七重八重と咲き出したヤマブキ
ヤマブキの花が鮮やかに咲きました。
花の色が黄金に似ていることから、黄金色(こがねいろ)とも呼ばれ、江戸時代には賄賂(わいろの)小判がヤマブキと呼ばれましたね。
時代が変わるとコンニャクとかレンガ、さらに座布団1枚。
ははは、わが家はせいぜい諭吉さん1枚です。

b0145296_09213251.jpg
b0145296_09213507.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2018-04-09 06:00 | 吾作
<< 桜終われば新緑 さくら祭り無事終える >>