人気ブログランキング | 話題のタグを見る
朝を喜ぶ休耕水田
霜が溶けた後はたっぷり露を含んだ小さな草が輝いています。
まだ荒鋤き(あらすき)もされていない水田です。
水たまりには氷が張ったり、つかの間の自然です。
少し水温むころになると稲作作りの準備が始まります。
寒の間の一休み。

朝を喜ぶ休耕水田_b0145296_21423904.jpg
朝を喜ぶ休耕水田_b0145296_21424248.jpg

by sakakibara-onsen | 2019-01-18 06:00 | 吾作
<< 柵の中で育つダイコン 里を見下ろす旅館の窓 >>