「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
杉も檜も・・・
雪のない榊原の里山では、もう杉や檜が花の準備をしています。
花粉症の方にはごめんなさいね。
2月、3月ともなると天気予報に併せて花粉情報がでます。
その頃には風が吹くと里山から、山火事かと思わせるほど杉や檜の花粉が煙のように立ち上がります。
今から花咲く春を待ちかまえているのです。
近くで見ると可愛いのですが、いやですね。

スギb0145296_2128263.jpg
ヒノキb0145296_2128381.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-31 06:00 | 吾作
御岳山の噴煙も
昨日、新千歳空港からの帰りの途中に雪山がたくさん見えました。
東の富士山がきれいな姿を見せてくれました。
また西には北アルプスの山々を眺め、少し南にはあの御嶽山が横たわり今も噴煙を上げていました。
遭難された方々のご冥福を祈ります。

霊峰富嶽b0145296_20145943.jpg
北アルプスb0145296_2028819.jpg
御嶽山b0145296_20153312.jpg
噴煙アップb0145296_2016736.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-30 06:00 | 吾作
白い恋人に逢いました
札幌の地下鉄東西線の西の終着駅「宮の沢」から徒歩7分、「白い恋人パーク」へ昨日行ってきました。
よく札幌へ来ているけど初デートです。
ひときわ高くそびえる「からくり時計塔」が目印で、連なる建物には雪だるまがいっぱい。
お土産でよく知られる「白い恋人」の製造工場ですが、オリジナルスイーツが味わえる喫茶、体験工房やショッピングなど夢いっぱいの空間が広がります。
赤白のユニフォームはプロが作るチョコレート工房。
その次のおっかなびっくりのお嬢さんたちは「楽しいお菓子作り!体験工房」。
トップの写真はここで作った吾作の作品、えっへん。

b0145296_1744519.jpg
b0145296_174524.jpg
b0145296_1745148.jpg
b0145296_17452649.jpg
b0145296_17462510.jpg
b0145296_17463635.jpg
b0145296_1746489.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-29 06:00 | 吾作
NHK朝ドラ「マッサン」の舞台へ
電車に「マッサン」、駅にも「マッサン」。
余市の駅前にはリタ・ロードの道案内があります。
リタとはドラマのエリーさんですね。
ウヰスキー工場は目の前です。

b0145296_1940123.jpg
b0145296_1940507.jpg
b0145296_19403763.jpg
蒸溜所正門b0145296_19405292.jpg
中に入ると赤い屋根の建物が並んでいます。

b0145296_19414468.jpg
b0145296_19421654.jpg
マッサンこと竹鶴政孝像は雪の中。
手前のおじさんは違います。

b0145296_19425416.jpg
リタハウスb0145296_19435345.jpg
旧竹鶴邸b0145296_19442176.jpg
楽しみの試飲会場には昔と変わらない味のリンゴ汁とウヰスキー。

b0145296_19493159.jpg
b0145296_19453286.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-28 06:00 | 吾作
今年の札幌は雪が多い
また雪の札幌に来ています。
一時的な大雪での積雪でなく、念の入った(?)積雪です。
2月5日の「さっぽろ雪まつり」の準備で大通りは雪像作りが始まっています。
4枚目の雪像は「雪のスターオーズ」の看板がありました。
また完成されたかわいい雪像があったり、氷像の下に鷲が置いてありましたが、どうもサンプルのようでした。
まだ一度も雪まつりをみたことのない吾作のレポートです。

b0145296_17255254.jpg
b0145296_1726636.jpg
b0145296_1726164.jpg
b0145296_17263085.jpg
b0145296_1726426.jpg
b0145296_17271987.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-27 06:00 | 吾作
「ふんべつ」と「ぶんべつ」
ヤツデの花は11〜12月ですが、まだ花が咲いているように見えます。
でも近くで見ると実になっているようで熟すのを待っているのでしょう。
ヤツデの花言葉は「分別」「親しみ」「健康」だそうです。
「親しみ」「健康」は判るのですが、「分別」は分かれ?別れ?でもないし・・・調べました。
「ふんべつ」と読むと、物事の善悪や道理を区別してわきまえること。また、それができる能力。
使い方は「吾作ももう分別がついていい歳だ」、はいすみません。
「ぶんべつ」と読めば、種類によって分けること。区別をつけること。
そう、ゴミ出しでやっている分別ですね。
さて花言葉の「分別」はどちら?

b0145296_11163398.jpg
b0145296_11155961.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-26 06:00 | 吾作
寒を耐える小枝にカワラヒワ
すっかり葉を落とした小枝は寒空にきれいな模様を作っています。
葉が一枚も残っていないはずなのに所々にまだ葉っぱが・・・
その残った葉が時々動くのでおかしいなと思ってよく見ると小鳥です。
うーんと拡大して見るとカワラヒワのようです。
そして寒さを耐える細い小枝は重さにも耐えているようです。
どこからか「はーるよコイ」と聞こえてきます。

b0145296_17532633.jpg
b0145296_17533932.jpg
b0145296_18323047.jpg
b0145296_18324478.jpg
b0145296_183342.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-25 06:00 | 吾作
春を待つ梅のつぼみ
遠くでは梅の開花のニュースなどありましたが、榊原ではまだ行儀よく春を待っています。
立春を過ぎればちらほら花開く梅ですが、無理をしないで待ちましょう。
つぼみの一つだけはペロリと舌を出しているようですね。
元気な花が楽しみです。

b0145296_15252921.jpg
b0145296_15252331.jpg
b0145296_1525386.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-24 06:00 | 吾作
タンポポ・ヨモギ・シタマガリ
田んぼの畦に一足先に顔を出した3雑草。
タンポポはメインが花で葉はウサギの餌。
だから採られないよう土から離れようとしません。
ヨモギは葉がメインで早くよもぎ餅を作ってもらおうと元気よく。
シタマガリ(ヒガンバナ)はほんの様子見。
周囲には仲間がたくさん潜んでいますよ。
こうやって立春を待たずに春の準備をしています。

b0145296_1141386.jpg
b0145296_113412.jpg
b0145296_1135450.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-23 06:00 | 吾作
榊原温泉の源泉はどこ?
榊原温泉は古く神宮の御祓の湯として「湯ごり」が行われ、江戸時代には大きな湯治場を営んできましたが、その源泉は貝石山のふもと射山神社裏から湧いていました。
それが昭和になって少しずつ泉量が減り、自噴の温泉だけでは間に合わなくなりました。
また終戦後には旅館の数も増えボーリングによる温泉の開発が進められ源泉を持つ温泉の他は榊原泉源開発株式会社から供給されています。
同会社は昭和29年に地元の人たちで「泉源組合」を設立し、同37年には株式会社になりました。
現在榊原川沿いに4カ所の源泉を持ち榊原の必要な温泉施設に配泉しています。
また旅館時前の源泉が3カ所あるので合計7カ所になるのでしょうか。
また会社では地元の人たちにも使ってもらおうと「小売りスタンド」も設けられています。
地元ばかりでなく遠くからも来られるようですよ。
写真は榊原泉源開発株式会社と源泉2号です。

b0145296_9514521.jpg
b0145296_9515823.jpg
b0145296_95277.jpg
b0145296_951114.jpg
b0145296_10454214.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2015-01-22 06:00 | 吾作