何とか見えた十五夜さん
昨日は雲がだんだん広がり、中秋の名月が見られるか心配でした。
「やうやう白くなりゆく山ぎわ・・・」これは枕草子の朝ですが、昨夜は、暗くなって山と空の境が分からなくなった7時過ぎ、その空の部分に雲が白っぽく見えて、やうやう白くなりゆく山ぎわは月の光でした。
少し晴れるといいなと思っていたら、雲の薄い部分から十五夜さんの輪郭が少しずつはっきりと見えてきました。
今年も中秋の名月、十五夜さんにお会いできました。

b0145296_19423862.jpg
b0145296_19424381.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-09-25 06:00 | 吾作
<< 白芙蓉が次から次へ 天高く運動会 >>