「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
春の雨が糸桜を咲かす
昨日の夕方近くに撮したのが1枚目です。
もう開くという感じですね。
昨夜からの雨が糸桜を開花させました。(写真2枚目から)
太陽と北風で北風が勝ったように、糸桜の開花も太陽でなく春の雨でした。
2枚目が神湯館と糸桜の古木です。
近づいてみるとちらほら可愛い花が開き出しました。
糸桜の根性でしょうか、なんとか3月中に開花にこぎ着けました。
明日からは4月、桜本番ですね。
また一週間後には湯の瀬で「さくら祭り」が開催されます。
最後の写真は準備を済ませた湯の瀬の入口です。

b0145296_7594524.jpg
b0145296_80068.jpg

b0145296_801482.jpg
b0145296_1141545.jpg
b0145296_802281.jpg
b0145296_803370.jpg
b0145296_805171.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-31 08:00 | 吾作
もうすぐの糸桜
昨日の陽気で開花かと思われた糸桜は緩んではきたものの後しばらく。
今日中に咲くか、明日のなるか。
今年はずいぶん気を揉ませてくれます。
写真は見上げた糸桜のてっぺんとつぼみです。

b0145296_7184198.jpg
b0145296_7185589.jpg
こちらはソメイヨシノのつぼみです。

b0145296_7191599.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-30 07:20 | 吾作
お客さまの歓迎には花がいちばん
湯元榊原舘の西側に黄色い菜の花が帯状に咲きほこっています。
傍にパンジーなども咲いているのですが菜の花にはかないません。
駐車場の車を止めて、ほっと一服。
春はいいですね。

b0145296_7331063.jpg
さて、榊原温泉のシンボル桜の糸桜がもうすぐ。
枝のつぼみがかなり赤くなってきましたよ。
神湯館バス停に垂れ下がった枝もこんなになっています。
開花は今日か、明日か・・・

b0145296_7333480.jpg
b0145296_7335411.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-29 07:33 | 吾作
旅館の庭園にもエセビ
昨日のエセビの写真は秋に紅葉のきれいな貝石山のふもとでした。
今朝は旅館清少納言の庭園をのぞいてみました。
宿泊されたお客さんも数人が散策されてましたけどエセビがきれいに咲いていました。
すこし赤みを帯びたかわいい花です。
園芸種には花にも種類が多いのですね。

b0145296_7145487.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-28 07:15 | 吾作
エセビ
ほんとうは馬酔木と書いて「アセビ」と言うんですね。
他にも「アシビ」「アセボ」「アセミ」等々。
榊原ではアセボとも言いますが「エセビ」かな?
牛馬が食べると中枢神経が麻痺して酔ったみたいになるんですね。
昔、榊原では牛を飼っていましたから、よく聞きました。
いまきれいに咲いています。
青山高原もクマザサの中にエセビがきれいに咲きますが、ツツジの咲く前ですから5月の連休ごろでしょうか。

b0145296_7143964.jpg
b0145296_7145361.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-27 07:15 | 吾作
梅は咲いたが桜はまだまだ
もう最後の氷になるでしょうか。
ウッドデッキに残った昨日の雨が凍っています。

b0145296_7263481.jpg
射山神社の東、神湯館前の糸桜(しだれ)を見に行くと、まだまだ蕾硬し。
で、神社の西の空き地ではまだ梅の花盛りです。

b0145296_727555.jpg
ならば・・・桜の咲くまでにちょっとお知らせ。
温泉教授・松田忠徳先生の「温泉手帳」が東京書籍から発刊されました。
榊原温泉のことも書いてありますが、知りたいことが満載です。
温泉もの知りになれますよ。
b0145296_13374476.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-26 07:27 | 吾作
ツクシ真っ盛り
ツクシも遅れを取り戻そうと次から次へと・・・
日当たりのよいところでは、もうこんなに育ち春の苦みもなくなりました。
また寒さがぶり返したなどと人間は足踏みしていますが、自然界ではどんどん進んでいます。
食べるにはもう少し頭の硬いうちに。

b0145296_7113597.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-25 07:11 | 吾作
花木も次々と咲きだしています
葉に先立って大型で白い花を咲かせるハクモクレンがずいぶんふくらみました。
まだ寒いのでしょう細かい毛でつぼみを覆っています。
モクレンは地球上で最古の花木だそうですよ。
1億年以上も昔からこんな大きな花を咲かせていたらしい。
早く咲きたい、いやまだ寒い、花木ながら工夫を重ねて細かい毛をまとうことにしたのでしょうね。
また黄緑の奇妙な花を咲かせているのはトサミズキです。
爪のような茶色は雄しべだそうです。

b0145296_7174165.jpg
b0145296_7175329.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-24 07:17 | 吾作
炭焼きもそろそろ終わり
榊原の炭窯も今では2つになりました。
昔は秋の取り入れが済むと山に入り、冬の間は炭焼きをしていました。
この炭窯は榊原一の坂地区の老人クラブが10年余り前にクラブ活動の一環として復活させた「ふれあい窯」です。
里山から伐りだした雑木を窯に入れ、1日半から2日、昼夜焚くのです。
窯の中のすべてに火が回ったら空気穴だけ開けて蓋をします。
4日から5日、蒸し焼き状態にしてその空気穴もふさぎます。
そして一週間ほどで炭ができあがります。
炭を出すにもまだ熱い、だから冬の仕事ですね。

b0145296_785554.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-23 07:10 | 吾作
糸桜つぼみかたし
昨日から高知県を皮切りに桜開花の便りが聞かれるようになりました。
榊原の天然記念物になっている糸桜は例年春分のころ開花するのですが、今年はまだお預けのようです。
昨年も開花は3月月末になっていましたので、今年も昨年と同じ頃になるのでしょう。
江戸時代の湯治場を飾ってきた名残を残す糸桜です。
神湯館の敷地内で大切に管理されています。
バス停に垂れ下がるように細い枝を伸ばしています。
枝全体はすこし赤くなっているのですが、つぼみは写真の通りです。
今朝は氷点下1度、まだ寒いもんね。
あと一週間、楽しみにお待ちください。

b0145296_7142574.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2012-03-22 07:14 | 吾作