<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
どうかよいお年を
その年の世相を表す字、今年の漢字は「北」でした。
榊原温泉は伊勢神宮参拝のお清めの湯として開かれた温泉。
「北」にあやかり、榊原温泉は「温泉の北極星」を目指して新年を迎えましょう。
神社では年越え参りや初詣の準備が整っています。
またお寺では除夜の鐘を静かに待っています。
この一年、大変お世話になりました。
どうかよいお年をお迎えくださいませ。

b0145296_10065698.jpg
b0145296_10070096.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-31 06:00 | 吾作
門松飾りも整いました
お正月に来ていただくお正月の神様、年神様に迷うことなくお越しいただくよう門松が立てられます。
お客様は神様です。
新年のお客様には、どうぞ門松を目印にお越しくださいませ。
榊原温泉の各旅館にも門松の準備が整いました。
初浴み(はつあみ)はぜひ榊原温泉へ。

b0145296_15544852.jpg
b0145296_15545272.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-30 06:00 | 吾作
ペッタンペッタンお餅つき
餅つきは昔からお正月を迎える大切な行事のひとつです。
でも杵と臼でのお餅つきは、最近ではほとんどがイベントの出し物になってしまいました。
写真は近所のM田さんちの餅つきです。
ペッタンペッタンの音は昔人には懐かしい。
昨日は黒い雲に少しばかりの青空が見える寒い日でした。

b0145296_15340585.jpg
b0145296_15340874.jpg
b0145296_15341153.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-29 06:00 | 吾作
榊原温泉にも雪がちらつく
昨日の朝7時前の天気予報で岐阜も名古屋も雪が積もって・・・と言ってるけどと、窓から外を見るとチラホラ。
あれ、榊原も雪か。
じゃ撮してこようとカメラを持って家を出ると風がピューピュー。
寒い朝でした。
陽の当たらないところで少し白くなっているところもありました。
おーっ、初雪。

b0145296_15092025.jpg
b0145296_15092350.jpg
b0145296_15092859.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-28 06:00 | 吾作
赤い実は金で勝負
小鳥たちに運んでもらおうと、赤い実は色で勝負か、味で勝負か。
いやいや、この世は金次第です。
ナンテンやツルウメモドキの上を行くセンリョウ・マンリョウです。
小鳥たちも千両万両を積まれれば気が変わるのでしょうか。
猫に小判とも言いますね。
(1枚目の写真はセンリョウ、2枚目3枚目がマンリョウです)

b0145296_18441659.jpg
b0145296_18442090.jpg
b0145296_18442533.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-27 06:00 | 吾作
ツルウメモドキが赤い実を
赤い実を運んでもらおうと小鳥たちにおしゃれをするツルウメモドキです。
小鳥たちもこの時期は赤い実がその辺で呼んでいて、どれにしようか迷っているようです。
植物も子孫を残そうと必死です。
赤い実は色で勝負か、味で勝負か。
少子高齢化にならないよう一生懸命がんばるツルウメモドキです。

b0145296_18334700.jpg
b0145296_18335145.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-26 06:00 | 吾作
善助さんを探そう
善助さんとは伊賀出身の榊原温泉の復興功労者、田中善助翁です。
先日、ブログ「不易庵」の執筆者・I室さんが榊原での善助さんを調べに来られ、ご一緒させていただきました。
善助さんは温泉復興のシンボル旅館「神湯館」のオーナーとして晩年を過ごされました。
当時の神湯館は金閣寺を模した大浴場があり、その屋根には鳳凰が羽ばたいていました。
それは現在「温泉保養館「湯の瀬」の浴場屋根にありますよ」とご案内しました。
また館内には立体的に彫り上げた善助翁の額もあり、写真を撮らせて戴きました。
額の下部には「榊原温泉復興功労者 田中善助翁像 三重県上野市出身 安政5年ー昭和21年」が記載されてました。

b0145296_22124560.jpg
b0145296_22124841.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-25 06:00 | 吾作のものしり箱
新年を迎える準備
昨日の午前中は風もなくお天気に恵まれ、氏神さまの大掃除にふさわしい日でした。
氏子30人ほどが神社に集まり、それぞれが手分けをして綺麗になりました。
大晦日の晩には11時ごろから境内にかがり火が焚かれ、年越し詣の参拝者が集まります。
その前に今夜はクリスマスイブでしたね。
お風邪など引かれないように。

b0145296_14581272.jpg
b0145296_14581763.jpg
b0145296_14582034.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-24 06:00 | 吾作
ユズの対話
「おまえも向こうばかり向いてたから分からんかったけど、こっち向くとひどい顔だな」
『おまえこそ何だ、ユズはきれいでないと人に嫌われるぞ』
これは昨夜、冬至のユズ湯にも使ってもらえず、枝に残ったユズの会話でした。
まだまだこれから鍋料理には欠かせないユズです。
顔よりも味だ、気長に待つんだよ。
今日は天皇誕生日、国旗を立てましょう。
吾作はこれから氏神さまの大掃除に行ってきます。
b0145296_15572812.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-23 06:00 | 吾作
今日は湯治
今日は太陽の位置が1年で最も低くなる日で冬至ですね。
カボチャを食べ柚子湯に浸かる、健康のためです。
入浴はもともと厄払いのための禊(みそぎ)だといわれ、ななくりの湯・榊原温泉は伊勢に神宮が祭られてから湯垢離(ゆごり)として参宮前の禊の温泉でした。
その後、江戸時代になるとお伊勢参りが流行りだし湯垢離と言うより湯治に利用されてきました。
どうぞ冬至には榊原温泉で湯治をされ、寒さを乗り切ってください。
(温泉の写真は旅館からお借りしました)

b0145296_22073268.jpg
b0145296_22073913.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-12-22 06:00 | 吾作