雑草と化したカタバミも昔は人気
完全に雑草としてその辺にはびこるムラサキカタバミですが、憎めないきれいな花を咲かせています。
カタバミは「五大紋」のひとつに数えられている酢漿草紋(かたばみもん)で、人気のある家紋です。
一度根付くと根絶に困るほどの繁殖から、「家が絶えない」とか「子孫繁栄」の意味を込めて、縁起担ぎの家紋の図柄にされたようですよ。

b0145296_16342897.jpg
b0145296_16343114.jpg
b0145296_16343554.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-06-05 06:00 | 吾作
<< ドクダミを十薬というが 今年もホタルが多い >>