<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
今日は大晦日
明日はお正月、日本ではお正月が一年の区切りです。
昔から無事に年を越せることを喜びました。
放っておいても年は変わる、でもそれは許されない。
宗教に関係なく神社に初詣をして「よい年でありますように」と手を合わせたくなる私たち。
神社ではそんな参拝者を迎えるために、しめ縄も新調されています。
お寺では除夜の鐘の準備も出来ています。
榊原の夜のイベントでも9時過ぎには終わりますが、大晦日に限ってはHNKの紅白歌合戦が終わるころからにぎやかになります。
年越え詣でですね。
また除夜の鐘を突きに行く人も。
この一年、お付き合いありがとうございました。

b0145296_16192079.jpg
b0145296_7175156.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-31 07:18 | 吾作
ウラジロ
正月飾りには欠かせないウラジロですが栽培は難しいんですってね。
榊原はありがたいことにサカキはあるでしょう、ウラジロもあるんですよ。
なんで年の初めにに使うの?
裏が白い。共に白髪が生えるまで、という意味に解釈するらしい。
吾作は既に共に白髪になっているけど習慣ですから採りに行きました。
あるところにはあるんです。
写真は自生するウラジロの群落です。

b0145296_70291.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-30 07:00 | 吾作
餅つき
正月が間近になると餅つきも始まりました。
家庭での餅つきは突く人がいなかったり面倒だを理由に少しずつ減ってきました。
また杵と臼での餅つきはさらに減って餅つき器というのが使われています。
でもぺったんぺったん・・・いい響きです。
写真はコヅキが終わってさあ突くぞといったところでしょうか。
餅が欠かせない正月はもうすぐです。

b0145296_7315631.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-29 07:32 | 吾作
門松でお迎え
榊原温泉の旅館では新年を迎えるための準備が進んでいます。
門松は正月様をお迎えするのに松竹梅をあしらって家の門に立てる風習があります。
旅館では正月の神様だけではなくお客さまをお迎えするためにも大きな門松が飾られます。
写真は白雲荘の玄関で、女将さんの手で最後の整えをしています。
こだわりですね。

b0145296_7132037.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-28 07:13 | 吾作
かざはな
昨日は新幹線が止まり、東海地方にも雪で道路の通行止めもありました。
榊原では雪の気は全くなかったのですが、午後になって風花(かざはな)が散る寒い一日でした。
「風花」とは、「雲の少ない晴天に舞う雪のこと。遠くの山岳方面が風雪となっているとき、その雪片が上空の風にのって、風下の晴れた山麓(さんろく)方面に飛んでくることがあり」と、日本大百科全集に解説してありました。
榊原ではこの現象を「ゆきばな」と言っています。
雪の花・・・わかる気がしますね。

b0145296_7162281.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-27 07:16 | 吾作
朝晴れると風車が光る
榊原の里では風車が近すぎて見えるところは少ない。
里山の位置で布引山(青山高原)全体の見えるところもあれば、まったく見えないところもあります。
この山間の里は安子(あご)といい、少し離れて里と風車を眺めるのも楽しい。
寒くても里には人がいて温もりが感じられます。

b0145296_820531.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-26 07:18 | 吾作
冬はよく時雨れる
西の空が暗いと、いくら明るい太陽が顔を出していても安心は出来ない。
天気予報では晴れ。
でも榊原では鵜呑みに出来ないのです。
ときおり細かい雨が吹けてきます。
もっと寒いところだと風花になって雪が吹けてくるのでしょう。
傘が要るほどではないのですが洗濯物には困った時雨です。
寒い日によく起こる現象ですね。

b0145296_7182964.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-25 07:19 | 吾作
スイセンがきれい
冷たい風を感じないのか冬の陽を受けてスイセンが咲いています。
強い北風に何度か倒れそうになっても微笑んでいます。
スイセンにとって太陽あるのみといった感じです。
球根で増えるスイセンは家族や仲間を増やしていきます。
冬の間 楽しませてくれます。
太陽にかざしてみると・・・、お、お、天使さまみたい。
今夜はクリスマスイブ、お楽しみを。

b0145296_721337.jpg
b0145296_721188.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-24 07:21 | 吾作
静かな神社境内に響く水琴
射山神社の境内で宮の湯がつくばいに落ち、あふれた水はその下の穴からさらに下に落ちて、キーンキーンと軽やかな琴の音になって聞こえてきます。
温泉水琴窟です。
恋の願いを聞いてくださる恋こ槌のすぐ傍です。
今日は氏神様(射山神社)の大掃除です。
吾作もこれから行ってこよっと。氏子ですから・・・

b0145296_725748.jpg
氏神様の大掃除を終えて今帰ってきました。
女性は拝殿と参集殿の中、男性は境内のお掃除をして新しいしめ縄に入れ替えられ、新年を迎える準備が出来ました。(9時22分追記)

b0145296_9221126.jpg
b0145296_9222315.jpg

[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-23 07:03 | 吾作
今日は冬至です
今日は北半球では太陽が最も低く、夜が最も長くなる日だそうです。
日本人の習慣として冬至は、柚子湯に入り小豆粥や南瓜を食べると、風邪をひかないと言われています。
柚子湯もいいけど鍋もいい、柚子の絞り汁をちょっと入れて・・・
古代には、冬至を1年の始まりとしていたそうですよ。
太陽が最も低くなるんだから区切りにはいいですね。
昔の人はえらいもんだ。

b0145296_7254252.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2011-12-22 07:25 | 吾作