人気ブログランキング |
師走の里山散歩
冬の里山はほとんど草もなく山が呼んでいます。
榊原第一区の丸ケ谷から八知山に抜ける伊賀吸(いがずい)の谷を登りました。
おそらくこの道は八知山から上山(かみやま)、カリキドを通り笠取山越えで伊賀への道だったのでしょう。
細長い谷も猪や鹿に荒らされるために軽トラから向こうは1枚の田んぼがあるだけで、それからはまったくの休耕田となっています。

b0145296_1325659.jpg
この谷は天水での水田で全部の田を潤すだけの溜め池はありません。
それでも少しでも水の確保をと小さな溜め池も残っていますが、猪はもっと小さな風呂がいいとその向こうに小さな猪風呂がありました。

b0145296_138952.jpg
カタカタと大きな音がするので後ろの谷を見ると檻の中になにかいる。

b0145296_1310647.jpg
あれあれ鹿さんだ、可哀想だけど出してあげられないよ。

b0145296_13134244.jpg
植林された里山を登ると笹は鹿に食べられほとんど葉がなくなっています。
鹿たちも食糧不足、だから里に下りてくるんだ。

b0145296_13144629.jpg
そしてこれが里山での楽しみ、山の神さまが作ったのでしょうか自然のオブジェ。

b0145296_13161676.jpg
by sakakibara-onsen | 2014-12-26 06:00 | 吾作
<< 新年を迎える準備 今日はクリスマス >>