<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
あら紅葉?
おお、もう紅葉ですか。
嫁落としの山はもう秋色が見え始めました。
カメラを持って近づいてみると確かに赤い。
どうも晩秋の紅葉のころまで持たない葉っぱが
「もーもたん」と、葉を落とす寸前でした。
枯れて落ちる前に少しは・・・と
黄や赤に染める努力をしている葉っぱたちです。

b0145296_732522.jpg
この漆(うるし)を見てください、たしかに赤く染まってますね。

b0145296_1242351.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-31 07:21 | 吾作
ススキ
月見の飾りにはススキにダンゴ、それに芋、豆、栗などですが
中秋の名月は8月といえども旧暦のことですね。
今年の十五夜さんは10月3日、だいぶん先です。
でも秋の七草は次々と顔を出しています。
里のススキは元気な穂を立てていますよ。
榊原も一歩一歩秋の演出が始まっています。
子供たちの夏休みも明日一日を残すだけになりました。
旧暦ではまだまだ7月11日というのにね・・・

b0145296_7153186.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-30 07:15 | 吾作
百舌鳥
モズの高鳴きを聞きました。
モズは珍しくもない野鳥ですが、文字通りいろんな鳴き方をします。
いつも聞いていてだまされることだってあります。
でも秋になるころに木のてっぺんで鳴く高鳴きは独特のもの
秋だなーと感じさせます。
これはかなりの望遠レンズで撮さないと図鑑の写真みたいにならない。
せめて野鳥を・・・と
実った稲田を飛ぶカラスを撮しました。
この代用品でご勘弁を。
またモズがうまく写りましたら載せます。

b0145296_8283978.jpg
小さいですが、やっと捕らえました。(10月5日追記)
b0145296_828581.jpg
もう一つおまけ。(10月13日追記)
b0145296_1701730.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-29 07:10 | 吾作
榊原の昔からの家には必ずと言っていいほど柿の木があります。
家があって里山のある田舎の風景には柿の木が似合いますね。
子供のころ、秋の遠足というとオチン(おやつ)は柿と栗
ゆで卵があれば最高の贅沢でした。
榊原の子は、柿はちょっとも珍しくなかった。
吾作が町で生活したときに八百屋さんに柿が並んでいてびっくり。
へー、町の人はお金出して柿を買うんだ・・・と驚いた。
でもそんなことをいう吾作にびっくり、驚いていました。
また今年も昔の柿の木に実が生(な)りだしました。

b0145296_7335434.jpg
栗もまだ青いですね。
b0145296_7341269.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-28 07:34 | 吾作
イトトンボ
水辺近くの草の中を慎重にくぐり抜けているのはイトトンボ。
シオカラトンボやオニヤンマのような羽音を立てずに
可愛く飛んでいます。
可愛いはず、3セントぐらいかなー
羽ははもっと小さい、2センチあるかな?
図鑑で調べてみるとイトトンボにもずいぶん種類があります。
専門家でないのでわからないけどアオモンイトトンボらしい。
こんなに小さくても宙に浮かんだり、飛べるっていいなー。
また遊ぼうね (*^^)v

b0145296_7144597.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-27 07:14 | 吾作
なんじゃこれ珍百景#2
石垣の途中にポンプ、あ、井戸が
下の道から3メートル、上から優に2メートル。
なんじゃ?これ。
昔から使われていた伊藤さんちの井戸です。
まだ迎え水をすればポンプで汲み上げられるとか。
どうやって使うの?と聞いてみると
少し右側に上から降りられる石段がありました。
なるほどと納得した吾作です・・・が
たいへんだったでしょうね、昔は。
三区フリダン(古井谷)の道から。

b0145296_7175142.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-26 07:18 | 吾作
榊原には隠れた蓮池がありきれいな花を咲かせています。
その小さな沼にはトンボがたくさん飛び交っています。
恋人探しのようです。
パサパサ音を立ててせわしなくシオカラトンボが追っかけています。
静かな沼にトンボの羽音だけが聞こえてきます。
あ、恋人ができたようです。
下の写真、中ほどですが、見えますか?
見えにくいときは写真をクリックしてください。
ん?場所ですか。
背景から見当がつくでしょう。

b0145296_726192.jpg
b0145296_7262041.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-25 07:26 | 吾作
稲刈り始まる
昨日の日曜日はお天気も良く榊原のあちこちで稲刈りが始まりました。
昔は10月から11月にかけて稲刈り、そしてハサガケ乾燥・・・
しっかり乾くころに家族全員が出て田んぼで脱穀です。
榊原の学校では昔、農繁期休みが一週間ありました。
農家にとっては一番大事な時季です。
最近はずいぶん取り入れが早まり、まだ8月ですよね。
でも育ちも早く黄金色した稲が次々と収穫されていきます。
9月過ぎまで続き、これも榊原温泉の風景です。

b0145296_712653.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-24 07:12 | 吾作
処暑
陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也

萩の花が咲き、朝夕は心地よい秋風に変わり
暑さも遠のくという処暑(しょしょ)は二十四節季のひとつです。
でもまだまだ残暑は続きます。
そして台風。
これからが台風の本番ですが今年はどうでしょう。
伊勢湾台風から50年経つんですね。
忘れないでください。
忘れると・・・災害は忘れたころにやってくる
なんちゃって ヾ ^_^;
用心、用心。

b0145296_738139.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-23 07:38 | 吾作
順調に榊原の古代米
6月13日のブログに田植えを済ませた田を載せました。
市営の温泉保養館「湯の瀬」下に育つ榊原の古代米。
まだ穂は出ていませんがずいぶん育ってきました。
この前の写真の位置から撮したので比較してみてください。
水田に映る里山を眺めるのもいいし
ふさふさと育った稲が秋風に揺らぐ風景もまたいいものです。
もうそろそろ秋の取り入れが始まりますが
古代米はまだしばらく先のことです。
また昨年同様に「榊原温泉秋の収穫祭」が予定されています。
どうぞお楽しみに。

b0145296_7151082.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2009-08-22 07:15 | 吾作