<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ルール違反
稲は水田で育て収穫します。
でもなぜ田の畦に稲が実っているのでしょう。
いくら畦で育ってもコンバイン(刈取機と脱穀機が一つになった機械)は畦までは刈り取りません。
田んぼの中で収穫するのがルール。
残念ながらルール違反の稲は見捨てられていくようです。
スズメに教えてやろうかな。

b0145296_16482280.jpg
b0145296_17173830.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-30 06:00 | 吾作
秋の空
昨日の午後、びゅんびゅん風が吹いて空を見ると雲が忙しそうでした。
うろこ雲、秋だなーと眺めていると青空がサンドイッチになったり、大きな空のキャンバスは次々と描き変えられていきます。
夜になると全部雲を吹っ飛ばして上弦の月がきれいに輝いていました。

b0145296_22195309.jpg
b0145296_22195732.jpg
b0145296_22200190.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-29 06:00 | 吾作
ススキも花を咲かせています。
吾作の住む榊原ではどこを向いてもススキ、ススキです。
秋の七草ではオバナ(尾花)ですね。
一昔前、セイダカアワダチソウがはびこりだして秋の主役を奪われそうになりましたが、すっかり共存してススキの穂が輝いています。
秋のススキは日本の風景ですね。

b0145296_16212240.jpg
b0145296_16212682.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-28 06:00 | 吾作
一斉に咲き出したキンモクセイ
小さな花から漂うキンモクセイの香りは、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれる香りですね。
かつて合併前の久居市では、このキンモクセイが市花に指定され庄田町から榊原町を結ぶ農免道路の一部の沿道に植えられていましたが、あまり目立たなく知らなかった人もあったのでは。
花を見なくても「あ、咲いた」と判るキンモクセイです。

b0145296_19024412.jpg
b0145296_19024969.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-27 06:00 | 吾作
サルスベリも少し紅葉
サルスベリを漢字変換すると百日紅となりますが、木の幹がつるつるでサルが登ろうとしても滑る、また花が咲き出して花が無くなるまで100日も赤く咲き続けることから、その名が付いたそうです。
でもサルスベリは猿滑だし、百日紅はヒャクジツコウで、仮名振りがおかしいね。
ま、いいとして小さな可愛い葉も紅葉が始まっています。

b0145296_09125472.jpg
b0145296_09125824.jpg
b0145296_09130196.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-26 06:00 | 吾作
秋も熟す
まだ9月というのに、すっかり秋が深まった感じがします。
あまり残暑に悩まされることもなく秋は日に日に進んでいます。
はぜたクリは実を落とすとイノシシやサルが待っています。
カキはサルが好きですが、葉っぱを見てください。
まだ柔らかかったカキの葉はシカが好物、実より葉っぱが好みのようです。

b0145296_09221731.jpg
b0145296_09222228.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-25 06:00 | 吾作
緑の谷間の造形美
里山は昔、毎日のように人が入り生活に必要な場所でした。
でもだんだん生活様式も代わり、人は里山から遠ざかっていきます。
里山の小さな谷間も開墾し、水田を作りお米を収穫していたのですが、国の農業政策で水田の減反が始まると、あまり陽の当たらない谷間の田んぼから休耕田が広まっていきました。
今ではめったに人は入らずイノシシやシカの楽園になっています。
何十年ぶりかに里山の谷に入ってみると、きれいな風景が広がっていました。
休耕田に植えられた杉が倒れ、根っこに付いた土にシダなどの植物が育っています。
またずいぶん昔の倒木は枯れすっかり贅肉を落とし、シカのようです。
と思っていたら、どこからか「ヒーーィ」とシカの鳴き声。
彼らに吾作は見られていたようです。

b0145296_09014468.jpg
b0145296_09015018.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-24 06:00 | 吾作
忘れずに咲くヒガンバナ
今日は秋分の日でお休み。
各地ではお墓参りなども見られます。
また今日はお彼岸の中日です。
お彼岸に合わせるようにヒガンバナが咲きほこっています。

b0145296_10142038.jpg
b0145296_10142564.jpg


b0145296_10144026.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-23 06:00 | 吾作
猫じゃらしが秋風に揺れています。
道ばたや空き地にやわらかい穂を揺らせているエノコログサ。
猫がじゃれつくことからネコジャラシとも呼ばれていますね。
癒やされる雑草です。

b0145296_10025650.jpg
b0145296_10030294.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-22 06:00 | 吾作
赤い穂の赤米
バス停「榊原口」の南に広がる湯の瀬フラワーガーデンに赤い穂がずいぶん出そろいました。
赤米といえども少しどす黒い。
ちょっと逆光線で見ると赤さが増してきれいですよ。
収穫は10月になってからですね。

b0145296_17542313.jpg
b0145296_17541722.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-09-21 06:00 | 吾作