2018年 04月 06日 ( 1 )
榊原温泉さくら情報
江戸時代から温泉のシンボル桜「イトザクラ」も少しの枝を残し咲き終えました。
垂れ下がった枝には若葉に混ざって、咲き残った花が淡いコントラストを作っています。
またこの頃から始まるたくさんのコイが春の風を受けて泳ぎ出しました。
明日の土曜日は日帰り温泉「湯の瀬」多目的広場を会場に「榊原温泉さくら祭り」が開催されますが、お天気がちょっと心配です。
広場の一角に足湯もございます、足美人になってください。
里山はもう淡い緑の新芽で風景も変わってきました。
そして田んぼではもう農作業も始まりまっています。
榊原温泉の桜、まだ探せば楽しめますよ。

b0145296_17430558.jpg
b0145296_17430906.jpg
b0145296_17431239.jpg
b0145296_17431623.jpg
b0145296_17432001.jpgb0145296_08453980.jpg
b0145296_17432845.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-04-06 06:00 | 吾作