<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ヒメウスアオシャク
蛾(ガ)の仲間はあまりにも多く、間違っていたらごめんね。
時季外れのアスパラに時季外れのヒメウスアオシャクという蛾。
これらは夏に出現するようですが暑かったからついつい秋までかな?
2センチほどの小さな蛾ですがよく見るときれいですね。
雨の合間に羽を休めているようです。

b0145296_783072.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-30 07:08 | 吾作
ススキと風車
青山高原、笠取山に建つ風力発電の風車がいま見ごろ。
ススキと青空が雄大な舞台装置を作ってくれました。
風に向かってゆっくりとのの字を書いて回る風車。
秋の風が心地よく首筋をすり抜けていきます。
春はツツジが高原を舞台にダンスを踊ってくれましたが
晴れ上がった秋空とススキは雄大なシンフォニーを奏でてくれます。

b0145296_72715.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-29 07:02 | 吾作
クズ危うし
秋になって確認したのですが、これなんでしょう。
大きな葉っぱは秋の七草のクズ、榊原ではクズフジとも言います。
そこに小さな花を咲かせながら蔓が何重にかなうように伸びてクズ全体をを覆っています。
あの繁殖力が桁外れで樹木まで覆うクズフジがどうしたことでしょう。
覆われたクズフジは完全に枯れています。
写真(上)は枯れてしまったクズフジから右側の緑の葉に移動しています。
こんな風に(中)、そして花のアップ(下)です。
クズフジだけの天敵ならいいけど、ちょっと不気味です。
この正体はアメリカネナシカズラだそうです。
他の植物にからみつき、栄養や水分を奪っていく寄生植物です。
根も葉も持たず蔓状の茎にたくさん小さな花を咲かせているのです。
根も葉もないからといって安心できないね。
用心用心。

b0145296_738229.jpg
b0145296_7382443.jpg
b0145296_7384148.jpg
クズフジを枯らした後は自らも枯れていきます。
網をかぶせたようで窒息死みたいですね。

b0145296_9555019.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-28 07:39 | 吾作
3人のおばやん
昨日は午前中すばらしい秋晴れでした。

おばやん3人いかんす。       =おばさんが3人行く。
ひとりは自転車追ていかんす。    =一人は自転車を引いて行く。
ええ日だすなー。          =よいお天気ですね。
どこえいきなさるん?        =どちらへ行かれるの?
ちょっとそこまでやわ。       (何処とは言いません)

秋晴れの里道はのどかです。
ショッピングでもなさそうだし・・・
やっぱり畑か。

取り残しのナスビもぎにきますんやわ。(もぎにく=採りに行く)
畑に向かうご一行でした。

b0145296_7113796.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-27 07:12 | 吾作
柿の実も赤く
朝はあまりにも極端に気温が下がり寒くなりましたね。
ちょうどいい頃ってなかなかないものだ。
柿も戸惑っています。
写真の柿は急ぎすぎたのか真っ赤っか。
富有とか次郎という改良された柿ではなく
この柿の木は百年を有に超した古木です。
植物図鑑には見あたりませんが「おてら」と聞かされてきました。
形や味は蓮台寺柿とよく似ています。
原種に近い柿だと思います。
食べごろがあって、早くても遅くても渋い~~~(^x^)

b0145296_713957.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-26 07:13 | 吾作
ヒガンバナ満開
さわやかな朝です。
すごいですね、暑さで彼岸花の開花を狂わせていましたが
気温が下がるや一斉に咲きだしました。
いつもお彼岸のころには忘れることなく咲きそろう彼岸花。
あの球根に暦が組み込まれているのかなと思うぐらいでした。
でも暦じゃなく秋の彼岸の気温を察知しているんですね。
寒暖計が組み込まれているのだ。
吾作は納得しました。

b0145296_658175.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-25 06:58 | 吾作
路傍のハギ
8月から咲きだすハギもありますが、ハギは秋の七草。
里の道を歩いていて可愛いハギの花に出会いました。
秋を感じさせてくれますね。
ハギの仲間ですが地元のものしりに聞くと「ミゾハギ」という。
調べてみても見あたらない。
「ミソハギ」はあっても花の付き方が違うし葉も違う。
だれか教えてください。
お彼岸を境に気温も下がり、もう寒くなりました。
今朝は20度を大きく下回っています。
これから紅葉まで長そうで短い秋です。
日本の秋、楽しみましょう。

b0145296_711187.jpg
b0145296_7111998.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-24 07:13 | 吾作
お彼岸さん
今日は秋分、また彼岸の中日です。
これから吾作も彼岸会でお寺詣りです。
檀家世話役は少し早くお寺に出かけます。
カッちゃん、ヒロさん、タダカッちゃんはいつも早い。
ありがたいお経やお説教を聞かせていただきます。
今年はずいぶん暑いお彼岸さんです。
昨日など35度を超える猛暑日となりました。
暑さが続いたためヒガンバナが咲くのを迷っています。
やっと一輪開いたヒガンバナを見つけました。
暑さ寒さは彼岸まで。
これで暑さに終止符を打ってほしいものですね。

b0145296_7145055.jpg
(写真は昨日撮影したものです)

[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-23 07:15 | 吾作
十五夜
今夜は十五夜、中秋の名月です。
お天気はだいじょうぶでしょうね。
このお月さまは昨夜の月齢14の月です。
昔の榊原ではあまり十五夜さんを眺めたことは聞いておりません。
満月は農家にとって夜間照明のようで遅くまで野良仕事が出来た。
こんなことは聞いております。
風流なことでは腹がふくれません。
こうやってきれいなお月さまを眺められるいい時代なのです。
かぐや姫ってあそこにいるのかなー?

b0145296_7125026.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-22 07:13 | 吾作
蛇行する赤米
秋の太陽を浴びて赤く実った古代米が光ります。
ほ場整備がされていない田は、赤く蛇行している川のようでもあるし
そよそよと吹く秋風になびく赤い穂は海のうねりのようです。
初夏の麦が実るころは麦秋(ばくしゅう)で黄金色に輝きますが
秋の田んぼも里らしい美しさを見せてくれます。
また赤い穂はさらに田んぼをきれいに見せてくれます。

b0145296_7163688.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2010-09-21 07:18 | 吾作