<   2013年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
里山も少し秋の色
気温の差が激しかった10月も今日で終わり。
里山の色も少しずつ変化しています。
まだ紅葉には早いのですが金比羅山(右)もはっきり分かりますね。
日本列島を脅かす台風などもう来ないでほしいです。
自然災害にはめっぽう強い榊原温泉でのんびり日本の原風景を楽しむのもこれからです。
お風邪召しませぬように。

b0145296_9371090.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-31 06:50 | 吾作
学校遠足にふるさと案内人
榊原温泉郷おもてなし館に今年4月、「榊原温泉ふるさと案内人の会」が誕生しましたね。
榊原小学校の秋の遠足がウオークラリーで隠れた地元を勉強しようというもので、昨日8つのチームに分かれて11個所のポイントを回りました。
じゃ、そのポイントの案内をと協力を申し出た9人の案内人がそれぞれを担当して午前中に終わりました。
こんな榊原温泉っていいでしょう。

湯元誓願寺の説明をするY川さん。

b0145296_13335983.jpg
榊原にはたくさん「山の神」が祀られているとK保さん。

b0145296_13355929.jpg
明治8年にここで榊原小学校は始まったと2区集会所(本願寺跡)で教えるY田さん。

b0145296_13392066.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-30 06:33 | 吾作
鍋の恋しい季節となりました
10月になってもこんなに暑く。
10月になってもこんなに台風が来る。
と思っていたら朝、外の気温は10度を割っています。
こう寒くては口当たりのよう冷たい物から温かい鍋物がよくなりました。
鍋に欠かせない柚子も遅れないように頑張っています。
今夜は迷わず鍋ですね。

b0145296_1047365.jpg
b0145296_10471276.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-29 06:38 | 吾作
こんな問題出来ますか
昨日、津市観光協会の主催で「津ふるさと学検定」が津商工会議所を会場で行われ、81名がチャレンジされました。
もちろん榊原温泉の問題も含まれています。
その中のひとつ
問題:榊原温泉の湯治場に風情を添えてきた枝垂れ桜「糸桜」は、和歌や俳句に詠まれるなど来訪者から親しまれてきた。『松尾芭蕉』は榊原温泉に逗留して「葉桜に袴の裾もぬれにけり」の句を残している。
さあ○か×か。(答は写真の下)
検定終了後、市内各方面から商品が届いており全員で抽選会がありました。
津観光協会会長賞「榊原温泉ペアで1泊ご宿泊」をみごと引き当てられたのは津市船頭町のN山さん、奥さまにいいプレゼントが出来たとよろこんでおられました。
よかったですね。

b0145296_191017100.jpg
b0145296_19103851.jpg
検定問題の正解は、まる!
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-28 06:30 | 吾作
ザクロがはぜた
気になっていたザクロがついにはぜて赤い実をこれ見よがしに見せています。
おいしそうでしょう。
一粒ひと粒に種がありますが、子供のころはそれを上手に食べました。
少し酸味があったのを覚えています。
ザクロがはぜると花に負けない美しさ、熟美とでもいうのでしょうか。
早く取らないと小鳥に食べられますよ。

b0145296_154739.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-27 06:54 | 吾作
遠慮がちに咲く菊の花
台風はいかがですか、静かに雨が降っています。
畑に咲きだした菊が雨に負けじと突き上げるつぼみ。
でも花が開くと少し遠慮がちです。
じっと堪えていると雨は遠慮なく降り注ぎます。
たっぷりと水を溜めた菊の花は重そう。
少しがまんしなよ、風が揺すってくれるから。

b0145296_1828919.jpg
b0145296_18285659.jpg
b0145296_1829391.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-26 06:42 | 吾作
柿も当たり年
今年は台風の当たり年なのでしょうか、27号と28号のダブルで荒れています。
榊原温泉は今のところ被害もなくありがたいことです。
当たり年といえば今年は柿も当たり年のようでふさふさといろんだ柿をよく見かけます。
お客さまが旅館にプレゼントされた色紙にもいろんだ柿がありました。
昔からの農家や休耕田に植えられた柿がたくさん実を付けています。
そんな柿は特に手入れをすることなく自然のままです。
昔はたくさんの子供たちが食べていましたが、その子たちも少なくなりあまり食べない。
もう少しするとサルが食べにきて、残りをヒヨやカラスが食べていきます。
誰かに食べてもらえば柿も喜んでいるでしょう。

b0145296_913711.jpg
b0145296_914945.jpg
b0145296_9141414.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-25 06:40 | 吾作
ナンテンの実が化粧中
もう少しすると真っ赤になるナンテンの実ですが、まだ紅ほんのりです。
昨日、前のフェンスにヒヨドリがずらっと並び何か咥えています。
よく見ると赤い実です。
すぐ近くにハナミズキに赤い実がなっていますが、どうもその実のようです。
ナンテンはまだ赤くなっていないのでヒヨドリに見つかっていませんが、そのうち赤くなればヒヨドリに食べられます。
なくならないうちに吾作はカメラに納めておこうと撮しました。

b0145296_18445295.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-24 06:45 | 吾作
野菊が野原をうめる
野菊がたくさん咲きだしました。
野菊の種類もたくさんあるようですが写真の野菊はカントウヨメナ(関東嫁菜)のようです。
写真を撮るちょっとの間にもヤブ蚊が手に止まり血を吸っていったのでしょう、ぷくんとふくれあがり、かゆくてかゆくて・・・。
今年は遅くまで暑かったからか蚊がまだまだ健在です。
それと台風どうなるのでしょうね。

b0145296_1361244.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-23 06:57 | 吾作
イタドリ種子の旅立ち待ち
ポンポンが榊原の標準語ですが、一般的に使われるイタドリ。
花が咲き終わりその後に薄い袋に種を入れたイタドリの実が朝日を透かして輝いています。
栄養分が届かなくなると枯れて乾燥していきます。
そしてだんだん軽くなるころ北風が吹いて飛んでいきます。
子孫を残すための旅立ちです。
ポンポンは今からそのチャンスをじっと待っているのですね。

b0145296_2142134.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-10-22 06:43 | 吾作