人気ブログランキング |
ミツバチも暑そうでした
今日は二十四節季の処暑(しょしょ)です。
処暑とは暑さが終わるという意味で、まだ昼間は暑いけど朝夕は涼しい風が吹いたりして気持ちのよくなるころです。
今年は夏の初めの日照時間が短く、稲の育ちが少し遅れていますが、そろそろ稲刈りが始まる季節となりました。
でも暑いですね。
桜の木の根元に出来た穴を住み家にしたミツバチ一家が、その周囲に重なり合うように集まっています。
デモの集会か?とミツバチ博士に聞くと、中にいる女王蜂が暑いから風を送っているんだ。とか
処暑になっても、まだまだ暑さは続くようです。

b0145296_07572174.jpg
b0145296_07504536.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-23 06:00 | 吾作
大きくなったイガグリくん
お店には梨がたくさん並んでいます。
榊原には梨はありません、でも柿に栗は昔からどこの家にもありました。
昔の榊原の子の秋の遠足には、身近にある柿と栗がお伴をしました。
一部のお金持ちの子供はキャラメルを持っていたりして・・・
今では想像も出来ないね。
小さなイガグリくんもずいぶん大きくなって、あとは実るだけです。
少しずつ秋の色が濃くなってきた榊原温泉です。

b0145296_07342274.jpg
b0145296_07342541.jpg
b0145296_07342846.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-22 06:00 | 吾作
名乗りにくい木
ちょっと草刈りを怠っているとじきに伸びてくる厄介な雑木、8月になると花を咲かせます。
ところが木や葉は薬の臭いがして臭く、イヤな木です。
でもその木に咲く花はきれいで、臭いどころか甘い香りです。
ボクは吾作だ、と名乗っても私を無視しています。
無断で写真に撮って調べてみるとクサギ(臭木)です。
臭いからクサギ、なるほど笑えます。
どうりで名前を聞いても恥ずかしくて名乗れないのだ。
ごめんね、クサギさん。

b0145296_17323235.jpg
b0145296_16371826.jpg
b0145296_16372243.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-21 06:00 | 吾作
ちょっと秋の気配
暑い暑いといいながらも窓の外では虫がよく鳴いています。
またモズも高鳴きではないけど鳴き声が聞こえます。
畑に咲いたキキョウの花も秋を感じさせます。
田んぼの溝も水の流れも緩やかで、シラサギに食べられたのかアメリカザリガニの殻だけが残されていました。
でもまだ残暑は厳しく、熱中症にはご注意ください。

b0145296_19244710.jpg
b0145296_19245064.jpg
b0145296_19245354.jpg
b0145296_19245623.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-20 06:00 | 吾作
隣町のかんこ踊り
お誘いがあって榊原のとなり、美里町の桂畑地蔵踊り(かんこ踊り)の準備作業を昨日見せていただきました。
かんこ踊りはどこも400年ほどの歴史がありそうで、桂畑も同様で古くから踊り続けられています。
榊原では一区は3年に1回、他の区では20年余り途絶えていましたが、昨年は三区が復活し今年は五区が復活踊りを秋祭りに奉納されます。
また来年は二区、その次は四区、全部揃ったところで五つの郷(区)が揃って射山神社で奉納する「五郷入り」が予定されています。
お伺いした桂畑では「清涼山洞雲寺」の境内で、毎年地蔵盆の8月24日の夜に踊られています。
今年は土曜日でにぎわうことでしょう。6時ごろからだそうです。
写真は今年新調された提灯と踊り子さんの頭に付ける飾り物です。若い踊り子さんが集まって丁寧に時間を掛けて作られていました。
毎年新しく作られるのかお聞きすると、踊りが終わると飾り物を集まった人たちに配られ、それぞれの家で丸く輪にするなりして祀られるそうです。
だからすべて新しく、弊やシデなども新しく準備されていました。
桂畑は戸数が31軒、少子高齢化の中で保存されていることに頭が下がりました。
桂畑地蔵踊り、ご盛会をお祈りします。

b0145296_17541250.jpg
b0145296_17541506.jpg
b0145296_17541702.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-19 06:00 | 吾作
台風去ってかんこの虫干し
大型の10号台風も昨日、温帯低気圧になって消えました。
また暑い日がやって来ました。
炎天下の中、榊原に昔から伝わる「かんこ踊り」の衣装などの虫干しが行われていました。
かんこ踊りは今年、射山神社の秋祭りに奉納するのは5区の踊りです。
榊原には5つの踊りがあり、踊る予定のない区では年に一回の虫干しをして、衣装や道具の管理をしているのです。
朝からカンカン照りで、わずか3時間で湿気も飛んでいきました。
こうやって400年、踊り続けられているのです。

b0145296_16020292.jpg
b0145296_16020631.jpg
b0145296_16020908.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-18 06:00 | 吾作
大丈夫でなかった台風10号
台風10号は昨日の朝、雨も止んで遠くに去って行きました。
榊原温泉にはさほど被害もなかった模様です。
いつもの雨上がりの風景ですが、田んぼに中にはすっかり横になってお休みの稲があちらこちらに確認出来ます。
ニュースにはならないけど、やっぱり被害はありました。

b0145296_16145231.jpg
b0145296_16145632.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-17 06:00 | 吾作
台風お見舞い申し上げます
大型の台風10号は、昨日四国に上陸して中国地方を縦断して日本海に抜けました。
テレビの台風ニュースではたいへんな被害を受けられた方々が報じられていました。
お見舞い申し上げますとともに、復旧復興をお祈り致します。
榊原温泉は台風から少し離れていたので、ときおり強い雨や風がある程度・・・
昨夜6時過ぎにエリアメールが届き、高齢者は避難開始をと。こんな暗くなってから高齢者は動けないよ。なんて。
でもさすが台風、夜半はよく降りました。
また74年前のことを思い出すと、今日は終戦翌日です。台風が去った今日の気持ちとは全く違います。
幼いながらも、張り詰めていた気持ちが抜けて静かだった。
アメリカは民主主義の国と言うことも知らず、奴隷の国としか教えてもらっていなかったから、私たちは奴隷として連れて行かれる。
そんな恐怖を持った日でもありました。

b0145296_08102736.jpg
b0145296_08103047.jpg
b0145296_08103309.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-16 06:00 | 吾作
要らなくなった防空ずきん
今から75年前、吾作が国民学校(小学校)に入学したとき、古い着物の生地(きじ)で母に作ってもらった防空ずきんが出てきました。
横には住所・学校名・名前が書かれた名札が縫い付けられ、内側には小さなポケットが付けてあります。大事なものを入れたのでしょう。
このころ榊原村にも空襲警報が発令され、アメリカの爆撃機B29が空を飛び、生徒は防空ずきんをかぶって急いで家に帰ります。
今日は終戦記念日、不幸な戦争が終結して74年が経ったのです。
防空ずきんも要らなくなりました。
あの戦争が終わっても、いま交通戦争に突入で小学生たちは行き交う車の横を、ヘルメットをかぶっての通学です。平和の防空ずきん復活ですか。
そして、もうひとつ要らなくなったのが修身の教科書でした。

b0145296_08160416.jpg

b0145296_21524202.jpg
b0145296_08185616.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-15 06:00 | 吾作
センニンソウの別名は馬食わず
可愛い純白な花には毒なんかあるわけない、と吾作は単純に思うのですが、きれいな花にはとげがある、毒がある。
そうですよ、気をつけましょう。
センニンソウは毒草で、牛や馬は食べないそうです。
葉や茎には心臓毒のプロトアネモニン様の物質が含まれており、人も食用できないのです。
でも根を乾燥させたものは漢方で「威霊山」と呼ばれ、神経痛や腰痛の薬、利尿剤になるんだそうです。

b0145296_17412563.jpg
b0145296_17382983.jpg
b0145296_17383264.jpg

# by sakakibara-onsen | 2019-08-14 06:00 | 吾作