<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
6月5日 温泉教授に会える日
これまでのブログにも書き込みましたが、温泉教授こと松田忠徳先生が榊原温泉にお越しになり温泉の話をたっぷり聞かせてもらえます。
先生のことをネットで調べるとフリー百科事典ウィキペディアにこのように書かれています。
松田 忠徳(まつだ ただのり、1949年 - )は日本の評論家、旅行作家、モンゴル研究家、ナチュラリスト。国際的な温泉学者。札幌国際大学観光学部教授(温泉学、観光学)。モンゴル国立医科大学教授(温泉医学)、北京徳稲教育機構(DeTao)教授(温泉学)を兼任する。数々の温泉関連の本を執筆する。
文学博士、医学博士、そして入浴したことがある温泉の数は4700湯を超えるという。
この偉大な松田教授のお話は、6月5日(金)午後3時30分から榊原温泉白雲荘のコンベンションルームで開催されます。
入場無料です。
めったに聞けない国際的な温泉学者のお話です。
詳しくは榊原温泉振興協会(TEL.059-252-0017)または各旅館まで。
写真は吾作の手元にあった先生執筆の本と昨年の温泉座談会です。

b0145296_13131313.jpg
b0145296_13132829.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-31 06:00 | 吾作
町のカタバミと田舎のカタバミ
先日、津の町へ行ったら一種ぽつねんと咲くカタバミに会いました。
道路も宅地も横切る溝も隙間もなくアスファルトやコンクリートで固められ、雑草の生える余地はありません。
と思っていたら重い鉄製のがっちりした溝蓋からカタバミが見えるのです。
きれいに清掃されたコンクリートの溝ですから土や泥はありません。
わずかの落ち葉がカタバミを育ててくれたのか、元気に咲いていました。
周囲は枯葉ばかりで友だちもいないようです。(写真1,2)
わが家に帰って雑草の中に咲くカタバミを見ると、顔を出したばかりの仲間に囲まれて咲いています。(写真3,4)
同じカタバミですが、仲間に囲まれている方が楽しそうに見えます。
感心していたらダメ。除草しなくっちゃ・・・

b0145296_14185223.jpg
b0145296_1419343.jpg
b0145296_14191647.jpg
b0145296_14192972.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-30 06:00 | 吾作
待ちきれないホタル
6月に榊原の里を飛び交うホタルを主役に榊原温泉「蛍灯」が催されます。
でもホタルは待ちきれないのか一筋二筋の黄色い光りの糸を闇に描いています。
まだ草の葉で様子をうかがうホタルも三つ四つ、そろそろ見ごろが近づいて来たようです。
夜が楽しみ榊原温泉。

b0145296_8592267.jpg
b0145296_8593386.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-29 06:00 | 吾作
ヤマボウシが少し紅をさす
葉と同じような色からだんだんと白くなり、白い帽子をかぶったようなところから名が付いたそうです。
その白いヤマボウシも花の終期を迎えると少しピンクの、あれはお化粧でしょうかお洒落をします。
どの花が化粧を許されるのか一部の花だけです。
最近園芸種で赤のヤマボウシもあるようですが、このほんのりが色気を感じますね。

b0145296_1662943.jpg
b0145296_1663935.jpg
b0145296_166498.jpg
b0145296_167046.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-28 06:00 | 吾作
真っ赤に咲いたブラシの木
田植えが終わる頃に赤い花をいっぱい付けるブラシの木が真夏のイメージです。
ずいぶん暑くなって昨日は30度超え、今日はもっと暑くなりそうです。
このブラシノキは別名ハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)とも呼ばれていますがどの名がふさわしいのかな?
吾作は花の名を知らないとき、コップを洗うブラシみたいでコップ洗いと呼んでいたけど誰もうなずいてくれず「そんな花しらん」と素っ気ない返事。
コップと言わずにブラシと言えばよかったんだ。

b0145296_11141918.jpg
b0145296_11143272.jpg
b0145296_11144534.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-27 06:00 | 吾作
なびく白い穂
いま道ばたに白い穂が少しの風でなびいています。
風がないと、すーっと白い穂を立てているけど車でも通りすぎると低姿勢をします。
愛想のよい草ですね。
光りのあたり具合でよりきれいに見せるチガヤです。

b0145296_22452057.jpg
b0145296_22454853.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-26 06:00 | 吾作
温泉座談会と献湯祭
夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光て行くもをかし。・・・

清少納言枕草子ですね。
榊原ではもう蛍が一つ二つなど飛び交っていますよ。
6月に行われる榊原温泉「蛍灯」の中に、5日(金)白雲荘で温泉教授の松田忠徳先生の「温泉座談会」が行われます。
また翌6日(土)は榊原温泉を伊勢神宮に奉納する「献湯祭」も行われます。
温泉座談会は時間に間に合うように会場に入ってもらえばいいのですが、献湯祭は今日25日までに参加費を添えて申込みが必要です。
詳しくは榊原温泉旅館組合/同振興協会へお問い合わせ下さい。
献湯祭には松田教授もご参加されますよ。

b0145296_10243023.jpg
b0145296_10244416.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-25 06:00 | 吾作
カタバミ・ドクダミ・ユキノシタ
今の時期、次々と花を咲かせ子孫繁栄を怠らない雑草。
草取りをしようにも可憐な花につい手を止めてしまう。
写真のカタバミは正確にはムラサキカタバミだそうです。
弱々しい茎から細い根、ずーっと咲きに鱗茎(りんけい)という球根が付いているのです。
それを取らなっきゃ駆除できない。
そうなると可愛い花が憎い花になるのです。
またドクダミのよくはびこるんですね。
漢方によく使われ十薬(じゅうやく)ともいいます。
ユキノシタはドクダミ同様、民間薬として使われてきました。
これならジェネリックより安いね。

b0145296_12224460.jpg
b0145296_1223255.jpg
b0145296_10205261.jpg
b0145296_1021626.jpg
b0145296_10211686.jpg
b0145296_10213017.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-24 06:00 | 吾作
花咲く野菜
ちょっとご近所の畑をのぞくと見とれるほどきれいな花が咲いています。
花は畑の雑草ではなく夏野菜の花。
ジャガイモは力強く(写真1,2)咲いているのでさぞ立派なお芋ができるのでしょうね。
またエンドウ(写真3,4)は白いチョウチョのようです。
もう実が生っています。
早く採らないとじきに大きくなりますよ。

b0145296_9351527.jpg
b0145296_9352487.jpg
b0145296_9353411.jpg
b0145296_935441.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-23 06:00 | 吾作
先人を偲び功績に感謝 愛林祭
大正時代に榊原村の村長が広大な奥山に杉・檜の植林をし村の財源の基盤を作りました。終戦後その林業で村は大変潤ったことから功績をたたえ、その当時の村長を造林翁として射山神社境内に顕彰碑が建てられました。
毎年地元の人たちは愛林祭を開催、昨日も造林翁頌徳碑の前で宮司による神事を済ませ植林された山の管理に出かけました。
射山神社境内にはこのほかに、温泉復興功労者の碑や、太平洋戦争でお国のために尊い命を落とされた方々の英霊殿も建てられています。
神社にお参りの時にはそれぞれの先人を偲びパワーをもらってください。

b0145296_10371646.jpg
b0145296_10372660.jpg
b0145296_10373929.jpg
b0145296_10374961.jpg
b0145296_1037595.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-05-22 06:00 | 吾作