「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
きょうの佳き日に
きょうは友引で育恵ちゃんのヨメリです。
ヨメリとは嫁入りのことで結婚式ですよ。
育恵ちゃんの晴れ姿を見に行ってから写真を入れますからね。
ちょい待って・・・
  ・
  ・
  ・
育恵ちゃんの門出です。
これから射山神社の挙式会場へご出発です。

b0145296_991553.jpg
出雲の神さまを祭神とする射山神社で挙式が始まりました。

b0145296_11424939.jpg
三三九度の盃です。

b0145296_1143216.jpg
滞りなく挙式を終えて記念撮影。

b0145296_11441421.jpg
境内に湧く長命水で幾久しく・・・よろしくね。
おめでとうございました。

b0145296_11445222.jpg
当日のすべてをまとめました。クリックすると大きくなります。
b0145296_2213797.jpg

来年2月19日(土)に榊原温泉お雛さまイベントで結婚式(記念婚)をこのイメージで計画しています。こんな時もあったんだとか、あの頃は忙しかったからと興味ある人は旅館の女将さんか榊原温泉振興協会へお問い合わせください。5組募集だそうです。誰に聞いた?と聞かれたら「吾作に聞いた」とお告げください。まだ募集はしていませんけど、早い者勝ち。
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-31 07:25 | 吾作
台風いややにゃー
13号が沖縄や奄美大島をたいへんな被害をもたらしたので
今日やってくるという14号も騒がれていますが、まだ無風状態です。
今年は台風が来なかったので柿の葉もたくさん残っています。
これから紅葉する葉っぱは残しておいてほしいなー。
ネコも軒下に待避しています。
来るといややにゃー

b0145296_748363.jpg
<追記>昼ですが、まだ雨も風もありません。
<追記2>あれ、もう行っちゃったらしいです。(夕方)
            これでゆっくり寝れるにゃー。

b0145296_185195.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-30 07:48 | 吾作
収穫祭の準備始まる
榊原温泉秋の収穫祭は11月27日(土)です。
その準備も進められコンテストの案山子も集まっているようです。
会場近くの田んぼにはお知らせも大きく。(写真)
この周辺にユニークな案山子が11月8日から展示されます。
ことしのテーマは「ゆめ」です。
どんな夢の案山子が出そろうか楽しみです。

b0145296_7191345.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-29 07:19 | 吾作
ヤナギバルイラソウ
ごぞんじですか?この花。色は紫です。
まだ図鑑にも見あたりません、
ネットで調べてみると、どうやらメキシコ原産の外来植物で、まだ帰化植物図鑑にも載っていないヤナギバルイラソウ(キツネノマゴ科)だそうです。
花期はとても長く春頃から11月頃まで咲く一日花。
とにかく次から次へと花が咲くということは種子もそれだけあるのでしょうね。
毎日たくさんの花を付けますが今朝は雨に濡れ、開いているのはほんの数個でした。

b0145296_7243033.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-28 07:24 | 吾作
半分っこしようよ
昨日は北の各地から初雪が聞かれ冬将軍がやってきました。
今朝、窓の外に吊した寒暖計を見ると7.5度でした。
暑い夏でしたが、冬は足早にやってきそうです。さて
渋柿は干し柿にするか柔らかく熟してから食べますが
二個なっていた柿が一つ食べられちゃった。
ヒヨドリが狙っていたようです。
もう一個はまだ早いし・・・、もいで、かこっておくか。
でもヒヨドリもほしいだろう。
まだ青いときに「半分っこだよ」って約束したのも忘れているだろうしね。
彼らもこれからの寒さに耐えなきゃならん。
まいいや、残しておこう。

b0145296_7213710.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-27 07:22 | 吾作
セイダカアワダチソウ
ずいぶん嫌われ、敬遠されながらもすっかり帰化しました。
だれもが「きれい」と感じながらも、あの繁殖にうんざりしたものです。
40年ほど前に突如、空き地などに黄色い花で埋め尽くされた記憶があります。
でも日本への移入はずいぶん古く明治末期に園芸目的で持ち込まれたそうです。
牧野日本植物図鑑には、昭和の初めには既に帰化が知られていると述べています。
戦後の爆発的な繁殖はアメリカ軍の輸入物資と共にやってきたとか。
写真は上に伸びることが出来ず横に張り出して咲いています。
角度を変えるとまたきれいなものですね。

b0145296_782814.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-26 07:08 | 吾作
榊原のパワースポット「恋の明神」
松も色よい 貝石山はよ
 思いこめたる そのかいありて
 岩でちぎりは 唐戸淵


これは昔歌われていた榊原温泉小唄の一節です。
射山神社は湯山神社であり温泉の神さまが祀られています。
1500年前に伊勢の神宮にお詣りする清めの温泉だったからです。
温泉の神さまにはオオアナムチノミコト(出雲の神さま)が祀られていることから「恋の明神」としても都人に知られていました。
榊原温泉「ななくりの湯」を歌った恋の歌の数々です。
後拾遺集 相模
・つきもせず恋に涙をわかすかなこや七くりのいで湯なるらん
夫木集 任信
・一志なる七くりの湯も君が為恋しやまずと聞けばものうし
夫木集 橘俊綱
・一志なる岩根にいづる七くりのけふはかいなき湯にもあるかな
堀川後度百首 常陸
・世の人の恋の病のくすりとや七くりの湯のわきかへるらん
春夢草 牡丹花
・しるしあらば七くりの湯を七めぐり恋の病の御祓にやせん
等々です。
射山神社では今もひっそりとカップルが誕生しているのですよ。
この31日にも・・・。  おめでたいパワーです。

b0145296_7164457.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-25 07:17 | 吾作のものしり箱
榊原のパワースポット「子もけ石」
榊原もずいぶん奥の山の上に「子もけ石」という奇妙な石があります。
丸い穴がところどころにあって、丸い石が入っています。
小さな穴は中が広く丸い石はゴロゴロ動きますが、口より大きいので出てきません。
徐々に穴の口が大きくなると丸い石は出てしまいます。
次から次へと石の子供が産まれてくることからこの名が付きました。
子宝や安産を求めて山に入る人もあったと聞きます。

b0145296_6493082.jpg
b0145296_6501375.jpg
<案内>残念ながら道もなく植林された急な山を登るためよほどのパワーが必要です。
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-24 06:51 | 吾作
榊原のパワースポット「力石」
昔々、徳川四天王の榊原康政のご先祖が榊原城においでた頃です。
榊原のお殿さんは長野(美里町)のお殿さんとは仲が良く、ソヤ谷を越えてよう出かけなした。
途中、ショウズ(清水)が湧く場所(写真上)で休憩なさるのですが
ある時「わしも歳を取った、ちょっと力試しでもするか」と
すぐ脇の岩をめがけて槍を突き刺しなした。(写真中の真ん中あたり)
やはり槍の名手だけあって、刃の部分はすっぽり岩に潜り込み
「まだまだじゃのう」と言わしたそうじゃ。
昔、その小穴に細竹をつっこむと、有に三尺(約1メートル)はありました。
現在は、その力石は削がれたように欠けて浅くなりましたが穴は確認されます。(写真下)

b0145296_7182448.jpg
b0145296_7184036.jpg
b0145296_719051.jpg
<案内>射山神社から北へ谷を約1キロです。
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-23 07:20 | 吾作
ラブラブ蝶
可愛い小さなチョウチョが飛び交っています。
ときどきもつれあったりして・・・
ああ、いまラブラブなんだ。
ときどき別の一匹が接近しますが、彼が寄せつけません。
たくさん卵を産み幼虫で越冬させます。
だから邪魔しないで。
でもラブラブ中はなかなか撮れない・・・

b0145296_6562741.jpg
チョウ動かないで。はい、パチリ。モンキチョウさんだったんだー。

b0145296_6572343.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-10-22 07:00 | 吾作