田んぼにはアオサギ
猛烈な暑さが続きます。
麦の収穫の後、米粉用に植えられた水田にはカルガモがたくさん来ていましたが、稲もずいぶん背が高くなり飛来する鳥たちは首の長いサギの仲間たちしか見えません。
この辺りで見る一番大きなサギはアオサギです。
その中にダイサギも混じっています。
ダイサギはいわゆる白鷺の中で一番大きいサギです。
ちょっと白いアオサギも「おまえよりもっと白い、きれいだな」と眺めています。
サギたちは体に似合わず臆病で、ちょっと吾作が近づいたら一斉に飛び立ちました。
その中にいないと思っていたカルガモも飛び立っていきました。
平和な水田に吾作の侵入で悪りいことしちゃった。

b0145296_09043514.jpg
b0145296_09043822.jpg
b0145296_09044359.jpg
b0145296_09044947.jpg
b0145296_09211977.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-07-21 06:00 | 吾作
<< 猛烈な暑さに日の用心 暑さ歓迎のイチジク >>