「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
暮れゆく平成27年
b0145296_16373936.jpg
b0145296_839927.jpg
朝、日の出のころに月が西の山に落ちようとしています。
東の太陽の光を受けた月齢21の今年最後のお月さまです。
この1年、榊原温泉と吾作のブログにお付き合い下さってありがとうございました。
一年の最終日、大晦日(おおみそか)の日付けが変わる深夜0時、ぐぉ〜〜んと聞こえてくる除夜の鐘。
新年を迎える日本の風物になっていますね。
人には百八つの煩悩(ぼんのう)があると言われ、その煩悩を祓うために除夜の鐘をつくという仏教からきたものですが、宗教を越えた日本人の習慣です。
煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする、心のはたらきのことですって。
今夜は榊原のお寺から除夜の鐘が聞こえてきますよ。
では、よいお年を。

b0145296_9424352.jpg
b0145296_9425379.jpg
b0145296_943477.jpg
ぐぉ〜〜ん〜..........   ぐぉ〜〜ん〜..........   ぐぉ〜〜ん〜..........
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-31 06:00 | 吾作
氏神さまも準備が出来ました
射山神社は温泉の神として1500年も前に祀られたとされますが、明治時代になってからは榊原の総氏神さまです。
毎年、年越え詣りや初詣でにぎわうお宮さんです。
今年も明日を残すのみとなり、神社も参拝者への準備が整いました。
開運申の大絵馬も飾られ、境内庭園の温泉水琴窟の響きが静かな境内に心地よく広がっていました。

b0145296_93923100.jpg
b0145296_939345.jpg
b0145296_939453.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-30 06:00 | 吾作
冬らしい朝でした
寒いといいながらも凌ぎやすい師走ですが、昨日の朝は気温も下がり吾作の近辺で氷が張りました。
たぶん初氷でしょう。
またこんな朝は霜がきれいです。
枯れた草原では一面が白く、緑の小草は朝日に輝いています。
天気予報ではまた気温が上がるそうで、暖かなお正月を迎えるのでしょうね。

b0145296_926840.jpg
b0145296_9262040.jpg
b0145296_9263229.jpg
b0145296_9264486.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-29 06:00 | 吾作
お正月を迎える準備
大掃除、餅つき、門松など年の瀬は忙しい。
榊原では卯の日と29日は餅つきをしない、昔はこんなことを信じて避けていました。
なんでだろう?
29日は2重の苦と語呂合わせで、2重苦として嫌った。
でも語呂合わせなら、29日は福(フク)の日で、いいんじゃないの。
卯の日は神さまのお世話をする日であり、神さまをほったらかして、自分の都合を通してはバチが当たる。
というのは三重県だけらしい。
ま、気にしないでお餅たくさん突いてください。
旅館では玄関に門松も整いました。
日本のお正月は特別で、吾作の小さいときは正月で歳が1つ大きくなる。
そして、一年の計は元旦にあり、ってね。
落ちのない準備をしてくださいよ。

b0145296_943135.jpg
b0145296_943241.jpg
b0145296_9433350.jpg
b0145296_9434368.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-28 06:00 | 吾作
天王さんを祀るお社
榊原では昔から家族同様に大切だった牛を守るために「大日さん」や「天王さん」が祀られてきました。
大日さんは大日如来であり天王さんは牛頭天王で、それぞれ講で祀られてきました。
牛のいなくなった今でも続き、講の人たちで定期的にお祭りをしています。
榊原第1区の集会寺となっている宝林寺には愛宕神社が祀られ(写真の石段の上)、その右側に天王さんが祀られています。
お社(やしろ)が傷んできたので今年、講の人たちで作り直し鳥居も新調されています。(次の写真)
いつまでも守ってくださった感謝を忘れず、いいものですね。
ついで詣りでも結構です、愛宕さんにお詣りのときは天王さんにもお詣り下さい。

b0145296_17543581.jpg
b0145296_17544765.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-27 06:00 | 吾作
この足跡な〜んだ
サンタの足跡でもあるまいし、わが家のウッドデッキに虫退治用の白い粉を蒔いてあった所に足跡が・・・
粉の上にはバッチリと足形が見えます。
サンタさんは裸足じゃなくブーツだもんね。
その粉を足の裏に付けて歩いた跡も見えます。
粉の足形を計ると9.5センチ長です。
さてさて何でしょう。
ハクビシンがときどきうちのワン公のところに遊びに来るので、それかも知れない。
アライグマもいるらしいけど足の裏はこんなに長くないし。
猿、鹿、猪・・・それに外来種まで増えてきたようで賑やかな榊原です。
来年は申年、猿もお年玉をせがみにくるんじゃないでしょうね。

b0145296_1491742.jpg
b0145296_1492845.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-26 06:00 | 吾作
おもてなし館 年末年始のご案内
今年も残すところ1週間となりました。
榊原温泉をご利用いただきありがとうございました。
「榊原温泉郷 おもてなし館」もこの週明け28日までとなり、12月29日から正月3日までお休みをさせていただきます。
どうかよいお年をお迎えください。
お正月は4日からご利用いただけます。

b0145296_11203382.jpg
b0145296_11204614.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-25 06:00 | 吾作
今夜はクリスマスイブ
最近はクリスマスを意識してか夜のイルミネーションが町ばかりではなく、榊原の静かな夜にもカラフルな光りで飾られています。
吾作の若いころはクリスマスイブに町の喫茶店に入るとコーヒー代がいつもの3倍になって、よほど心に決めた恋人とでないと高くて入れなかった。
でも帰りにクリスマスケーキを入れた小さな箱をくれるのです。
相手のいない吾作はスキーに行って、山小屋でラーメンをすすっていました。(笑)
そうそう、ほほえましいのは駅などでケーキの箱を手にしたサラリーマンをたくさん見ましたね。
暖か〜いご家庭が見えそうです。
写真は今年のイルミネーションの組み合わせ、窓の灯りが暖かいですね。

b0145296_1949521.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-24 06:00 | 吾作
寒空にスイセンの花
あちらこちらでスイセンが咲きだしました。
少し天気が悪くなると薄暗くなるこの時期に、スイセンの花は気分を明るくしてくれます。
花の少ない師走にスイセンが微笑んでくれるのは嬉しいね。
よく見ると白い花に黒い虫、羽が生えて・・・蝿の仲間かな?

b0145296_11551310.jpg
b0145296_11552328.jpg
b0145296_11553381.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-23 06:00 | 吾作
冬至のゆず湯
今日は二十四節季の冬至です。
冬至は1年でもっとも昼が短くなる日ですね。
太陽の力が一番弱い日で、これから太陽の力復活することから「一陽来復」の日とされます。
冬至にゆず湯に入るのは、柚子の強い香りで邪気を祓い、「一陽来復」の日に体を清める「みそぎ」という意味があそうです。
榊原温泉は伊勢神宮の「みそぎの湯」ですから、関係がありそうですね。
そう、冬至にはぜひ榊原温泉で湯治をして下さい。

b0145296_16373762.jpg
b0145296_16375245.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-12-22 06:06 | 吾作