人気ブログランキング |
安全立て札
年度が替わり、早朝から一の坂の猿山で地域の安全についての協議が行われ、道路など目に付きやすい個所に立て札が立てられました。
かねてから獣害に困る農家や通学の子供たちの家庭からシカやイノシシの被害で苦情が寄せられており、協議会を組成して対策を話し合っていました。
そして今朝、獣総元締めの古猿(さるのいえやす氏)と獣害防止協議会会長(木津井太郎氏)との話し合いが持たれ、田や畑に張られた電柵には入らない等7項目の住民側の要望と、山に住む動物が道を横切るとき車も注意してほしい等、彼らの要望をお互いに受け入れて、それぞれ担当の部署で立て札を立てたり周知活動に入りました。
この立て札は安子谷地区に立てられたもので、シカやイノシシに注意と書くより人間には「子ども」の文字の方が反射的に目に付きやすいと、親の会とPTAが立てました。
少しでもお互いの被害をなくし、サルやシカ・イノシシらと共存したいものですね。

安全立て札_b0145296_715133.jpg
by sakakibara-onsen | 2012-04-01 07:15 | 吾作
<< 昨日のお詫びと糸桜 春の雨が糸桜を咲かす >>