ホトトギスが咲く
ホトトギスが鳴くというと、あの夏鳥のホトトギスになります。
夏は昼と言わず夜でも大きな声で「きょきょきょきょきょ」と鳴いています。
でもその鳴き声が聞こえなくなると、ホトトギスの花が咲きます。
この花も鳥と無関係でもないようですよ。
この花の柄が鳥のホトトギスの胸の模様が似ているところから付いたとか。
鳥のホトトギスは「不如帰」と書きますが、この花は「杜鵑草」と書いてホトトギスと読むんだそうです。

b0145296_14403357.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-10-11 06:58 | 吾作
<< 紅葉始まる 吾作の草刈り >>