<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
大晦日
近頃の子供たちは
お地蔵さんがたくさん並んでいると「わー笠地蔵だ」という。
岩手県や福島県に伝わる昔話で「かさこ地蔵」ともいうらしい。
でもこの写真は違います。
榊原の八知山地区の「さんまい(共同墓地)」の六地蔵です。
榊原にはたくさん「さんまい」がありますが
野守りさんと六地蔵さんが守ってくださっています。
これは地獄に墜ちてもお地蔵様が助けてくれる
そんな信仰からでしょうね。

今日は大晦日。
六地蔵を笠地蔵に見立てるのもよろしいかと・・・
射山神社への年越し参りを終えるころには
あちらこちらのお寺からゴ〜〜〜んと
除夜の鐘が聞こえてきます。

よいお年をお迎えくださいませ。

b0145296_7315048.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-31 07:32 | 吾作
一之坂観音堂
いよいよ今年も今日と明日。
新年を迎えるためにやることがいっぱい。
日本人にとって正月は特別なもの。
吾作など子供のころは、1つ大きくなるのが正月でした。
大きな節目でしたね。
さて榊原最後の札所になっているお寺です。

寺の名前が付いた4区の観音坂を上りきった右側が
一志郡内三拾三所第32番札所になっている一之坂観音堂です。
昔、この辺りに住んでいた木地屋が坂の途中に架かる橋の下から
「きじよ、きじよ」と呼ぶ、その声をたよりに下りてみると
川の中に光る観音像を見つけました。
これはもったいないことだと、お堂を建てて安置したのがここ。
本尊は聖観世音菩薩で、ここも無住職。
管理は一の坂垣内です。
そして観音堂は一の坂の集会所にもなっています。

b0145296_836424.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-30 08:37 | 吾作
お餅つき
杵と臼でつくお餅つきはイベントではよく見かけますが
自宅での餅つきは、ほとんどが電気の餅つき器ですね。
でも榊原ではまだまだ見かけますよ。

昔から榊原では
兎の日にはつかない、馬の日には大火を焚かない
といって、餅つきはしなかったそうです。
また、29日も餅はつかない。
あれ?今日は29日。
忙しい今日この頃、そんなことは言っておれません。

風もなく穏やかな今日
ぺったんぺったん、お餅つきの音が聞こえてきました。
これも年の瀬の風物ですね。

b0145296_13513862.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-29 13:51 | 吾作
専性寺
榊原で初午のお参りといえばここ
一志郡内三拾三所第31番札所はバス停「中ノ山」の近くにある専性寺です。
本尊は阿弥陀如来でその脇に馬頭観音が
また左手に立派な薬師如来像が安置されています。
薬師さんは少し西側で今は廃寺になっている長光寺から移ったもので
毎年9月8日に薬師さんの祭りが催されています。
明治新政府になって学制が発布され榊原にも学校が誕生しました。
独立した校舎が出来るまで2区の本願寺を榊原学校
4区のこの専性寺が播磨分校になっていました。
住職は和田さんで、檀家はなく4区のお寺となっています。

大きな銀杏の木がシンボルです。

b0145296_8395210.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-28 08:40 | 吾作
準備万端
官公庁は今日からお休み。
例年より2日早い御用納めでした。
榊原温泉ではお正月の準備も整っております。
正月の神様をお迎えするための門松も・・・
え?
お客様は神様です。
お客様をお迎えする門松です。
にこやかに貴方さまのお越しをお待ち申し上げております。

b0145296_9175672.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-27 09:18 | 吾作
わー初めての雪や!
今朝は氷がバリバリと張っていましたが
昨日の朝よりは気温が高く3度でした。
でも西の山からの吹き下ろしでコートの襟を立てないと・・・

今頃はいつも笠取山が白くなったりするのですが
今年はいっこうに雪の気配がない。
と、思っていたら・・・
朝8時50分頃から窓越しに雪が吹けていました。
写るかどうか、写真を撮ってみました。
今冬初めての雪です。
榊原温泉にも本格冬到来ですかね。
暖かくして下さい。

b0145296_16382182.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-26 09:18 | 吾作
湯元誓願寺観音堂
どうでした?サンタさん来ましたか?
だめですねぇ。
突然、多くのサンタさんが解雇されたようですよ。
それで街でティッシュ配ってたんだ。
紅葉はきれいだったけど、それどころではないんだね。
さて、こちらは閻魔さんですよ。

一志郡内三拾三所第30番札所はバス停「林性寺前」にある誓願寺です。
県道からは榊原駐在所の正面で、こちらが正面です。
湯元誓願寺となっていますが、湯元は地名です。
江戸時代から明治にかけての呼び名で、温泉が湧く観音様ではありません。
ずいぶん昔は中村ともいわれていましたが範囲は広く、湯治場の近辺を湯元と呼んでいたようです。
本尊は十一面観世音菩薩ですが、この他に近くにあった十王堂から閻魔さまが、また湯治場にあった観音堂から33体の観音様と大所帯。
ここも無住職で、管理は榊原三区自治会です。
県道からはお堂が赤くきれいです。

b0145296_715398.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-25 07:16 | 吾作
サンタがやってきた
今夜はクリスマスイブ。
普段はまっ暗な榊原にもクリスマスが近づくと
あちらことちらのお宅に可愛いイルミネーションが輝きます。
昔は、サンタさんは夢の中に出現するぐらいでした。
でも最近のサンタさんは子供のいる家の軒先までやってきております。
子供たちにとっては楽しいクリスマス。
あなたにとっても・・・

写真は昨夜、Nさん宅を撮させてもらいました。

b0145296_717156.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-24 07:20 | 吾作
射山神社で清掃
今日は天皇誕生日。
おめでとうございます。
どうかいつまでもご健康であられますように。

さて、朝8時から射山神社境内で
氏子の有志が集まって落ち葉を集めたりして
新年を迎える準備が行われました。

b0145296_1023364.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-23 10:23 | 吾作
下村の宝林寺
一志郡内三拾三所第29番札所となる宝林寺は無住職で榊原一区(下村)の会所寺(集会所)となっており、境内には愛宕社も祀られていることから小会式(祭り)もこの広場で行われています。
小会式には江戸時代から伝わる「かんこ踊り」が隔年ぐらいに奉納されますが、かんこ踊りがない年は「手たたき踊り」が踊られています。いずれも榊原独特の郷土芸能です。
宝林寺の本尊は室町時代と思われる木造の如意輪観世音菩薩です。
管理は榊原一区自治会です。
写真では少し高台にある建物、いい場所ですよ。
ここからの展望はよく、榊原温泉を遠望でき青山高原に並ぶ風車がよく眺められます。

b0145296_7155551.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2008-12-22 07:16 | 吾作