2011年 08月 31日 ( 1 )
田刈り その2
稲を刈るのに昔は稲刈り鎌を使いました。
今はコンバインといって一気に脱穀までもやってのける優れものです。
でも台風や雨で倒れてしまった稲は鎌を使って一株ずつ刈ります。
稲刈り鎌の歯は三日月型に曲がりノコギリのような目が付けてあります。
だから切るときには「ジョキッ」と音がします。
コンバインで刈れないところは写真のように「ジョキッ」とやるのです。
営農されている方はたいへんですが、眺めるにはのどかで癒されます。
飾り気のない榊原温泉にとけ込んだ風景ですね。

b0145296_7154449.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-08-31 07:13 | 吾作