ホトトギスの花とつぼみ
花の形から、たぶん他所の国からの渡来かと思うけど、ホトトギスは日本の特産種だそうです。
鳥のホトトギスは鳴き声が聞こえなくなったけど、花のホトトギスはまだ咲いています。
花のホトトギスは杜鵑、鳥のホトトギスは不如帰ですが、漢字で書かれるといずれも読めませんな。

b0145296_13362086.jpgb0145296_13362465.jpgb0145296_13362781.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-19 06:00 | 吾作
秋に花咲くお茶の木
今月になってお茶の花が咲き出しました。
花はツバキに似てますが、それもそのはずでツバキ科ツバキ属、まるきりツバキみたいですね。
日本人の飲み物はお茶、いちばんなじみがありますが、いつ頃からかな?と調べてみると・・・
平安時代初期に編纂された「日本後紀」に、弘仁6年(815年)4月、嵯峨天皇が大津へ行かれたとき、永忠というお坊さんがお茶を煎じて献上したとあります。
日本人、お茶と共にですね。日本の虫も・・・

b0145296_11280645.jpgb0145296_11281115.jpgb0145296_11340815.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-18 06:00 | 吾作
ヒメジョオンも外国から
春にはハルジオンが咲き、少し遅れてヒメジョオンが夏から秋にかけて咲いてくれます。
可愛い菊のようで日本の花かなと思っていたら、侵入生物の中にあるのです。
江戸時代末にアメリカから渡来し、もう明治の初めには雑草化しているそうです。
そういえばどこにでも咲いてますね。

b0145296_09055013.jpgb0145296_09055313.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-17 06:00 | 吾作
秋の七草に仲間入り?
この辺りに出没したのが50年ほど前でした。
見たこともない黄色い花が咲き並び、きれいだなと眺めていたことを思い出します。
その黄色い花はセイダカアワダチソウと言い、よくない外来種だとか。
また繁殖がすごく、ススキがつぶされる勢いです。
あまり歓迎されなかったセイダカアワダチソウも日本の自然界に馴染んできたのか、ススキとも共存する秋の花になっています。
秋の七草にふさわしいほどですが、七草には定員があるので無理なようですね。

b0145296_08053780.jpgb0145296_08054099.jpgb0145296_08054442.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-16 06:00 | 吾作
案山子はできましたか?
榊原温泉 秋の収穫祭「かかしコンテスト」作品の応募締め切りが迫ってきましたよ。
今年のテーマは「スポーツ」秋にふさわしいですね。
応募締め切りは10月31日(水)午後5時厳守、エントリー票を添えて榊原農民研修所までにお届けください。
まだ間に合います。

b0145296_20335249.jpgb0145296_20335714.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-15 06:00 | 吾作
みんなの場所はみんなできれいにしましょう
昨日は老人クラブの奉仕作業で、各地の公共施設の除草です。
吾作の担当場所は宝林寺。
ここは一区の会所寺で集会所を兼ねています。
夏祭りや区の会合などはここで行うのです。
きれいにしなくっちゃ。

b0145296_10283835.jpgb0145296_10284285.jpgb0145296_10284431.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-14 06:00 | 吾作
純白が気品を感じるホワイトジンジャー
原産地はインドからマレーシア方面で、日本へは江戸時代に渡来したそうです。
和名はハナシュクシャ(花縮砂)、またの名をジンジャーリリーと呼び、白いのをホワイトジンジャー。
ハワイで結婚式を挙げるときに、花嫁の首にいくつものホワイトジンジャーのレイがかけられとか。純白が喜びの日に相応しいからでしょう。
それがこの写真、草の中に掃き溜めに鶴よろしく咲いたものです。
もったいない。

b0145296_09361509.jpgb0145296_09361841.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-13 06:00 | 吾作
みーつけた
ずーっと鳴いていた秋も虫、夜目には弱い吾作ですが、明るくなれば見つけやすい。
夜更かしが過ぎて、ぼけーっとしているのはコオロギさんです。
明るくなれば吾作の勝ち。

b0145296_10202780.jpgb0145296_10203024.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-12 10:00 | 吾作
かくれんぼは吾作の負け
このところ、夜の窓の外は秋の虫の合奏です。
懐中電灯とカメラを持って、鳴き声のする草原(くさはら)をじっと見るのですが、いない。
もっと・・・と、近づくと鳴き止んでしまう。
鳴かないと、どこにいるか見当が付かない。
虫ハントは吾作だけではなく、クモやカタツムリもじっと虫を待っています。
結局見つからず、草原コンサートは聴くだけがよさそうです。

b0145296_19113960.jpgb0145296_19114362.jpgb0145296_19114754.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-12 06:00 | 吾作
秋のおしゃれが始まりました
少し色づいたハナミズキの葉に朝日が当たると見違えるほどきれいです。
赤い実はより赤く、そして次のつぼみは目立たないよう色は控えています。
これから紅葉が少しずつ始まります。
秋が楽しくなります。

b0145296_17290426.jpgb0145296_17290951.jpgb0145296_17291309.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2018-10-11 06:00 | 吾作