今日から大型連休
今日は「昭和の日」です。
吾作はなかなか覚えられず、つい天皇誕生日と言ったりして。
昭和天皇の崩御で「みどりも日」になって、平成19年(2007)から現在の昭和の日になりました。
そして今日からゴールデンウイークが始まり、新緑の榊原温泉は輝いていますよ。
五月晴れに風車が白く輝き、新緑と成長する青い麦の穂が元気をくれます。
連休中に一度は榊原温泉に来ておくれ。
榊原の温泉は酸化還元力に長け、若い体を取り戻してくれますよ。

b0145296_1143399.jpg
b0145296_11431413.jpg
b0145296_11432633.jpg
b0145296_11465197.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-29 06:00 | 吾作
東京で「榊原温泉であったまろ」
昨日は榊原温泉ご一行が東京へ出向きました。
東京にある三重県のアンテナショップ、日本橋の三重テラスで津市の日「つデイ」であったまってもらおうと、知ってほしい榊原温泉をいっぱい持っていきました。
今回のテーマは「榊原温泉であったまろ」で、いつもの催しに加え紙芝居や十二単の試着、ヒンメリのミニ講座などが準備されました。
三重テラスの前ではシロモチ君も呼び込みに一役。
入口を入ると所狭しと三重の産物がいっぱい。
榊原温泉の商品もあるのですよ。見つけたら買って下さい。さて何でしょう。

b0145296_1628353.jpg
b0145296_16383479.jpg
b0145296_16403861.jpg
2階に上がるとそこが「つデイ」の会場です。

b0145296_1629771.jpg
平安時代にタイムスリップ。
十二単の試着はいかがですか。

b0145296_16295462.jpg
淡路島 通う千鳥の 恋の辻占・・・ではなく、射山神社の恋の水占いです。
そこ行くお姉さん、占ってみませんか?

b0145296_16301388.jpg
紙芝居を演じるのは榊原温泉ふるさと案内人です。
「飢えを救った宮の湯」と「いこさんまいさんお伊勢参りにいこまいか」の2本立てのようです。

b0145296_1630401.jpg
壁にはそろぞれパネルでも紹介しました。

b0145296_1631740.jpg
b0145296_16311997.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-28 06:00 | 吾作
射山神社に新しい御簾
縁結びの神さまを祀る射山神社の拝殿に新しい御簾(みす)が奉納されました。
射山神社は「恋のパワースポット」として最近注目されております。
可愛いハートの絵馬がまた人気のようで、たくさんの願い事やお礼の言葉が書かれています。
御簾を奉納された方は願い事が叶ったのでしょうか、それともこれから・・・
自然界ではいま恋の季節、里山では小鳥たちが、また水の入った田んぼでは蛙たちが日夜を問わず、ラブコールが続いています。

b0145296_14503540.jpg
b0145296_14504722.jpg
b0145296_14505796.jpg
b0145296_1451866.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-27 06:00 | 吾作
明日は三重テラスで「つデイ」
三重テラスは榊原からはちょっと遠く東京日本橋です。
三重県のアンテナショップです。
4月の「つデイ」は毎年榊原温泉の紹介させてもらっていますが、明日27日(木)10時から三重テラス2階でチラシのような催しをします。
日本橋に近い方はぜひ温泉カフェで温泉コーヒーをご賞味ください。
また榊原温泉ふるさと案内人の会から案内人も出向いて紙芝居を演じます。
題名「いこさんまいさんお伊勢参りにいこまいか」です。
チョンチョンチョン・・・の拍子木を合図に始まりますよ。

b0145296_19163961.jpg
b0145296_19165184.jpg
※この紙芝居はイメージです。

[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-26 06:00 | 吾作
新緑萌える榊原
榊原温泉を取り巻く里山は新緑でとてもきれいです。
やっと芽吹いた山の雑木が淡い緑の山を作っています。
写真は普段、手前の山に隠れてつい忘れられている山二つ。
1枚目は、貝石山(右)の左の奥にあるのが「湯ノ嶽」です。
貝石山の西の麓から温泉が湧いていたとも伝わります。
貝石山は元々「湯ノ山」、これを湯山と呼び地元の訛りから「射山」になったと伝わります。
貝石山は貝の化石が多く出るのでその名が付いたので、江戸時代になってからの山名でしょうね。
2枚目は、中ノ山向山(左)の奥(真ん中)に「茶臼山」がそそり立っていますが、バス道(県道亀山白山線)からはうっかり見落とす山です。
茶臼山は昔、国土地理院の地図作りに使われた三角点を持つ山です。
そして3枚目は榊原の一番高所にある「吉原池」です。
池の改修碑と池の守り弁天像が建っています。
水も満々、滞りなく田植えが出来そうです。

b0145296_16521399.jpg
b0145296_1652233.jpg
b0145296_16523346.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-25 06:00 | 吾作
まぶしく咲くハナミズキ
榊原では桜の花がすっかりなくなるころ、ハナミズキがきれいな花を咲かせます。
桜とハナミズキ、深い縁があるんですね。
有名なアメリカ・ワシントンの桜は、昔々(明治45年)東京市長だった尾崎行雄氏(後に三重県に移住された偉大な代議士)が当時の米大統領夫人に贈った桜、その返礼にアメリカから贈られた(大正4年)のがハナミズキですね。
ハナミズキの花言葉は「返礼」とか、なるほど・・・
アメリカでも日本の桜が増えているように、こちらでもハナミズキは至る所で見られます。
歴史ある日米友好の花が桜とハナミズキだったのですね。

b0145296_8284933.jpg
b0145296_8285976.jpg
b0145296_829923.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-24 06:00 | 吾作
田植えの始まり始まりー!
榊原温泉周辺の田んぼに水が入り、田植えが始まりました。
昔は絣(かすり)の野良着を着た娘さんたちがずらりと並び、苗を1本1本植えていました。
機械が入りほ場整備された田んぼには、今の田植えの風景が映ります。
カラスも何かないかと探しに来ます。
今が旬の「生活の美」、榊原温泉に探しに来て下さい。
他にはない新緑と温泉が見つかります。

b0145296_9471914.jpg
b0145296_9472988.jpg
b0145296_9473856.jpg
b0145296_9474856.jpg
b0145296_9475811.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-23 06:00 | 吾作
園児と菜の花背比べ
湯の瀬の桜は終わり、手前のフラワーガーデンにはやっと咲きだした菜の花が咲いています。
榊原幼稚園から園児を連れた一行に会いました。
「どこへ行くの?」
「コイを見に行くの」だって。
吹く風は弱くコイは元気がありません。
でも元気な園児たちに菜の花畑も元気いっぱい嬉しそうです。
「菜の花とボクとどっちが大きい?」
菜の花も園児が来てくれて背伸びをしているみたい。

b0145296_1621098.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-22 06:00 | 吾作
糸桜から新緑へ
ソメイヨシノより一足早く咲いてくれるイトザクラは、あの荒れた風雨にも耐えてまだ少し花を残していました。
しっかりたくましいソメイヨシノの枝から花びらをはぎ取った風雨も、しなやかなイトザクラの枝からは花びらを落とせなかったようです。
でも神湯館の客室側の湯の瀬川には新緑が楽しめるようになりました。
これから神湯館を始め、湯元榊原舘。旅館清少納言はそれぞれ客室からの眺めはすべて新緑。
また白雲荘は山の上、新緑の中のお宿です。
ゴールデンウイークは新緑の榊原温泉がお薦めですよ。

b0145296_10503581.jpg
b0145296_10505812.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-21 06:00 | 吾作
ヤマブキが鮮やかに咲いています
今日は二十四節季の穀雨(こくう)です。
穀物の成長を助ける春の雨のことで、榊原では田んぼに水が入りゴールデンウイークにはほぼ田植えも終わります。
水のほしい季節です。
でも今日はよいお天気のようで、ヤマブキがまぶしいほどに鮮やかです。
「七重八重花は咲けども山吹の・・・」この和歌が作られたのも雨でしたね。
太田道灌は狩りの途中、雨にあい、蓑(みの)を借りようとして立ち寄った農家で、娘が差し出しのたが実のない「ヤマブキ」です。
みのひとつだに なきぞ悲しき」穀雨のころだったのでしょうか。

b0145296_10162417.jpg
b0145296_10163674.jpg
b0145296_1017065.jpg
b0145296_20402292.jpg
[PR]
# by sakakibara-onsen | 2017-04-20 06:00 | 吾作