムや果実酒にも使われますが、そのままでも美味しく食べられます。
そのうちにヒヨなどが見つけることでしょう。
でも台風の影響か、今日は朝から雨・・・

b0145296_16093131.jpg
b0145296_16095145.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-23 06:00 | 吾作
お宮さんの大木
恋のパワースポットとしても人気のある射山神社。
神社境内(手水所と鳥居の間)に道路が開通したのは、今から100年ぐらい前のことです。
その頃すでに大木だっただろう木の根が、道路で削られた急斜面に露出しています。
半分の根で支えているんでしょう。
子供のころは道路ももっと狭く、夕方はもう暗かった。
そんなころ、ここを通るのがいやだったことを思い出します。
最後の写真は、道路から見上げた大きな根っこです。
パワーを感じます。

b0145296_08413077.jpg
b0145296_08413355.jpg
b0145296_08413876.jpg
b0145296_08414217.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-22 06:00 | 吾作