カタツムリの夜の散歩
でんでんむしむしカタツムリはねばねばした液体で体の周囲を保護しており、乾燥をふせいでいます。
だから湿気が多い時は、カタツムリは元気よくはいまわるんです。
でも、雨は苦手で、雨が触角の先にある目に当たると、触角を引っ込めて、じっとしている。
と言うのですが、雨の夜に葉っぱで雨よけはしてますが、長い角を出して散歩していました。
そう、夜です。
カタツムリは夜行性なんですね。

b0145296_08580707.jpg
b0145296_08581533.jpg
b0145296_08581875.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-09-15 06:00 | 吾作
<< アマガエルも夜行性 ヒガンバナのテスト咲き >>