人気ブログランキング |
2019年 01月 29日 ( 1 )
昔のように炭を焼く
田で米を作り、山では燃料を調達して生活していました。
米の取り入れは初冬まで続き、山に入るのはそれからです。
冬の間、里山から炭焼きの煙があちこちから上がっていましたが、戦後間もなくその風景もなくなりました。
でも、炭焼き小屋をひとつ見つけました。
まだまだ現役、数日前まで使われていた様子です。

b0145296_08314903.jpg
b0145296_08315288.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-01-29 06:00 | 吾作