<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
桃でなくてもうれしいね
あかりをつけましょ ぼんぼりに
 お花をあげましょ 桃の花
・・・
「うれしいひなまつり」の歌詞ですね。
3月3日の雛祭りには桃は咲いてくれません。
今年もやっと開いたのが梅の花です。
温室で咲いた桃の花より自然の庭に咲いた梅の花の方が時期的に似合います。
可愛いお雛さんもほれ、うれしそうです。

b0145296_13515529.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-28 07:15 | 吾作
かわいい六地蔵さん
昨日、風のない榊原第6区、八知山地区のサンマイ(墓地)に子供たちが集まっています。
榊原小学校の2年生たちで、かさこ地蔵を習ったので本物の地蔵さんを見に行こうと校外学習なのです。
六体のお地蔵さんはとれぞれ役目もあって持ち物も違います。
それぞれの特徴を観察しているようです。
「吾作さん、右の地蔵さんは何を持ってるの?」
さあ、ソフトクリームみたいだ。
「じゃ、その次は?」
ん〜ん、 チビ太のおでんかな?
・・・
叱られちゃいました。ゴメンね。
でも何でしょう?

b0145296_13365788.jpg
b0145296_13371711.jpg
b0145296_13373066.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-27 07:00 | 吾作
タンポポも寒そうです
もうそろそろ時期だしツクシはどうかと土手を探してみたけど頭も出てない。
寒さの中に濃厚な黄色を開かせているのはタンポポ。
しっかりとマフラーを首に巻き付けてないと寒い。
まだまだ風は冷たいですね。

b0145296_15473010.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-26 07:07 | 吾作
里山も春色
梅が咲きだすと里に春が来ます。
雑木で覆われた里山は色で四季を教えてくれます。
紅葉の葉も散り冬枯れの雑木にも少し変化が見えてきました。
これから何かを期待させる色ですね。
早く暖かくならないかな。

b0145296_7284415.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-25 07:12 | 吾作
やっと一輪 梅一輪
長い間つぼみで頑張っていた梅もやっと一輪かわいい花びらを開いてくれました。
寒い中でも少しずつ春の兆しが目に付くようになってきましたね。
昨日今日とスーパーの衣料品売り場では春物が並び、その横で冬物一斉バーゲンをやっています。
梅は咲いたけどまだまだ冬物がほしいこのごろです。
半額の半額の冬物でも買ってくるか。

b0145296_16294448.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-24 07:18 | 吾作
なかなか暖かくなりません
ニュースでは日本海側や北海道でまだまだすごく雪を降らしていますね。
榊原でもときよりカザハナが見られることもあります。
梅の花も今年は遅いようであと一息です。
榊原でいちばん早く咲く糸桜(しだれ)は寒さを堪えています。
その枝にヒヨドリが日向ぼっこをしています。
花が咲けば花びらを食べようと待ちかまえているのかな。

b0145296_22493837.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-23 07:14 | 吾作
雪の越後高田へ行ってきました
この地で誕生した榊原氏最後の居城となった越後高田(新潟県上越市)へ一昨日行ってきました。
たまたま昨年秋に知り合った公益財団法人旧高田藩和親会の方と連絡を取り合い高田訪問が実現しました。
高田の町はすばらしくきれいな町で写真のように駅前通りから見たJR高田駅舎です。
豪雪地としか知らなかった吾作をおどろかせました。
雪化粧での歓迎で感激です。
旧高田藩和親会というのは、旧高田藩の歴史と文化の保存・維持に関する事業を行い、次世代にその啓蒙と普及を図ることを目的とされており、その事業目的も「旧高田藩榊原家に関する文化財の保存・調査・展示に関すること。」など、榊原さんの応援団です。
高田城の城跡は日本三大夜桜、夏には東洋一といわれるお堀に植えられた蓮を楽しむ城跡公園として観光スポットです。
その中に平成5年に復元された三重櫓が写真のようにそびえています。
高田城は平城ですが河川を利用した幅広い堀が特徴でしょうか、その広さは姫路城に劣らない広大なものです。
そして「榊神社」があるのです。
高田藩が明治政府の廃藩置県により廃止された明治4(1871)年、旧高田藩和親会が徳川四天王といわれた藩祖・榊原康政を祀るため、広く領内から寄付を募って建立した神社です。
まだまだ語り尽くせませんが、今回の旅は和親会のみなさんの厚いおもてなしで貴重な体験が出来ました。
ブログを通じて深く感謝を申し上げます。

b0145296_11335183.jpg
b0145296_1133576.jpg
b0145296_11342199.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-22 07:00 | 吾作
お雛さまの展示を見ていこう(9)
榊原温泉にある日帰り施設、サンドセラピー砂羽とふれあいの里湯の瀬を最後に覗いてみましょう。
砂羽は「灯り」を効果的に使った展示が楽しめます。
湯の瀬は玄関を入ったところとロビー奥に段飾りが楽しめます。
いかがでしたでしょうか、このイベントの極めつけは3月3日の記念婚式です。
お雛さまの展示めぐりをされ榊原温泉をご利用ください。

b0145296_9493458.jpg
b0145296_9495178.jpg
b0145296_9501083.jpg
b0145296_9503532.jpg
b0145296_950567.jpg
b0145296_9511429.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-21 07:00 | 吾作
お雛さまの展示を見ていこう(8)
地域に開かれた郵便局と農協のロビーにもお雛さまが展示されています。
榊原温泉郵便局のロビー(上)は榊原幼稚園の可愛い作品展も併催されています。
JA三重中央榊原支店のロビー(下)も待ち時間を楽しませてくれます。

b0145296_9383252.jpg
b0145296_9384812.jpg
b0145296_939225.jpg
b0145296_9391733.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-20 07:04 | 吾作
お雛さまの展示を見ていこう(7)
お雛さま展示会場のメインといってもよい射山神社の参集殿には十二単や、昨年も展示されていた久居藩から賜ったという江戸時代の男雛と女雛も展示されており見応えがありますよ。
ただ公開日は期間中の土日となっていますのでご注意ください。
十二単の試着も出来るそうですので、いかがですか?

b0145296_9261529.jpg
b0145296_9262974.jpg
b0145296_9264519.jpg
また林性寺の展示は立派な段飾りです。
本堂右手の玄関からお入りください。
ときによると生き雛が案内してくれますよ。

b0145296_928593.jpg
b0145296_929139.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2013-02-19 07:17 | 吾作