人気ブログランキング |
2019年 09月 12日 ( 1 )
上を見るだけで楽しめる秋の空
上行くと下来る雲や秋の空 /凡兆
凡兆(ぼんちょう)とは野沢凡兆で芭蕉さんとも縁のある江戸時代の俳人で、秋の空を詠んだ句です。
秋は空が楽しい。
よくもこんなに大空をデザイン出来るものだ、と感心していると・・・
うろこ雲をバックに飛行機が飛び、シラサギが飛んでいきます。
そして雲が虹色、彩雲(さいうん)です。
足下も楽しいが空も楽しい榊原の里です。

b0145296_08323660.jpg
b0145296_08323979.jpg
b0145296_08324270.jpg
b0145296_08324656.jpg
b0145296_08502865.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-09-12 06:00 | 吾作