2018年 08月 31日 ( 1 )
信濃守が榊原城主でした
榊原の地名は、この地に自生する「榊」を神宮で使われたことから「榊原」と呼ばれるようになったと伝わっています。
そして時代は下り南北朝のころ、仁木氏がこの地に城を築き、姓を知名に合わせて「榊原氏」が誕生しました。
三河(愛知県)に渡った榊原氏からは徳川四天王の康政が誕生し、榊原の名を天下にとどろかせました。
地元に残る榊原氏は、武家官位である「信濃守」が与えられ、初代榊原城主が榊原信濃守興経(しなののかみおきつね)で、市指定の文化財「射山神社棟札」や榊原城縄張図などに「信濃守」が確認されます。
興経から少し後の藤三郎が死去のとき、城から戌亥(北西)の方角に埋葬し林性寺を菩提寺として開基しています。
林性寺西側の墓地には藤三郎とされる墓石と、少し離れてその末裔「きしゑ」さんの墓石があり、地元の榊原姓はなくなりました。

b0145296_18282411.jpg
b0145296_18282840.jpg
b0145296_18283152.jpg
b0145296_18283968.jpg
b0145296_18284574.jpg
b0145296_18284989.jpg
b0145296_18285203.jpg
b0145296_18285740.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-08-31 06:00 | 吾作のものしり箱