白い花に黒いチョウ
台風5号はいかがですか?
榊原温泉は運良く無事に通り過ぎたようです。
白い花はアベリア、花言葉は「強運」です。
新しく伸びた枝先に香りの強い小花を長い間咲かせ続ける強さが「強運」としたそうです。
強運にあやかろうとかクロアゲハが蜜をを吸いに来ています。
チョウは寿命が短いんだって。

b0145296_93819.jpg
b0145296_9381863.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-08 06:00 | 吾作
立秋に咲く女郎花
今日は立秋ですね。
ジョロウバナと読まないでね、オミナエシです。
女郎花(オミナエシ)は秋の七草の一つです。
夏、まっただ中と思っていても秋になったのですね。

ひょろひょろと 猶(なお)露けしや 女郎花  松尾芭蕉

b0145296_18511375.jpg
b0145296_18512611.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-07 06:00 | 吾作
昨夜は榊原陽光苑で手筒花火
昨夜は久居花火大会でしたが、地元榊原でも恒例の特別養護老人ホーム 榊原陽光苑夏の宴がにぎやかに開催されました。
陽光苑の広場にはステージと白い椅子が並べられ、ご家族の方や地域のみなさんでいっぱいになりました。
周囲にはたくさん屋台も出て開会を待っていると、懐かしい昭和の時代の歌や楽器演奏が始まりました。
いちばんの山場は手筒花火です。
夜はお天気にも恵まれ丸いお月様が笑っていました。

b0145296_22103389.jpg
b0145296_22104673.jpg
b0145296_22105714.jpg
b0145296_2211989.jpg
b0145296_22112268.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-06 06:00 | 吾作
あってはならない住民避難の訓練
三重県では弾道ミサイルを想定した住民避難訓練を、榊原小学校を会場に実施されます。
今月8月26日(土)の9時15分から説明があり、9時55分から「X国から弾道ミサイルが発射され、我が国に飛来する可能性があると判明」のメッセージが流れます。
さあ避難をどうするか、本当にあったらたいへんですね。
内閣官房の国民保護ポータルサイトにも出ていますのでご参考に。
榊原全戸にはこんなお知らせが届いています。

b0145296_11485024.jpg
b0145296_114945.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-05 06:00 | 吾作
枯れ木に花が
ポールのような一本立ちは昔からあったシュロですが、枯れてすっかり葉を落としても倒れず立っています。
このシュロは吾作が子供のころからあったように記憶しているのでずいぶん古く、今は命を絶った古木です。
そのてっぺんに聖火でもあるまい、炎のように見えるけど緑です。
よーく見ると葉っぱが風にひらひら、花も咲いています
どうも小鳥が運んできたクサギが根づいたようです。
b0145296_941633.jpg
b0145296_17442910.jpgてっぺんに
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-04 06:00 | 吾作
手間いらずのオニユリ
一月ほど前からあちらこちらで咲いているオニユリ。
鬼百合とは名前はよくないけどきれいな百合の花ですね。
まったく手入れを怠っている吾作の屋敷内にもオニユリが自然生えで花を咲かせています。
小鳥たちが運んできてくれるのかな?
ササユリはついぞ見なくなったけどオニユリは元気に咲いています。

b0145296_94824100.jpg
b0145296_9483957.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-03 06:00 | 吾作
かんこ踊り練習始まる
榊原では第一区のかんこ踊りが今年踊られることから、夏休みを待って子供たちの太鼓の練習、そして昨夜、踊り子さんたちが勢揃いして一般練習が始まりました。
前回太鼓を叩いていた子たちは中学生になり、かんこを胸にかけた踊り子として4人が初デビュー。
8月27日が楽しみです。
10月9日には射山神社にも奉納される一区のかんこ踊り、吾作も応援します。

b0145296_22263780.jpg
b0145296_22264868.jpg
b0145296_22271100.jpg
b0145296_2227137.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-02 06:00 | 吾作
くすぐると揺れるサルスベリ
海の日、山の日は国民の祝日で休日となりますが、今日8月1日は「水の日」普通の日です。
榊原の里ではサルスベリがピンクのきれいな花を咲かせています。
サルスベリとは、幹がスベスベで、猿も登れないと言うところからですが、実際は登れるそうです。
子供のころに大きなサルスベリの木の幹を、こちょこちょっとくすぐってやると小枝や葉っぱが揺れて笑っているようなところが面白く、よくこちょこちょしました。
そのために「くすぐりの木」、「こちょこちょの木」という別名があるそうです。

散れば咲き 散れば咲きして 百日紅  加賀千代女

また夏から秋まで100日間も咲き続けることから、百日紅の名前もありますね。

b0145296_10322113.jpg
b0145296_10323534.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-08-01 06:00 | 吾作
上から見えた田んぼアート
いつも田んぼアートを紹介するとき、背伸びして写真を撮していました。
でも吾作の背伸びでは限界もあり原画にはおよびません。
そこへU山さんが「撮した」といって写真をもらいました。
1枚目は吾作の撮ったそのまま。
2枚目がU山さんの撮った上から。
今は便利になったんですね、ドローンで撮したそうです。

b0145296_832959.jpg
b0145296_834220.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-31 06:00 | 吾作
住まいを荒らした吾作
草の生長は早い。
春を迎え暖かくなると野には草が生えます。
人の生活には必要がないから草刈りをします。
昔、牛を飼っていたころは少し草が伸びると競い合って草を刈り牛を育てました。
牛の餌もなくなった今、草は邪魔もの。
こまめに借る人はもう3回も4回も草刈りをされるのですが、吾作は2回目の草を刈りました。
左側から右回りに周囲から刈っていくと、草の住み家としている虫たちがピョンピョン逃げていきます。
悪いなあと思いながらもバリバリと吾作は草刈り機を回します。
刈り残っているところに虫たちは逃げ込んでいます。
「ごめんね」と言って最後の1平方メートルだけ残して帰りました。
帰り道、近所の人が「燃料切れか?」と聞かれたので「そう」と答えてしまった。

b0145296_9331866.jpg
b0145296_933519.jpg
b0145296_934425.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-07-30 06:00 | 吾作