田んぼで見つけたフジの花
水田にはたくさんの水草や畦で咲く草花がいっぱいです。
その中にこんな花を咲かせるナヨクサフジが可愛く咲いています。
フジの花に似た草でクサフジがありますが、ナヨは茎が巻きひげでからみつき、なよなよと弱そうに見えるところからナヨクサフジ(弱草藤)になったそうです。
でもこの草も50年ほど前にヨーロッパから渡来した外来種です。
弱いどころか電柵にからみついて強いナヨクサフジでした。

b0145296_16205477.jpg
b0145296_1621560.jpg
b0145296_16211570.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-19 06:00 | 吾作
植物学者がブタナと名付けた
可愛い黄色い花を咲かせるブタナが爽やかです。
タンポポも似た花だからタンポポモドキの別名もあるけど、ブタナが学名です。
帰化植物で昭和の初め頃に発見されたもので、フランスでは豚が好んで食べることからブタナ(豚菜)と命名したそうです。
ちなみに原産のフランスでは豚のサラダ(Salade de pore)で、その直訳だとか。
もうちょっといい名前が付けられなかったのでしょうかね。

b0145296_15574024.jpg
b0145296_15575314.jpg
b0145296_1558467.jpg

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-18 06:00 | 吾作
ごみを拾って魚の住みかを守ろう
昨日の朝8時に子供たちが中心で50人ほどが市場公園に集まりました。
朝から暑いかんかん照りです。
今年で2回目の榊原の川守プロジェクト(主催:榊原未来会議)、ごみ拾いをする場所は湯の瀬橋下の榊原川に入って作業が始まりました。
暑いけど水に足を入れると気持ちがいい。
だんだんごみも集められます。
わー、転んだ。ん、これもいいね。
ボクもワタシも、わー気持ちがいいと、ちょっぴり川遊びもしました。
最後はごみの仕分け作業をした後はごくろうさん会、味ご飯、かき氷、ポップコーンで疲れを癒しました。
きっと魚さん喜んでるよ。

b0145296_13591116.jpg
b0145296_13592593.jpg
b0145296_13593749.jpg
b0145296_13594944.jpg
b0145296_140244.jpg
b0145296_1401476.jpg
b0145296_1402558.jpg
b0145296_1403917.jpg
b0145296_1404821.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-17 06:00 | 吾作
咲きだしたアメリガアサガオ
アメリカアサガオがどんどん増えてきましたね。
このアメリカアサガオは熱帯アメリカ原産の1年生草本で侵入植物です。
日本には観賞用として江戸時代の末期に導入されたそうですが,戦後の救援物資とともに帰化が急速に広がったと言われます。
わが家の屋敷にも勝手に侵入してきます。
毎日次から次へと咲き続けます。それも秋まで・・・

b0145296_101647100.jpg
b0145296_101658100.jpg
b0145296_10171219.jpg
b0145296_10172677.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-16 06:00 | 吾作
イガイガくん元気に誕生
栗の木も花が終わり、その後にイガグリの子どもが誕生しています。
子どもと言ってもイガに触ると痛い。
実を守るために子供のころからイガイガでガードしているんです。
暑い夏を乗り越え大きく実ってくださいね。

b0145296_951415.jpg
b0145296_952274.jpg
b0145296_9522163.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-15 06:00 | 吾作
コチの谷の名所は大滝小滝
昨日に続いてコチの谷を上流に向かって歩いていくと大滝小滝が楽しめます。
大滝には滝壺に大蛇がいて、滝壺を汚すと大蛇が怒り大雨を降らして汚れを流す言い伝えから、雨乞いが行われていました。
大滝から歩いて5分ぐらい下ったところに、ひっそりと小滝があります。
ここには大滝の大蛇の恋人「姫蛇」がいたそうですよ。
大滝の大蛇は度を超した大雨を降らしたとき、姫蛇共々自分も流されて唐戸淵(貝石山のふもと)にたどり着いて、恋の明神「射山神社」で姫蛇と結ばれたとさ。めでたしめでたし・・・

b0145296_13375875.jpg
b0145296_1338113.jpg大滝
b0145296_13382435.jpg
b0145296_13383889.jpg小滝
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-14 06:00 | 吾作のものしり箱
榊原で涼を求めるならコチの谷
山に囲まれた榊原温泉といえども秘境とはほど遠く、低い山里の温泉です。
榊原川の源流は笠取山(青山高原の北の端)で標高840メートルほどです。
この谷を昔は「コチの谷」と呼んで、河内谷の名が付いていました。
その後、笠取山の稜線に東海自然歩道が設置され、そこへ接続する榊原自然歩道が開通し整備されてきました。
また最近は榊原温泉の散策道「花鳥風月」の風に道にも指定されています。
榊原最後の集落「別所」を過ぎると木漏れ日の自然歩道です。(以下写真)
左に河内谷川を眺めながらの散策は暑さを忘れます。

b0145296_13221044.jpg
b0145296_13222390.jpg
b0145296_13223425.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-13 06:00 | 吾作
梅雨の妖精か
樹齢150年を有に超す柿の古木に着いたフウランが白い花を咲かせ、梅雨の中の妖精のようです。
120年前にわが家に嫁いだ吾作の祖母、17歳の若い嫁さんです。
近所の子供たちが大きな柿の木を見上げながら「ヨメさん、柿もいでえ」とせがむので、嫁いだばかりの祖母は柿の木に登ってもいでやった。そんな話を子供のころ祖母から聞きました。
120年前に登らないと採れないほどの柿の木だから、150年は間違いないですね。
その柿の木にフウランが宿りだしたのは50年ほど前です。
毎年きれいな花と香りを楽しませてくれます。

b0145296_2325364.jpg
b0145296_16463390.jpg
b0145296_16464432.jpg
b0145296_16465575.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-12 06:00 | 吾作
オハグロトンボが飛ぶと涼しく感じる
黒い羽根をヒラヒラヒラと羽ばたきながら飛ぶオハグロトンボ。
正式にはハグロトンボだそうです。
ちょっと日陰の薄暗いところと川辺を好み、そーっと近寄るとヒラヒラっと飛ぶ。
薄くらい藪でピントを合わせているとヤブ蚊の餌食です。( *ω*; ) 

b0145296_16293723.jpg
b0145296_16294878.jpg
b0145296_1630916.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-11 06:00 | 吾作
柿の木に可愛い実が生りました
秋の味覚、柿が実を付けました。
まだ青い実ですが、この暑さを乗り越えて赤く熟すと食べ頃です。
人や小鳥に食べてもらうまでは、暑さをがまんするのです。
夏の間、炎天下で日焼けするのかな?
熱中症にかからないようにね。

b0145296_1614460.jpg
b0145296_16141548.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-10 06:00 | 吾作