赤米の穂を待つイナゴ
榊原湯の瀬フラワーガーデンに植えられた古代米(赤米)はまだ丈の長い草です。
今年は少し遅いのかな?と田んぼを覗くとイナゴがたくさん飛びたちます。
「まだかな?」と待っているのは吾作だけではなくイナゴも同じようです。
「どうした?元気ないね」とイナゴに聞くと
「みてみろ、彼女を取られた」とぼやいています。
ほんとだ。すぐ前でラブラブだ。
何?、実るまでまだ間があるからもっと子供を作るって・・・え?
狙っているのはイノシシばかりではない。
それに台風12号がこちらに向いているって・・・

b0145296_6593675.jpg
b0145296_6594914.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-09-01 07:00 | 吾作
<< 里山が噴火? 田刈り その2 >>