<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
赤いトマトも花は黄色
八百屋さんには年中売っているトマトも今が旬です。
畑で黄色い花を咲かせているのはトマトの花です。
採られないようにか、茎には針のような毛が生えてセキュリティーは万全。
花が終わると緑のトマト。
これからだんだんと赤くなってきます。
交通信号?
完熟を待って井戸水で冷やすのがよろしいでしょう。

b0145296_15583175.jpg
b0145296_15090004.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-30 06:00 | 吾作
きれいな花に要注意
休耕田に一瞬にして広がって、咲いた花がまたきれい。
昨年まではなかったのに・・・
近くで見ても、遠くから見てもきれいな花ですが要注意の外来種、ナヨクサフジという草です。
セイタカアワダチソウのようにアレロパシー作用があって、ほかの植物を凌駕して広がる困ったちゃんのようですよ。

b0145296_14544238.jpg
b0145296_14544634.jpg
b0145296_14544914.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-29 06:00 | 吾作
ベニシジミはヒメジョオンとお友だち
ベニシジミを漢字で書くと紅小灰蝶だそうです。
漢字だとちょっと読めません。
ベニシジミは春から秋にかけて、よく見かる可愛いチョウですね。
春は春型、夏は夏型となって少し色が違います。
春はあかるい赤橙色ですが、夏には黒っぽい赤橙色をしています。
ヒメジョオンの白い花とのコントラストがきれいですね。

b0145296_21534785.jpg
b0145296_21535685.jpg
b0145296_21540039.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-28 06:00 | 吾作
生まれたてのチョウチョさん
休耕田の中の雑草に黄色いチョウ白いチョウが遊んでいます。
上下左右、不規則な飛び方で写真に撮れない。
写ったと思ってもチョウか何かわからない。
ま、ゆっくり止まったチョウチョさんを撮しておこうと、あきらめた写真です。

b0145296_21320161.jpg
b0145296_21320500.jpg
b0145296_21341949.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-27 06:00 | 吾作
「まつり」がだんだんはっきりと
今月10日にたくさんの人たちに植えてもたっら田んぼアート、今年のテーマは「まつり」です。
田んぼの絵もかなりくっきりと見え出しました。
この梅雨が明けると暑い夏。
夏は団扇片手に夏祭りです。
また秋にはかんこ踊りが秋祭りに奉納されるそうですよ。
「まつり」楽しみにしましょうね。

b0145296_16302974.jpg
b0145296_16303458.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-26 06:00 | 吾作
ホタルはいなくても「蛍灯」
スーイ スーイと涼しげに飛び交っていたホタルさんも、別れを告げて去って行きました。
でも榊原温泉「蛍灯」は続いています。
各旅館ではホタルをイメージしたイルミネーションやおもてなしは続いています。
ロビーには今月いっぱい七夕笹飾りが立てられて短冊も準備されています。
恋のパワースポットになっている射山神社では夜、蛍イルミネーションが点灯して「芭蕉の小径」が夜の散策道になります。(写真下)
また参拝された方々には「恋占い花火」のプレゼントがあり蛍灯の最終日(7月7日)には夜7時30分から境内で「七夕飾り祈願」と「コンサート」があります。
そしてこの日は射山神社で、女性限定先着7名の方に伊勢木綿の着物を着てコンサートを聴いていただくことも出来るのです。
着付けは無料、記念写真付きで受付は18:00から射山神社で行います。
7月7日は射山神社ですよ。

b0145296_10320149.jpg
b0145296_16072799.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-25 06:00 | 吾作
カルガモ一家のピクニック
//速報// ホタルさんからの連絡です。
 楽しみにしていただいていたホタル観賞はホタル不足により終了します。
 また来年の6月は子供を連れて戻ってきますので、どうかお楽しみに

ホタルさんに代わってカルガモさんのお出ましです。
毎年来てくれるカルガモなのか、家族もずいぶん増えました。
ここは人も来ないしのんびり出来るよ。
ごちそうは田んぼの中にあるから勝手にお食べ。
畦にずらっと並んだカルガモ家族は10羽いました。

b0145296_17254626.jpg
b0145296_17255190.jpg
b0145296_17255593.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-24 06:00 | 吾作
これも農業用水だよ
足下を田んぼに向かって急いで流れる水路、表情を変えながら流れます。
昔はもっともっと道草をしながら、ウグロ(もぐら)の穴から流れ落ち、田んぼに到着しない水もたくさんありました。
吾作の子供のころはモロコやフナ子、ドジョウなどがよく捕れて台所のザルを持ち出しては叱られたものです。
時代が変わるとコンクリートやU字溝で一滴も漏らさない水路になり、効率よく水田を満たしてくれます。
反面、魚たちは住みにくくなりました。
でも吾作には楽しみを作ってくれています。
ちょっと畦から伸びた草が水の流れを振るわせたり、バッタの子供が泳いだり、水路に砂などが溜まるとシジミやカワニナが生活しています。
榊原の水はきれい、こんな水でお米も作られるんですよ。

b0145296_07034211.jpg
b0145296_07034697.jpg
b0145296_07035054.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-23 06:00 | 吾作
梅雨空にサクロの花が鮮やかに
「円熟した優雅さ」がザクロの花言葉だそうです。
鮮やかな朱色の花が美しく、咲き出して一月ほど経ちます。
じっくり咲くので「円熟」なのでしょうか。
花の後には秋に実る小さな実が残ります。
暗い梅雨空を明るくしてくれます。

b0145296_10030769.jpg
b0145296_10031609.jpg
b0145296_10032064.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-22 06:00 | 吾作
カラスの鬼ごっこ
田んぼの畦に黒いかたまりが・・・と、思っていたら2羽のカラスが寄り添っていたのです。
ツバメも黒の燕尾服を着ていますが、カラスは全て黒です。
見ていると同時に2羽が飛び立ったのでカメラを向けると、そんなに離れることなく低空飛行です。
しばらくすると2羽の距離が少しずつ開き「ここまでおいで」と先頭は高度を上げました。
「負けました、まってー」を跡を追って山の方に飛んでいきました。
カラスのカップルが鬼ごっこをしてたようです。

b0145296_13503974.jpg
b0145296_13504382.jpg
b0145296_13504709.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-21 06:00 | 吾作