大神宮さんへ滞りなく榊原温泉を献湯
第7回榊原温泉「献湯祭」が昨日行われ、1500年前から神宮の御祓に使われてきた「宮の湯」こと榊原温泉を内宮に献湯しました。
前夜の雨も上がって好天に恵まれ、参加者一同は射山神社でお祓いを受けて神宮に向かいました。
神宮神職に導かれ宇治橋を渡り宮の湯を運ぶ行列は参道を進みます。
いくつか大鳥居をくぐり、神楽殿で射山神社の巫女(小学生)が神宮神職に手渡しました。
この後、御神楽と御垣内参拝を済ませ無事に献湯の儀を終えました。

b0145296_20492755.jpg
b0145296_20493732.jpg
b0145296_20494892.jpg
b0145296_20495873.jpg
b0145296_20501185.jpg
b0145296_20503294.jpg
献湯祭ご一行、笑顔いっぱい。
b0145296_20514223.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-06-07 06:00 | 吾作
<< 田んぼアートの田植えが賑やかに 榊原温泉は科学的にあの龍神温泉を凌ぐ >>