人気ブログランキング |
2020年 01月 14日 ( 1 )
中ノ山に残るトンド
トンドとは左義長、ドンドのことです。
年が変わった元日の朝、年神さまがお越しになりお正月が始まります。
そして14日のトンドの火に乗って年神さまはお帰りなるのです。
その翌日は私たちのお正月で小正月となり、小豆がゆで祝います。
前日のトンドに使った雌竹と雄竹を持ち帰り小豆がゆを焚くのが榊原の風習だったのです。
このトンドが残っているのは榊原第4区の中ノ山地区だけになりました。
そして開催日も14日の直近の休日となって、昨夕行われました。
集まった人たちは八幡さまにお参りをして、トンドが始まります。
燃え尽きた火の周りに人は集まり古老たちの昔話が若者へと引き継がれていきます。
伝統の行事、いつまでも残したいね。

中ノ山に残るトンド_b0145296_09470573.jpg
中ノ山に残るトンド_b0145296_18515863.jpg
中ノ山に残るトンド_b0145296_18520173.jpg
中ノ山に残るトンド_b0145296_18520426.jpg
中ノ山に残るトンド_b0145296_18520711.jpg
中ノ山に残るトンド_b0145296_18521016.jpg

by sakakibara-onsen | 2020-01-14 06:00 | 吾作