秋の収穫祭が近づきました
榊原温泉秋の収穫祭オープニングにふさわしいかかしの作品が並びます。
♪ ぼうや〜よいこだ ねんねしな〜
「たつのこたろう」まんが日本昔ばなしのオープニングを飾るたつのこうたろうは、榊原小学校の児童たちの作品。
またかわいい作品は
「はらぺこあおむし」どんなちょうちょになるのかな。は榊原幼稚園の園児たちの作品です。

b0145296_15112683.jpg
b0145296_15113071.jpg
b0145296_10430721.jpg
b0145296_10431191.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-08 06:00 | 吾作
里山紅葉秋深し
お天気続きで朝夕はずいぶん冷え込みますね。
秋から冬にかけて咲く桜が寒さを感じさせ、その後ろには里山の雑木紅葉が朝の光を受けています。
もうヨメオトシはずいぶん紅葉が進んでいます。
3枚目の写真は左がヨメオトシ、その少し右の辺りが日帰り温泉「湯の瀬」です。
これからが榊原温泉の紅葉が始まりますよ。

b0145296_19215606.jpg
b0145296_09513256.jpg
b0145296_09513732.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-07 06:00 | 吾作
絵本の世界のかかしが勢揃い
榊原温泉秋の収穫祭(11月26日)の一環として「かかしコンテスト」の作品募集が行われていましたが、昨日その作品の展示作業が行われ、今日から26日まで日帰り温泉「湯の瀬」前のバス道沿道に並びます。
今回のテーマは「絵本の世界」で、物語を浮かべながらの作品鑑賞をされるとさらに楽しくなりますよ。
花咲じいさんもきれいな花を咲かせています。

b0145296_17374346.jpg
b0145296_17374944.jpg
b0145296_17375405.jpg
b0145296_17380031.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-06 06:00 | 吾作
鹿さん道
鹿さん鹿さんどこ行くの
あの山越えてどこ行くの
道路横断田の中へ
鹿さん道が出来ていく
毎年毎年同じ道
ゆるやかカーブの同じ道
鹿さん鹿さんどこ行くの

b0145296_17581999.jpg
b0145296_17582387.jpg
b0145296_17582764.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-05 06:00 | 吾作
まだ元気なアメリカアサガオ
アメリカアサガオは夏の初め、ひっそりと咲いていましたが、ずいぶん家族も増えたようで大所帯です。
夏から秋まで次々花を咲かせるアメリカアサガオは、よく観るとサツマイモの花と似ています。
調べてみるとアサガオとサツマイモは同じ仲間だそうです。
アメリカアサガオのツルはたくましいけど、花は優しくほほえんでいます。

b0145296_10553495.jpg
b0145296_10553760.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-04 06:00 | 吾作
菊薫る文化の日
今日は文化の日、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とした祝日ですね。
そして「菊薫る文化の日」とよく言われます。
菊の節句「重陽」は旧暦の9月9日、新暦で今年は11月1日でした。
このころは全国各地で菊の花に関するイベントが沢山行われ、菊花展、菊人形、菊品評会など花が少なくなる中で菊の全盛期を迎えるシーズンですね。
日本の文化は春の桜、秋の菊が大きく関わっているようです。

b0145296_22241921.jpg
b0145296_22242409.jpg
b0145296_22242906.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-03 06:00 | 吾作
きれいな十三夜でした
私たちは秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習がありますが、旧暦の8月15日の十五夜、中秋の名月と呼んでいますね。
またもう一つの名月が旧暦の9月13日の十三夜です。
ちょっと満たない形を歌った、わらべ歌もありますね。
 ♪お月さんいくつ、十三七つまだ年若い・・・
「七つ」は七つ時、午後4時ごろです。
このころ東の空に、まだちょっとあどけなさを残す白いお月さまが観られました。
写真は昨夜の十三夜のお月さまです。

b0145296_19171558.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-02 06:00 | 吾作
イベント盛りだくさんの収穫祭
11月になりました。
榊原温泉今年最後の大イベント「秋の収穫祭」が今月26日(日)に開催されます。
詳しくは下記のお知らせを見てください。
またこのイベントの一環として人気の「かかしコンテスト」の作品が会場の前のバス道沿道に6日(月)から収穫祭当日まで並びます。見に来てね。
写真は過去の収穫祭風景です。

b0145296_14295398.jpg
b0145296_14295647.jpg
b0145296_14295933.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-11-01 06:00 | 吾作
ホラを吹く男たち
日本一のホラ吹き男ではありませんが、榊原のかんこ踊りで目立たないけど重要な役割の「かい」です。
「かい」とはホラ貝のことで、山伏の「ぷうぅ〜」でなく拍子に合わせて歌うように吹きます。
大太鼓が「ツンツクツン」と打つと、合わせて「ぶーぶくぶー」と吹きます。
体は動かないけどホラ貝の音は強弱を付けて踊っています。

b0145296_09502560.jpg
b0145296_09503208.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-10-31 06:00 | 吾作
かんこさんに団扇
榊原のかんこ踊りの形は大太鼓を真ん中に、囲むように「じゅうたい」と子供たちが輪になり歌います。
さらにその外周を「かんこ」と呼ばれる踊り子が胸に鞨鼓、背中に長い竹竿に御幣で飾った「しで」を付けてぴょんぴょん踊りっぱなしです。
若者でないと持たない、足も上がらない。
でも一番若いかんこさんは中学1年生、体力的に大変です。
先の射山神社奉納踊りでは入れ込み(入場)を含めると6つの踊りを続けて1時間半、踊りと踊りの間の休憩には水分補給の飲み物、おしぼり、それに団扇(うちわ)がせわしなく集まります。
団扇は誰となく近くの人が集まり、休憩風景が出来ます。
また榊原のかんこ踊りを見に来られたら団扇持参で来てね。

b0145296_09330109.jpg
b0145296_09330596.jpg
b0145296_09330851.jpg
b0145296_09331230.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-10-30 06:00 | 吾作