2018年 04月 30日 ( 1 )
射山神社に御鏡が輝いています
かけまくもかしこき・・・
申し上げるのも畏れ多いことですが、旧本殿に保存されていた御鏡(みかがみ)が拝殿正面にお姿を表されました。
神社の起源は定かではありませんが、伊勢神宮へお参りの前に湯垢離(温泉でお清め=みそぎ)をされていたころですから、1500年は有に越えていると思われます。
その当時は温泉の神さま、オオナムチノミコトとスクナヒコナノミコトが祭神とされていたようですが、江戸時代に分かることは別宮四社が加わっています。
さらに明治43年に榊原村内すべての神社が合祀されて村社射山神社は現在に至っています。
この御鏡には合祀された記念に奉納されたことが裏面に刻まれております。
拝殿から拝むことは出来ますが、裏面までは見ることが出来ませんので、宮司さんの許可を得て写真で紹介させて頂きます。
かしこみかしこみももうす・・・

b0145296_09041050.jpg
b0145296_09041372.jpg
b0145296_09041798.jpg
b0145296_09042165.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-04-30 06:00 | 吾作のものしり箱