昔、桜の名所(4)
芙蓉荘の桜です。
と言っても芙蓉荘はなく、現在は特別養護老人ホーム陽光苑です。
そこへ行く道路沿いに植えられた桜です。
「昔」とは言い辛いのですが
40年ほど前に三重県老人保養所「芙蓉荘」でき
昭和51年に10周年を記念して榊原老人クラブが植樹した桜です。
道路の下は小さな谷の棚田で景観もよく
10年も経ったころにはすっかり桜の名所になりました。
しばらくすると棚田は減反で杉の木を植えられ芙蓉荘は他所へ移転。
その後、陽光苑ができましたが棚田に植えられた杉は大きく成長し
手入れのなかった桜は一挙に老化してしまいました。
若くして老木になった桜の下には「記念樹」の看板も朽ちて・・・
花の下でのホルモンパーティーも過去のものになりました。

b0145296_795313.jpg
でも集落のある口の方はまだまだ現役ですよ。b0145296_823214.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-06 07:10 | 吾作
昔、桜の名所(3)
組合の桜です。
正式にはJA三重中央農協榊原支店の桜です。
農協のことを組合といっていましたが、昔
役場の隣に郵便局ができ
その向かいに組合ができて駐在所もできました。
榊原の中心を飾ってくれた桜です。
役場、郵便局、その裏にある学校の桜も見事でしたが
学校は運動場の周囲にネットが張られ桜はなくなりました。
また道路の拡幅で役場(出張所)に郵便局、駐在所は移転し
環境も変わりました。
でも組合の桜は少し歯抜けにはなったものの
まだまだ健在で往来する人を楽しませています。
これからも元気に花を咲かせてください。

b0145296_16592623.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-05 09:55 | 吾作
榊原温泉さくら祭り
恒例の榊原温泉さくら祭りが開かれました。
会場はさくら満開の湯の瀬多目的広場です。
女将の会「糸さくら」も「わくわく温泉コーヒー」で参加。
広場ではたくさんの出し物でにぎわいました。

b0145296_1473170.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-04 14:09 | 吾作
昔、桜の名所(2)
ここは療養所の桜。
現在は国立病院機構榊原病院の桜というのでしょう。
今から70年ほど前になりますが
京都の陸軍療養所がこの地にできたころ
その坂道に植えられた桜が育ち
太平洋戦争が激しくなるころは療養される兵隊さんも多く
この桜と温泉が療養に役立ちました。
終戦後は軍から厚生省に移管され国立病院になってからも
その木はさらに大きくなって桜の名所となってきました。
おつかれさま。

b0145296_784042.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-04 07:11 | 吾作
昔、桜の名所(1)
ここは佐田の峠。
県道亀山白山線の近鉄榊原温泉口から榊原に向かう途中です。
昭和11年ですから73年が経ったのですね。
榊原温泉復興で近鉄佐田駅(後に榊原温泉口)から
自動車が走る道路を付けました。
そのために自然破壊が伴うことに心を痛め
道路沿いに桜を植えと伝わる桜の木です。
今ではすっかり古木になったソメイヨシノ。
榊原温泉へのお客様を乗せた送迎バスは
見事の咲きほころぶ桜の峠を越えたものです。
今ではシャッターを切る吾作の胸も痛みます。
お疲れさまでした。

b0145296_8183785.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-03 08:17 | 吾作
これが原画です
昨日のブログ、気づきましたか?
エイプリルフール(四月馬鹿)もつい忘れがちでしたが
ブログを書くときに
あっ、今日は4月1日だ。
と、ちょっといたずら心がめばえ、やっちゃいました。
名前も「きづいたろう」だったでしょう。
騙された方には、ごめんね。

まんどう淵は「どじょ川」のすぐ下流で
県道に架かる湯の瀬橋の少し上流です。
特にこの淵にまつわる伝説は聞いておりませんが
護岸工事等でずいぶん変わった榊原の川で
わずかに残る淵です。
魚たちもここは住みやすそうです。

b0145296_7483654.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-02 07:48 | 吾作
榊原に第2の源泉が!
榊原温泉は古くは「ななくりの湯」と呼ばれ
神宮の湯ごりとして
また江戸時代には湯治場として
続いてきたあの「つるすべ」のお湯です。
ただ温度が25〜35度で
入浴には沸かしています。
でもすごい高温の温泉が見つかったのです。

湯の瀬川(榊原川)の少し下流に
あまり人の目に触れられない小さな
「まんどう」という淵があります。
地元の方で木津井太郎さんがこの冬の朝
川から上がる異様な水蒸気が気になり
近くまで行ってみると温泉でした。
手を入れてみると「熱い」と感じたそうです。
早速三重大学へ運んで分析してもらった結果
やっとその結果が出て
泉質はこれまでの榊原温泉と同じで
温度が60度とこれまでの約倍です。
当面は木津井さんがこの場所に
露天風呂を計画したいとか。
楽しみです。
(お問い合わせは直接、木津井太郎さんあてに)

b0145296_8253375.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-04-01 08:26 | 吾作
やっぱり今年は早い
この写真は湯の瀬橋から眺める湯の瀬の桜です。
開花から、このところの冷え込みなどで足踏み状態だった桜
でも昼間の太陽の光は強いのでしょうね。
体感温度が低いのは冷たい風のせいでしょう。
桜の花が開くころは周囲の山もきれいに色づきます。
これからは榊原の山から目が離せません。
榊原は温泉もいいけど、自然もいいよ。

b0145296_8193944.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-03-31 08:20 | 吾作
僕んちも鯉のぼり
雲一つなく晴れ上がった榊原の空に
僕んちも鯉のぼりが元気よく泳ぎだしました。
一本のロープにたくさんの鯉を泳がせるのも見事ですが
やはりそれぞれの家に
♪屋根より高い鯉のぼり〜〜・・・ですよねぇ。

どんな「僕」なんかなー
元気に大きくなってくださ〜い。

b0145296_13342541.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-03-30 13:33 | 吾作
舟ケ谷池
榊原のいちばん下(東)にある池です。
地元の人は「ふねがたん」と呼んでいます。
もうまもなく田植えの準備が始まるのです。
4月最初の日曜日(1週間後)に「であい」といって
関係者が集まって農業用水路(みぞ)の手入れをします。
それから池から水を流し一斉に田に水が入ります。
カエルが鳴き出し「代かき」が始まります。
舟ケ谷池はもうたっぷりと水を蓄えています。

b0145296_7323377.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2009-03-29 07:32 | 吾作