2017年 07月 30日 ( 1 )
住まいを荒らした吾作
草の生長は早い。
春を迎え暖かくなると野には草が生えます。
人の生活には必要がないから草刈りをします。
昔、牛を飼っていたころは少し草が伸びると競い合って草を刈り牛を育てました。
牛の餌もなくなった今、草は邪魔もの。
こまめに借る人はもう3回も4回も草刈りをされるのですが、吾作は2回目の草を刈りました。
左側から右回りに周囲から刈っていくと、草の住み家としている虫たちがピョンピョン逃げていきます。
悪いなあと思いながらもバリバリと吾作は草刈り機を回します。
刈り残っているところに虫たちは逃げ込んでいます。
「ごめんね」と言って最後の1平方メートルだけ残して帰りました。
帰り道、近所の人が「燃料切れか?」と聞かれたので「そう」と答えてしまった。

b0145296_9331866.jpg
b0145296_933519.jpg
b0145296_934425.jpg
[PR]
by sakakibara-onsen | 2017-07-30 06:00 | 吾作