半寿を迎えた榊原温泉
半寿とは傘寿の次の年、八十一を縦に書いて一を十の横棒に並べると「半」と言うことだそうです。
榊原村が温泉で村おこしが行われたのが昭和11年、1936年です。
榊原温泉復興祭は81年前の今日、12月20日でした。
ただ温泉だけでなく貝石山に展望台、ふもとには写真のような大浴場を配し眺めのよい環境が出来ました。
大浴場は京都の金閣寺、家族風呂には三十三間堂を模した建物を川沿いに建て、榊原温泉が観光地としてスタートしたのです。
また現在の近鉄大阪線の榊原温泉口駅から温泉バスが通る道路も出来、これが現在の県道亀山白山線です。
村中が温泉復興に湧いて、西の金剛峰、東の並松から「温泉復興バンバンザイ」を歌いながら旗行列が続きました。
当時のパンフレットを見ると神湯館が1泊3円から7円、榊原舘は2円から3円と表示されています。
ここで忘れてはならない田中善助翁の存在です。
復興20年を記念して射山神社境内に「温泉復興功労者・田中善助翁」の顕彰碑が建立されています。

b0145296_17295917.jpg
b0145296_17300344.jpg
b0145296_17300858.jpg
b0145296_17301338.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-20 06:00 | 吾作のものしり箱
/お知らせ/氏神さま大掃除
榊原の私たちの氏神さま、射山神社は式内社という歴史あるお宮さんです。
温泉をお守りしてもらうために温泉の神さまを祭ったのが始まりとされています。
また古くから恋の明神とされ、最近では「恋」のパワースポットにもなっています。
明治の終わり頃に榊原村内の神社がこの射山神社に合祀されて、村社として榊原の鎮守さまになりました。
そして今年の秋祭りにはかんこ踊りが奉納されましたね。
天皇誕生日の23日(祝)は射山神社の大掃除、ご都合のつく方は朝8時に集まりましょう。
お掃除の道具などは境内に準備されています。

b0145296_11042743.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-19 06:00 | 吾作
食べ尽くし
柿のみがたくさん生りましたが人はほとんど食べず、小鳥たちにプレゼントです。
小鳥に手はないので、つついてつついて食べています。
小鳥の体ほどある柿の実は一気には食べられません。
何度も来てつついていましたが、とうとう皮だけになってしまいました。
寒さ、身にしみますね。

b0145296_13371161.jpg
b0145296_13371673.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-18 06:00 | 吾作
私の愛は増すばかり
ナンテンが赤い実を付けています。
小鳥たちは赤い実を探しナンテンの実をむさぼっています。
また人はナンテンを「難を転ずる」と語呂合わせをして、「縁起の良い木」にしています。
そして赤い実の花言葉は、「幸せ」「私の愛は増すばかり」「よき家庭」とよいことずくめです。
点数にするとナンテンになるでしょうか。

b0145296_18001397.jpg
b0145296_18001708.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-17 06:00 | 吾作
朝日に輝く枯れススキ
吾作は昭和生まれです。
「昭和枯れススキ」がずいぶんヒットしたようですが、大正時代に作られた野口雨情の「枯れススキ」の方がなじみがあり、口ずさむとき「オレは河原の枯れススキ・・・」がつい出てきます。
ということは、吾作は古い方の昭和生まれなんだ。
夜明けも遅くなり、里山に囲まれた榊原のほとんどの場所で朝日が差すのは7時を回ってからです。
朝日に照らされた枯れススキは、毛も薄くなった白髪のよう。
「・・・花も咲かない枯れススキ」、古い方の昭和生まれにぴったり。

b0145296_19262846.jpg
b0145296_19263236.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-16 06:00 | 吾作
群れを組むのはムクドリ
冬になると群れになってやってくる鳥が多くなりました。
群れを組むと暖かいのかな?まさか・・・
電線にわーっとやってきたのはムクドリのようです。
よく観ると婚活?好みの相手を探してるようにもみえます。
でもまた、わーっと去って行きました。

b0145296_10224317.jpg
b0145296_10224637.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-15 06:00 | 吾作
どんぐりころころ
日本列島は西高東低の気圧配置が強まって北風の強い日が多くなってきました。
ドングリがぱらぱらと落ちてきます。
お宮さんの境内はドングリさんが賑やかです。
マフラーをしっかり首に巻かなくっちゃ。

b0145296_10100691.jpg
b0145296_10101036.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-14 06:00 | 吾作
里山と奥山
里山は生活と密着した比較的低い山で、昔は毎日の燃料はすべてここで調達していました。
「くどさん」とは竈(かまど)のことですが、柴や薪(割木)が燃料で、里山ですべて調達していました。
また火鉢やコンロ(七輪)には自分たちで炭焼きをします。
全て里山です。
そして榊原の奥山は笠取山のこと、布引山(青山高原)のことで、大正時代に植林がされ、その手入れに人が入るようになったけど、それまではオオカミやイノシシなどの生活の場でした。
温泉の湧く榊原は里山の囲まれ、奥山からの美味しい水で潤っています。
すっかり冬色になりました。

b0145296_11481121.jpg
b0145296_11481635.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-13 06:00 | 吾作
スイセンがちらほらと
12月になるとスイセンが黄色いアクセントを付けた白い花を咲かせます。
まだちらほらですがそのうちに咲きそろい、クチバシのような丸い口をとがらせておしゃべりが始まります。
榊原を南北に横断するグリーン道路沿いでは珍しそうに車の往来を眺めています。

b0145296_08573506.jpg
b0145296_08573990.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-12 06:00 | 吾作
「わびさび」を感じる静かな空間
榊原一区にお住まいのM山さんは定年を機に陶芸を始められ、仲間と一緒に窯を作り「庵の弘窯」が出来ました。
赤松の割木を焚いて、そこから出る自然釉の作品を楽しんでおられます。
ちょっとこのところ窯はお休みのようですが、この場所に居ることが楽しみと、いつもきれいにされています。
こまめに手入れをされておられるので、里山の一角に出来た日本庭園です。
来客は人よりも狐、狸、てん、ハクビシン等々で退屈はしないそうです。

b0145296_17573762.jpg
b0145296_17574274.jpg
b0145296_17574618.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-12-11 06:00 | 吾作